スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。

  1. ブリストルスケール
  2. Borg(ボルグ)スケール
  3. Braden(ブレーデン)スケール
  4. グラスゴー・コーマ・スケール

※ 下にスクロールしても、
「24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
UPDRAFTオンライン

 






「Q24 褥瘡発生の…」の解答

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q24 褥瘡発生の予測に用いるの……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説

スタディメディマールをご利用頂いている皆さまへ

この問題は、現在、解説待ちの問題です。
ご協力頂ける方は、コメントフォームから、解説文の入力をお願い致します。
なお、解説内容は、当サイト編集部が内容を審査し、承認後に、コメント投稿の一つとして紹介(掲載)されます。
個人を判断できるような内容は記入されませんが、投稿時に入力した名前については表示されますので予めご了承下さい。本名掲載が気になる方は、ニックネームを使用して下さい。

この問題の解説を投稿する。



「Q24 褥瘡発生の…」の解説

国試問題「第107回看護師国試【午前】問24 褥瘡発生の予測に用いるのはどれか。」について、0件のコメント解説

スポンサーリンク

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第107回看護師国試【午前】

Q5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか。
  1. 高度医療の受療
  2. 本人の満足感
  3. 乳児死亡率
  4. 生存期間

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q62 特別訪問看護指示書による訪問看護について正しいのはどれか。
  1. 提供できる頻度は週に3回までである。
  2. 提供できる期間は最大 6か月である。
  3. 対象に指定難病は含まない。
  4. 医療保険が適用される。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q54 性同一性障害(GID)gender identity disorder /性別違和(GD) gender dysphoria について正しいのはどれか。
  1. 出現するのは成人期以降である。
  2. ホルモン療法の対象にはならない。
  3. 生物学的性と性の自己認識とが一致しない。
  4. 生物学的性と同一の性への恋愛感情をもつことである。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q8 老年期の身体的な特徴はどれか。
  1. 総水分量が増加する。
  2. 胸腺の重量が増加する。
  3. 嗅覚の閾値が低下する。
  4. 高音域における聴力が低下する。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q36 成人に経鼻経管栄養法を行う際の胃管を挿入する方法で適切なのはどれか。
  1. 体位は仰臥位とする。
  2. 管が咽頭に達したら頸部を後屈する。
  3. 咳嗽が生じた場合は直ちに抜去する。
  4. 嚥下運動よりも速い速度で挿入する。

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q92 検査の結果、Aさんは労作性狭心症 angina of effort と診断され、硝酸薬、カルシウム拮抗薬および抗血小板薬を内服することになった。その後、外来通院を続け、以前と同様に負荷のかかる作業もできるようになった。内服治療から1か月後、胸部の圧迫感が 強くなり、時々左上腕から前腕にかけての放散痛も出現するようになったため、経 皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた。カテーテルは右大腿動脈から挿入されていた。手術中から抗凝固療法を実施している。 手術直後の観察項目として適切なのはどれか。2つ選べ。

前提文

Aさん(56歳、男性)は、コンビニエンスストアの店長で自動車を運転して通勤している。不規則な生活が続き、ストレスが溜まることも多く、十分な睡眠がとれないこともあった。

荷物を運ぶときに胸部の圧迫感が繰り返し出現し受診したところ、狭心症(angina pectoris)が疑われたため検査をすることになった。

脂質異常症(dyslipidemia)の既往がある。

  1. 乏尿の有無
  2. 皮膚の黄染
  3. 出血の有無
  4. 両足背動脈の触知
  5. 刺部位の感染徴候

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日に1~3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.