スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第107回看護師国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。

前提文

Aさん(17歳、高校生)。身長158cm、体重48kg。Aさんは最近、月経時に下腹部痛が繰り返し出現し、寝込むことが多くなった。心配した母親と一緒に、Aさんは産婦人科クリニックを受診し、医師から機能性月経困難症(functional dysmenorrhea)と診断された。既往歴に特記すべきことはない。

  1. プロスタグランディンの過剰産生によって起こる。
  2. 無排卵性の月経によって起こる。
  3. 卵巣内のうっ血によって起こる。
  4. 経血の流出によって起こる。


※下にスクロールしても、
「119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

1






国試問題「119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。」についての解説

  1. ゆいちゃん ゆいちゃん より:

    女性の月経痛に大きく関与しているのは”プロスタグランジン”という物質です。
    ホルモンに似た物質で痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関与することが知られています。
    女性の生理の子宮の収縮、子宮への血流減少、子宮の神経を過敏にさせてしまうことで、生理痛として痛みを感じます。
    なので答えは1番です。

    また、プロスタグランジンは胃腸への動きにも影響し、便秘や下痢、腰痛や倦怠感などの原因にもなります。
    出産時の陣痛もこの物質が影響し、生理痛の少ない人よりも生理痛が強い人は子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量は多いと言われています。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第107回看護師国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.