スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。

前提文

Aさん(17歳、高校生)。身長158cm、体重48kg。Aさんは最近、月経時に下腹部痛が繰り返し出現し、寝込むことが多くなった。心配した母親と一緒に、Aさんは産婦人科クリニックを受診し、医師から機能性月経困難症(functional dysmenorrhea)と診断された。既往歴に特記すべきことはない。

  1. プロスタグランディンの過剰産生によって起こる。
  2. 無排卵性の月経によって起こる。
  3. 卵巣内のうっ血によって起こる。
  4. 経血の流出によって起こる。

※ 下にスクロールしても、
「119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q119 Aさんの…」の解答

1

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q119 Aさんの下腹部痛につい……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q119 Aさんの…」の解説

国試問題「第107回看護師国試【午前】問119 Aさんの下腹部痛についての説明で適切なのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. ゆいちゃん ゆいちゃん より:

    女性の月経痛に大きく関与しているのは”プロスタグランジン”という物質です。
    ホルモンに似た物質で痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関与することが知られています。
    女性の生理の子宮の収縮、子宮への血流減少、子宮の神経を過敏にさせてしまうことで、生理痛として痛みを感じます。
    なので答えは1番です。

    また、プロスタグランジンは胃腸への動きにも影響し、便秘や下痢、腰痛や倦怠感などの原因にもなります。
    出産時の陣痛もこの物質が影響し、生理痛の少ない人よりも生理痛が強い人は子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量は多いと言われています。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第107回看護師国試【午前】

Q56 産科外来を初めて受診した妊婦。夫婦ともに外国籍で、日本の在留資格を取得している。 この妊婦への説明で正しいのはどれか。
  1. 「母子健康手帳は有料で入手できます」
  2. 「妊婦健康診査は公費の助成を受けられます」
  3. 「出生届は外務省に提出します」
  4. 「生まれた子どもは出生時に日本国籍を取得できます」

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q43 難病の患者に対する医療等に関する法律(難病法)に基づく医療費助成の対象となる疾患はどれか。
  1. 中皮腫(mesothelioma)
  2. C型肝炎(hepatitis C)
  3. 慢性腎不全(chronic renal failure)
  4. 再生不良性貧血(aplastic anemia)

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q111 6か月後の外来受診時に、同席していた長女が「甘い物ばかり食べる母を叱ってしまいます」と外来看護師に話した。Aさんは黙って話を聞いていた。前回の受診 から低血糖症状はなく、体重は3kg 増加した。Aさんは日中テレビを観て過ごしていることが多い。 外来看護師が別室で長女に提案する内容で最も適切なのはどれか。

前提文

Aさん(76歳、女性)は、長女(46歳、会社員)との2人暮らし。Aさんは5年前に2型糖尿病(typediabetes mellitus)と診断された。1年前から血糖測定とインスリン自己注射を朝1回行っている。炊事は主にAさんが担当している。

Aさんは、長女の帰宅に合わせて夕食を摂るため、夕食時間にばらつきがある。定期の外来受診時にAさんは「時々汗が出て手が震えることがあります」と外来看護師に相談した。Aさんのバイタルサインは、体温36.4度、脈拍74/分、血圧128/80mmHg。身長154cm、体重68kgである。

  1. 「糖尿病食の作り方を覚えましょう」
  2. 「厳しいことを言わないようにしましょう」
  3. 「甘い物を A さんから見えない場所に置きましょう」
  4. 「甘い物を食べてしまう A さんの気持ちを聞いてみましょう」

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q100 受診時に観察する項目で優先度が高いのはどれか。

前提文

Aちゃん(3歳、女児)は、父親(会社員)と母親(会社員)との3人暮らし。Aちゃんは、生後11か月のときに、卵による食物アレルギー(food allergy)と診断され、医師の指示で卵の除去食療法をしていた。保育所では卵を除去した給食が提供されている。Aちゃんは保育所の給食の時間に、隣の席の園児の卵が入ったおかずを摂取し、蕁麻疹と咳嗽が出現した。保育士に連れられて救急外来を受診した。Aちゃんは保育士に抱っこされ、「かゆい」と訴えており、咳込みがみられた。

  1. 体温
  2. 心拍数
  3. 腸蠕動音
  4. 蕁麻疹の範囲

解答&解説



第107回看護師国試【午前】

Q5 QOLを評価する項目で最も重要なのはどれか。
  1. 高度医療の受療
  2. 本人の満足感
  3. 乳児死亡率
  4. 生存期間

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.