スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q6 58歳の男性。両手の母指と示指で紙をつまみ、左右に引っ張ったときの写真を別に示す。考えられる末梢神経障害はどれか。

  1. 右Guyon管症候群
  2. 右手根管症候群
  3. 右後骨間神経麻痺
  4. 左前骨間神経麻痺
  5. 左肘部管症候群

※ 下にスクロールしても、
「6 58歳の男性。両手の母指と示指で紙をつまみ、左右に引っ張ったときの写真を別に示す。考えられる末梢神経障害はどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q6 58歳の男性…」の解答

5

リハビリ お仕事ブログ

スポンサーリンク

解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


ご質問も受け付けています!

「Q6 58歳の男性。両手の母指と示指で紙をつまみ、左右に引っ張ったときの写真を別に示す。考えられる末梢神経障害はどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q6 58歳の男性。両手の母指と……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q6 58歳の男性…」の解説

国試問題「第52回作業療法士国試【午後】問6 58歳の男性。両手の母指と示指で紙をつまみ、左右に引っ張ったときの写真を別に示す。考えられる末梢神経障害はどれか。」について、2件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 写真にあるのは、「両手の母指と示指で紙をつまみ、反対方向に引っ張る時に母指の第1関節が曲がってしまうか」Froment(フローマン)サインを確認している様子です。

    写真左手のように、曲がるとフローマンサイン陽性となります。
    陽性の場合、尺骨神経障害が疑われます。
    尺骨神経麻痺が起こると、母指球以外の手内筋の筋萎縮とかぎ爪変形(鷲手変形)が生じます。

  2. Guyon管症候群(尺骨神経管症候群)でも尺骨神経麻痺は出現しますが、フローマン徴候は陰性となります。

    この場合は、分岐した尺骨神経深枝が小指球筋基部を潜って行く際に障害が生じます。
    感覚障害の範囲は、第5指掌側・第4指外側の掌側であり、手背側には痺れ・感覚障害は生じません。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

Q90 神経麻痺と起こり得る症状の組合せで正しいのはどれか。
  1. 腋窩神経麻痺:下垂指
  2. 肩甲上神経麻痺:Phalen徽候
  3. 前骨間神経麻痺:涙滴徴候
  4. 大腿神経麻痺:下垂足
  5. 副神経麻痺:翼状肩甲

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】

Q4 67歳の男性。Lewy小体型認知症。退職しているにもかかわらず時々会社に行こうとするが、説明をすると納得する。
  1. 幻視の訴えを正す。
  2. 身体の活動量を減らす。
  3. リズムのある反復動作は避ける。
  4. 転倒しやすいことを本人に伝える。
  5. 過覚醒を防ぐために照明を暗くする。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】

Q23 患者に対するOSAについて正しいのはどれか。
  1. 役割の有無を示す。
  2. 身体機能の状態を示す。
  3. 行動状況をVASで示す。
  4. 生活史をスロープで示す。
  5. 希望する改善点を優先順位で示す。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午後】 第52回理学療法士国試【午後】

Q84 摂食嚥下障害への対応で正しいのはどれか。
  1. 飲水にはぬるま湯を用いる。
  2. 咽頭期障害では頭頸部伸展姿勢で嚥下する。
  3. 口腔期障害に対しては高粘度の食物を用いる。
  4. 先行期障害に対して食事のペースを指導する。
  5. 鼻咽腔閉鎖不全に対しては Shaker法を用いる。

解答&解説



-

スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

 

医療求人は、転職めでぃまーる&おきなわ転職メディ

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.