スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

スタディメディマールの国試対策に特化したtwitter

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

受験を控える学生のフォロワー限定で、個別質問も受付けています!
Dr.カール先生

 

第52回理学療法士国家試験【午前】 詳しい解説付き!

更新日:

40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。

  1. 二分靱帯-後脛骨筋
  2. 三角靱帯-短腓骨筋
  3. 前脛腓靱帯-前脛骨筋
  4. 前距腓靱帯-長腓骨筋
  5. リスフラン靱帯-下腿三頭筋


※下にスクロールしても、
「40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。」
の回答を確認できます。

 

 

 

 






回答

4






国試問題「40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。」についての解説

  1. 前距腓靱帯損傷は、典型的な内反捻挫であり、強化すべき運動方向は外反方向(内反を制御)です。よって、前距腓靱帯と長腓骨筋の組み合わせは正解です。

    リスフラン関節(足根中足関節)は、内側・中間・外側楔状骨、立方骨と中足骨から構成されています。
    リスフラン靭帯が損傷すると、第1第2中足骨間の離開し、前足部アーチや縦アーチの低下が起こります。

    Nunleyらによるリスフラン靭帯損傷の単純X線検査分類
    stageⅠ:靱帯損傷
    stageⅡ:第1楔状骨・第2中足骨間の2㎜以上の離開
    stageⅢ:離開と内側縦アーチの低下

    StageⅠの損傷に対しては保存治療・リハビリテーションが中心となり、その際の強化する筋肉としては、足部アーチを保持する後脛骨筋や長腓骨筋および足底腱膜を引き上げる足趾筋の筋力強化を行います。
    StageⅡ・Ⅲとなると、手術療法が選択されます。

コメント欄から解説をお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)

ご質問も受け付けています!

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

 

-第52回理学療法士国家試験【午前】, 詳しい解説付き!

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.