スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

第52回理学療法士国試【午前】
コメント解説(1)

Q40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。

  1. 二分靱帯-後脛骨筋
  2. 三角靱帯-短腓骨筋
  3. 前脛腓靱帯-前脛骨筋
  4. 前距腓靱帯-長腓骨筋
  5. リスフラン靱帯-下腿三頭筋

※ 下にスクロールしても、
「40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






解答

コメント解説(1)

PTOT人材バンクの調査報告を公開中!

スポンサーリンク


解けて当たり前度: 「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」
国試過去問をやっていれば解ける問題ですか? もし宜しければ、難易度の評価をお願いします。
Loading...




正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q40 部分損傷をきたした靱帯と……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説




国試問題「Q40 部分損傷をきたした靱帯と強化すべき筋の組合せで適切なのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. 前距腓靱帯損傷は、典型的な内反捻挫であり、強化すべき運動方向は外反方向(内反を制御)です。よって、前距腓靱帯と長腓骨筋の組み合わせは正解です。

    リスフラン関節(足根中足関節)は、内側・中間・外側楔状骨、立方骨と中足骨から構成されています。
    リスフラン靭帯が損傷すると、第1第2中足骨間の離開し、前足部アーチや縦アーチの低下が起こります。

    Nunleyらによるリスフラン靭帯損傷の単純X線検査分類
    stageⅠ:靱帯損傷
    stageⅡ:第1楔状骨・第2中足骨間の2㎜以上の離開
    stageⅢ:離開と内側縦アーチの低下

    StageⅠの損傷に対しては保存治療・リハビリテーションが中心となり、その際の強化する筋肉としては、足部アーチを保持する後脛骨筋や長腓骨筋および足底腱膜を引き上げる足趾筋の筋力強化を行います。
    StageⅡ・Ⅲとなると、手術療法が選択されます。

関連問題の解説コメントも合わせてチェックすると、より理解が深まります。
また、「もっと詳しく解説してほしい」という希望があれば、質問フォームからご連絡をお願いします!
ゆいちゃん
         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第52回理学療法士国試【午前】

Q29 注意機能の評価はどれか。
  1. SCT
  2. MMPI
  3. バウムテスト
  4. TMT‡(trail making testŒ)
  5. Kohs 立方体組合せテスト

解答&解説



第52回理学療法士国試【午前】

Q25 フレイルの説明で正しいのはどれか。
  1. サルコペニアと関連がある。
  2. 体重は増加している者が多い。
  3. 虚弱高齢者とは区別される病態を有する。
  4. 地域在住高齢者での該当者は2%程度である。
  5. 精神的な活力の低下は判断の要素に含まれない。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q90 多発性硬化症について正しいのはどれか。
  1. 女性よりも男性に多い。
  2. 再発と寛解を繰り返す。
  3. 発症は50歳以上が多い。
  4. 後遺障害を残すことは稀である。
  5. 白色人種に比べて黄色人種に多い。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q96 双極性障害と比較した場合のうつ病の特徴はどれか。
  1. 有病率が低い。
  2. 平均初発年齢が低い。
  3. 有病率の男女差が小さい。
  4. 一卵性双生児の罹患一致率が低い。
  5. 状況要因が誘因となって発症することが少ない。

解答&解説



第52回作業療法士国試【午前】 第52回理学療法士国試【午前】

Q82 中心性脊髄損傷について正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. 高齢者に多い。
  2. 骨傷に伴って生じることが多い。
  3. 頸椎の過屈曲によって発生することが多い。
  4. 肛門括約筋の収縮が障害されることが多い。
  5. 下肢より上肢機能が強く障害されることが多い。

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

 

医療求人は、転職めでぃまーる&おきなわ転職メディ

 

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.