スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「中枢神経(実地問題)」 の一覧

このページは、「中枢神経(実地問題)」に関連する国試問題だけが表示されます。

「中枢神経(実地問題)」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

中枢神経(実地問題)のタグが付いた問題

第55回理学療法士国試【午前】

12 66歳の女性。左中大脳動脈領域のアテローム血栓性脳梗塞でBroca失語と重度の右片麻痺を認める。理学療法実施の際、コミュニケーションに対する配慮で正しいのはどれか。

  1. 使用頻度の低い単語を用いる。
  2. 出にくい言葉は先回りして言う。
  3. できるだけ長い文章で話しかける。
  4. 意思伝達には易しい漢字を用いる。
  5. ジェスチャーは可能な限り用いない。

解答を今すぐ確認

4

第55回理学療法士国試【午前】

27 「歯を磨くまねをしてください」という口頭命令ではうまくできないが、自発的には歯磨きができる状態はどれか。

  1. 観念失行
  2. 拮抗失行
  3. 構成失行
  4. 観念運動失行
  5. 肢節運動失行

解答を今すぐ確認

4

第55回理学療法士国試【午前】

45 脳卒中後の左片麻痺患者に対するADL練習として正しいのはどれか。

  1. 上衣を右上肢から着衣する。
  2. 浴槽に右下肢からまたいで入る。
  3. 階段を上るときに左下肢を先に出す。
  4. 階段を降りるときに右下肢を先に出す。
  5. 車椅子からベッドに移乗するときに左半身をベッドに寄せる。

解答を今すぐ確認

2

第55回理学療法士国試【午後】

9 70歳の男性。脳梗塞による右片麻痺。Brunnstrom法ステージ上肢Ⅲ、下肢Ⅳ.座位にて、肘関節伸展位で肩関節90°屈曲運動を支持したところ、屈曲共同運動パターンがみられた。この患者で促通すべき筋はどれか。

  1. 棘下筋
  2. 広背筋
  3. 大菱形筋
  4. 上腕二頭筋
  5. 上腕三頭筋

解答を今すぐ確認

5

第53回理学療法士国試【午後】

8 70歳の男性。脳横塞による左片麻痒。Brunnstrom法ステージは下肢Ⅲ。関節可動域制限はない。ダブルクレンザック足継手付き両側金属支柱型短下肢装具を用いて歩行練習を実施している。足継手を背屈0〜20度で可動するように設定すると左立脚中期に膝折れが出現した。装具の調整で正しいのはどれか。

  1. 足継手の可動範囲を背屈0〜5度に設定する。
  2. スウェーデン式膝装具を併用する。
  3. Tストラップを追加する。
  4. 外側ウェッジを入れる。
  5. 装具の腫を高くする。

解答を今すぐ確認

1

第52回理学療法士国試【午後】

13 65 歳の男性。被殻出血による右片麻痺。発症後2か月。意識レベル、認知機能および左下肢の機能に問題はない。右足関節の位置覚障害がみられる。起居動作は自立し、座位は安定している。現在、平行棒内での歩行練習中である。歩行中、右下肢の振り出しは可能であるが、踵接地がみられず、右下肢立脚中期に膝折れを認める。Brunnstrom法ステージ右下肢Ⅲ、右下三頭筋のMASは2である。

歩行に用いる最も適切な装具はどれか。


解答を今すぐ確認

3

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.