スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

               

国試過去問「パーキンソン病」 の一覧

このページは、「パーキンソン病」に関連する国試問題だけが表示されます。

「パーキンソン病」と関連性の高い記事はこちら

スポンサーリンク

パーキンソン病のタグが付いた問題

第53回作業療法士国試【午後】

28 Parkinson病においてADLは自立で労働が制限されるときのHoehn&Yahrの重症度分類ステージはどれか。


解答を今すぐ確認

3

第53回理学療法士国試【午後】

17 70歳の男性。3年前に右手の振戦によってParkinson病を発症し、在宅で治療を行っている。ADLは自立していたが、1か月前に風邪をひいてから歩く速さが遅くなり、歩行の際に一歩目が思うように前に出ず、歩き出してからも前方に転びそうになることが多いという。在宅での理学療法における歩行指導で適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 両下肢に弾性包帯を装着する。
  2. 足関節に重鍾バンドを装着する。
  3. 一歩目を小さく前に出すよう指導する。
  4. 床にはしご状の目印を付けてまたがせる。
  5. かけ声などをかけてもらいながら歩くよう指導する。

解答を今すぐ確認

4と5

第53回作業療法士国試【午後】 第53回理学療法士国試【午後】

88 Parkinson病について正しいのはどれか。

  1. 喫煙者に多い。
  2. 再発と寛解とを繰り返す。
  3. 孤発性症例が家族性症例より多い。
  4. 30〜40歳代での発症が最多である。
  5. 我が国の有病率はAlzheimer病より多い。

解答を今すぐ確認

3

第107回看護師国試【午後】

112 外来看護師が日誌に記録する内容をAさんに指導することになった。 日誌に記録する内容で最も重要なのはどれか。

前提文

Aさん(76歳、女性)。夫(74歳)と2人暮らし。6年前にParkinson(パーキンソン)病と診断された。

現在、Hoehn-Yahr(ホーエン・ヤール)の重症度分類でステージⅢ、要介護1である。トイレと浴室には手すりが設置されている。

レボドパ(L-dopa)を1日3回内服している。最近、足がすくむことが増えたため受診した。

Aさんは主治医から「薬剤の効果を評価するために、服薬時間や生活の状況を日誌に記録しましょう。2週後にまた受診してください」と説明を受けた。

  1. 食事の量
  2. 便の性状
  3. 振戦の有無
  4. 排尿の回数

解答を今すぐ確認

3

第107回看護師国試【午後】

113 Aさんと夫は、2週後に日誌を持って受診した。レボドパ(L-dopa)の処方が1日4回に増量されることになり、病状管理と療養指導のためAさんは週1回の訪問看護を利用することになった。薬剤が増量されてから1週が経過し、足がすくむことが少なくなった。Aさんから「足がすくむようになってから浴槽に入るのをやめていたけれど、入浴しても大丈夫でしょうか」と訪問看護師に相談があった。 Aさんに指導する内容で最も適切なのはどれか。

前提文

Aさん(76歳、女性)。夫(74歳)と2人暮らし。6年前にParkinson(パーキンソン)病と診断された。

現在、Hoehn-Yahr(ホーエン・ヤール)の重症度分類でステージⅢ、要介護1である。トイレと浴室には手すりが設置されている。

レボドパ(L-dopa)を1日3回内服している。最近、足がすくむことが増えたため受診した。

Aさんは主治医から「薬剤の効果を評価するために、服薬時間や生活の状況を日誌に記録しましょう。2週後にまた受診してください」と説明を受けた。

  1. 「レボドパが効いている時間に入浴しましょう」
  2. 「通所介護の入浴を利用しましょう」
  3. 「訪問入浴介護を利用しましょう」
  4. 「シャワー浴にしましょう」

解答を今すぐ確認

1

第52回作業療法士国試【午前】

6 65歳の男性。Parkinson病。方向転換の不安定性や突進現象を伴う歩行障害が出現し始めた。ADLは動作に制限があるものの自立している。家業である洋裁店を妻や長男夫婦の手助けで行っている。この時点でのHoehn&Yahrの重症度分類ステージはどれか。


解答を今すぐ確認

3

Copyright© スタディメディマール , 2019 All Rights Reserved.