スタディメディマール|資格取得をサポートする国試対策サイト

スタディメディマール

Q23 OTPFの項目に含まれないのはどれか。

  1. 意志
  2. 文脈
  3. 個人因子
  4. 作業要件
  5. 遂行パターン

※ 下にスクロールしても、
「23 OTPFの項目に含まれないのはどれか。 」
の解答を確認できます。

 

 

PR
医療・健康情報メディア めでぃまーる.netのバナー画像

 

 






「Q23 OTPFの…」の解答

1

スポンサーリンク

「これはムリ!」「やや難しい」「なんとも言えない」「割と簡単」「解けて当たり前」 (3 投票, 過去問をやっていれば解けて当たり前度: 3.00)
読み込み中...

難易度が高い(星が少ない)問題については、解説内容を追記するなどの対応を致します。


正解だった方は、他の問題もどうぞ。

この過去問は、以下の国試の設問の1つです。下のリンク先のページから全問題をご確認いただけます。

この過去問の前後の問題はこちら ▼
ご質問も受け付けています!

「Q23 OTPFの項目に含まれないのはどれか。」こちらの国試問題(過去問)について、疑問はありませんか?

分からない事・あやふやな事はそのままにせず、ちゃんと解決しましょう。以下のフォームから質問する事ができます。

「Q23 OTPFの項目に含まれな……」に関連するページへのリンク依頼フォーム

国試1問あたりに対して、紹介記事は3記事程度を想定しています。問題によっては、リンク依頼フォームを設けていない場合もあります。予めご了承下さい。

更新日:

コメント解説



「Q23 OTPFの…」の解説

国試問題「第54回作業療法士国試【午後】問23 OTPFの項目に含まれないのはどれか。」について、1件のコメント解説

スポンサーリンク

  1. OT学生 より:

    OTPFとは、「作業療法実践枠組み(2002 アメリカ作業療法士協会 AOTA)」のことです。

    このような、枠組みや作業療法モデルには、作業療法介入プロセスモデル(OTIPM)やカナダ実践
    プロセス枠組み(CPPF)などもあります。

         

コメント解説を追加できます

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を挿入する事もできます。(JPEG only)



関連国試問題


他の関連する過去問題もどうぞ!

第54回作業療法士国試【午後】

Q44 双極性障害の躁状態の特徴で適切でないのはどれか。
  1. 自尊心の肥大
  2. 注意力の増強
  3. 睡眠欲求の減少
  4. 快楽的活動への没頭
  5. 目標志向性の活動亢進

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】

Q21 ICFの構成要素である「環境因子」の第2レベルに分類されるのはどれか。2つ選べ。
  1. 家族の態度
  2. 住居の入手
  3. 健康に注意すること
  4. 交通機関や手段の利用
  5. 保健サービス・制度・政策

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q95 地域保健法に基づく保健所の業務でないのはどれか。
  1. 障害児の保健相談
  2. 医療保険の審査事務
  3. 感染症発症届出の受理
  4. 人口動態統計に関する事務
  5. 食品に関する営業者の監視

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】 第54回理学療法士国試【午後】

Q66 排便機構で正しいのはどれか。
  1. 排便中枢は胸髄にある。
  2. 外肛門括約筋は陰部神経支配である。
  3. 下行結腸では逆蠕動運動がみられる。
  4. 食事によって胃が拡張すると便意を生じる。
  5. 内肛門括約筋は副交感神経の緊張で収縮する。

解答&解説



第54回作業療法士国試【午後】

Q16 72歳の女性。夫は1年前に亡くなり1人暮らしをしている。家事をこなし地域のボランティア活動にも参加して活動的であるが「最近、下肢の深いところに虫が這うような不快さがあり、週3日くらいよく眠れない。20代のときにも同じような症状があった」と訴えている。作業療法士の助言で適切なのはどれか。
  1. ペットを飼うように勧める。
  2. 家族と一緒に住むようにと家族介入をする。
  3. 筋肉量が少ないため筋力トレーニングを勧める。
  4. 薬物療法の適応について医師へ相談するよう勧める。
  5. 認知症の可能性があるので、介護保険を受けるように勧める。

解答&解説





スタメディ
国試対策専用アカウント

閲覧数の多い国試問題や、詳しい解説が記載されている国試問題をtwitterで毎日紹介しています。頻度は1日3問程度ですが、コツコツ学べば、きっと国試対策にプラスアルファになるはずです!

 

Copyright© スタディメディマール , 2020 All Rights Reserved.