転職めでぃまーる リハビリ転職

転職めでぃまーる【リハビリ転職】

理学療法士の臨床論

理学療法士の臨床でも「まずはやってみる事(挑戦)」が大切です。

投稿日:

「座っていると腰が痛む患者さん、何をすれば良くなりますか?」

臨床で悩む若手セラピストの中には、効果を出せない事を理由に、すぐに答えを求めてしまう人がいます。

 

しかし、仮に先輩PTから答えらしき事を聞いて目先の効果を出す事よりも、まずは、自分で色々と悩み考えながら挑戦してみることをすすめています。

 

大前提として、理学療法士の痛み治療場面は特殊な領域でない限り、

「手技を学んでいないから治療できない」という事はないし、運動療法についても「他者から方法論を教わっていないから運動療法も行えない。」といった事もありえません。

禁忌事項や、リスクを考慮しない介入はNGとして、次にNGなのは、「何もやらないこと(=挑戦しないこと)」です。

断言しますが、仮に周囲のセラピストと比較して、効果が出せていないと思っていても、まずは自分なりに挑戦するべきです。

 

理学療法士の臨床でも「まずはやってみる事」が大切です。

どれだけ経験を積んでも臨床は悩みの連続

「治療をして、すぐに良くなっていく」というのが理想ですが、それはいつまで経っても幻想にすぎず、

「完全に全ての人を一人残らず、完璧に治療できるようになる」という日が訪れる事はありません。

今、抱えている臨床での悩みは、数年後も形を変えて似たような悩み(本質的には同じ悩み)を抱えることになります。

 

何が言いたいのかと言うと、

どれだけ成長したとしても、どこかしらで、新人時代や若手時代にぶつかった時と同じように「何をすれば良いの?」「もう自分には引き出しがないよ。。。」という状況が訪れます。

 

新人理学療法士や若手理学療法士にとっては、「何でも治療してしまう尊敬するセラピスト」に映っていたとしても、実はその先輩なりに日々悩んでいたりします。

(きっと作業療法士の場合でも同じだと思います。)

 

この時に、答えの出ない問題に向き合った経験があると、

その経験をもとに、現在の臨床でぶつかっている壁をどう乗り超えていこうかという挑戦ができるようになります。

 

誰かに教えてもらう事が学習の基本と思っている事の危険性

臨床で行き詰まった時の問題解決手法として、

【引き出しがない】 →【 誰かに教わる】

という流れでクリアしてきたのなら、成長の先に待っているであろう新たな問題に対しても、同じように誰かに教わらないと解決できません。

 

もちろん、行き詰まったら、先輩や同僚・後輩に相談したり、セミナー等に学びを求めるのも大切です。

しかし、行き詰まった時の問題解決方法のベースが常に他者にあるのは問題です。

いつまで経っても色々な情報に振り回されたり、これまで教わってきた事とのズレが起きた時にさらなる混乱が起こります。

 

ある程度経験を積んだセラピストの中には、「どの手技が正しい」とか「どの手技は間違っている」なんて論争を繰り返してしまう方もいますが、この背景には他者から学ぶスタイルをベースに成長してしまったので、「他を認めるイコール自分が必死に取り組んだ事が間違っている」となってしまうのが一因ではないかと思っています。

 

無駄なことが無駄じゃなかった。

「しっかり考えて治療を行なったけど、なかなか効果が出せない状況」というのは、セラピストとして一見無駄な時間なような気もしますが、僕はとても重要な事だと思っています。

 

他の介入方法を導入した場合は、それまでの経過(経験)が比較対象になり、新たに導入した方法の良し悪しを判断するための評価力を磨く事ができます。

良くならない現状を把握しているからこそ、新たに導入した介入方法が本当に効果があったのだと言う事ができるようにもなります。

この過程によって、「その人(患者)にとって効果あるの治療法」の取捨選択が洗練されると思っています。

 

また、周囲のセラピストに聞いても、「分からない」と返答された時に、「周りが分からないならもうお手上げだ。」では困るわけです。

いずれ成長した先には、自分一人で向き合わないといけない状況が必ず訪れます。

聞けばすぐに分かるとしても、まずは自分で考えながら取り組んで、一つ一つ効果を検証する作業を繰り返してみてください。

 

最後に

最初は行き詰まって当たり前です。

この行き詰まっている時に、色々と自分なりに考えてトライした事が、必ず自分の成長の礎になります。

  • "生命の危険"を犯すトライではない事
  • 患者を"直接的な不利益"にさらす可能性が高いトライではない事
  • チーム医療を無視した独りよがりなトライではない事

などを大前提として、目の前で起きている問題を他力本願ではなく、自分が解決すべき課題なのだと自覚を持ってトライ&エラーを繰り返して下さい。

ここで説明した事については、再評価について解説した記事「小手先の治療技術より「再評価力」がもっと大切です。」や、行き詰まった時の勉強方法について解説した記事「理学療法士の臨床でつまづいた時、だいたいの事は教科書が教えてくれます。」とも重なる部分がありますので、合わせて読んで頂けたらと思います。

 

この記事を書いた人

たなはら (理学療法士)

twitter:@boooo_boo_jp
ブログ:たなはらの勉強部屋

理学療法士のお仕事をテーマに「めでぃまーる」に寄稿しています。
新人〜若手療法士を対象に書かせて頂いています。良かったら他の記事も読んでみて下さい。最新記事のお知らせは、twitterからご報告致します。

 

Dr.カール
この記事へのご意見・ご感想は、コメント欄よりお待ちしております。

また、ページ下部に、おすすめの関連記事もあります。

 

 

人気1位 マイナビコメディカル

  1. 転職サイト大手のマイナビが運営するリハビリ転職サイト
  2. 地域限定だが、利用者数No.1
  3. 豊富な求人数と手厚いサポートが魅力
  4. じっくり良い求人を探したい人に特におすすめ
マイナビコメディカル(PTOTST)
会社 株式会社マイナビ
地域 地域限定(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫)
資格 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
お祝い金 なし
雇用形態 正社員・非常勤
特徴 地域限定だが、リハビリ転職業界では実績・人気ともにNo.1。該当地域の人であれば、マイナビの転職サポートは外せない。

 

理学療法士と作業療法士向け!
初めての転職を徹底サポート!

2019/5/17

【就職活動】新人理学療法士が成長できる病院かどうかを見極める方法について

【質問】就職活動の準備中です。総合病院や比較的規模の大きな病院で、理学療法士として成長できる環境に身をおきたいと考えています。成長できる病院の特徴は何ですか? 来年、無事に国家試験に合格できれば、理学療法士になる予定の学生です。 今は、国試対策を行いながら、就職活動の準備もしている状況です。 私は、できれば総合病院や比較的規模の大きな病院に就職して、まずは理学療法士として成長できる環境に身をおきたいと考えています。 しかし、どこの病院に行けば良いのかの判断がつきません。 20代のうちは、できれば色々な分野 ...

ReadMore

2019/5/16

理学療法士として無事就職→仕事内容がイメージと違いすぎ→「すぐにでも今の病院を退職したい」

【質問】希望の病院に就職できたけど、イメージと違いすぎます。今は転職も視野に入れています。アドバイスをお願いします。 現在、総合病院に4月入職してから、約1ヶ月の1年目の新人理学療法士です。 理学療法士としての目標があって、その目標に近くために、吟味して吟味して選んだ病院が今の職場です。 しかし、就職説明会や職場見学などから聞いていた事やイメージしていた事と違いすぎて、正直すぐにでも辞めたいです。 成長できそうな気がせず、正直、この病院を選んだ事を後悔しています。 そこでですが、今すぐ転職するべきか否かに ...

ReadMore

2019/5/15

【理学療法士】「結婚する前と結婚後、転職するならどちらが良い?」

【質問】結婚を控えている転職志望の理学療法士です。結婚前に転職を済ませるべきか、結婚後がベストなタイミングか分からず悩んでいます。転職は早い方が良いのかどうか教えてください。 すぐに結婚というわけではないのですが、現在、お付き合いさせて頂いている方と1〜2年後を目安に結婚(結婚披露宴も同じタイミング)を考えています。今の職場から転職を考えているのですが、結婚前と結婚後では、どちらのタイミングの方が良いというのはありますか? 転職先で、入職後いきなり結婚式となると、職場スタッフが違和感に思う事も理解できます ...

ReadMore

2019/5/15

整形外科クリニックでの理学療法士の働き方・仕事内容とは

【質問】理学療法士の病院での業務・仕事内容と、整形外科クリニックの業務・仕事内容の違いについて教えて下さい。 現在、回復期リハビリテーション病院に勤務しています。 運動器リハや徒手療法、痛みの治療(リハビリテーション)に興味があり、整形外科クリニックへの転職を考えています。 イメージでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰痛症や、変形性ひざ関節症などを中心とした痛み症状に困っている患者さんのリハビリに集中できるのではないかと考えています。 病院によって違いはあるとは思いますが、一般的な整形外科クリニックと病 ...

ReadMore

2019/5/15

理学療法士の「派遣」という働き方について

【質問】理学療法士にも派遣という働き方はあるのですか? 理学療法士が派遣で働くメリットや平均的な給料などについて教えて下さい。 女性理学療法士です。なんとなく「派遣」という言葉は聞いた事がありますが、正直なところ、どういった働き方でどのような制度なのか、あまりよく分かっていません。 施設によっては、派遣職員ばかりの所もあると聞いていますが、理学療法士や作業療法士にも「派遣」という働き方はあるのでしょうか? 看護師や介護職員の派遣は聞いた事がありますが、理学療法士や作業療法士の派遣については、聞いた事があり ...

ReadMore

記事一覧

-理学療法士の臨床論

Copyright© 転職めでぃまーる【リハビリ転職】 , 2019 All Rights Reserved.