全国の健康増進施設、ヘルスケアサービス&サプリを紹介

検索めでぃまーる

パーソナルトレーニングジム ホットヨガスタジオ スポーツジム 脱毛サロン メンズ脱毛
モヤシ男が最短でマッチョになる方法とおすすめパーソナルトレーニングジムの特徴

モヤシ男が最短でマッチョになる方法とおすすめパーソナルトレーニングジムの特徴

更新日:

おすすめ

最近のパーソナルジムの傾向としては、運動不足の中高年の健康増進や、若い女性のダイエットやボディメイク(こちらもダイエット)を目的とする人が多くなっています。

ジムの特徴を考慮せずにパーソナルジムを選ぶと、筋肉を鍛えてマッチョになりたい希望は叶えられないかもしれません。

もし、「モヤシ男が、体重を増やして、マッチョになりたい」という場合は、モヤシ男に最適なパーソナルジムを選ぶ必要があります。

 

まずは、モヤシ男が最短でマッチョになる方法の説明から。

筋力トレーニングと、正しい栄養補給を徹底する事が、男らしい身体になるためのシンプルな方法です。

ウエイトを上げたい場合は、炭水化物もしっかりと摂ります。筋肉を増量する場合のタンパク質量は体重×2gが一応の目安になるので、普段の食事だけで難しい場合はプロテインやアミノ酸などを使います。

筋力トレーニングによって筋肉に損傷を起こして、修復する際により強化されます。この修復のタイミングで血中アミノ酸濃度を高めておく必要があるので、トレーニングだけではダメで、もちろんプロテインだけでもダメです。

モヤシ男から脱却したいなら、筋トレと正しい栄養補給の両輪が必要となります。

 

筋トレと3度の食事とプロテイン、そしてしっかり休む事

高負荷筋力トレーニングの1時間前にプロテインを飲んでおきます。

トレーニングは1時間程度とし、トレーニング中は、EAAと呼ばれる必須アミノ酸サプリを水にまぜて栄養補給します。

プロテインを飲んだ約1時間後に、血中アミノ酸濃度が高まるので、トレーニング開始時刻に合わせた飲み方をします。

アミノ酸は飲んだ数分後から血中アアミノ酸濃度に影響が出てくるので、高まった状態をサプリによって維持している状態です。

できれば、多少の糖質を含んだドリンクが理想です。トレーニング中は汗をかくので、脱水にならないように気をつけます。

喉が乾いたと感じたら、すでに脱水の初期症状なので、そうなる前に小まめに給水してください。

トレーニング後にも再びプロテインを飲みます。

トレーニング後30分は、すぐに食事をとらないようにします。これは、せっかく筋肉へ血流量が増えている中で、内臓器を使用してしまうと、体内の血流は内臓に引っ張られてしまいます。

つまり、トレーニングの効果を最大化できません。

 

トレーニング後は、タンパク質も炭水化物も豊富に含んでいる食べ物を過不足なく食べます。特に増量期であれば、高エネルギー食が必須です。

そして、食後は、栄養の吸収率を高めるために、横になって休みます。横になるだけで、内臓への血流が増えるためです。

 

 

モヤシ男がマッチョになりたければ、選んではいけないジムの特徴

先ほど説明した内容は、大まかな取り組み方であり、かなりザックリとしたものです。

筋肉をつけるためには、科学的な取り組みが必要で、さらに自分に合ったやり方に調整する必要があります。

いきなり素人が行うのは正直難しいところなので、これらの事を徹底サポートしてくれるジム&パーソナルトレーナーを選びたいところです。

ここでは、絶対に選んではいけないパーソナルジムを解説します。

 

そもそも、ジムの設備が女性向け

筋肉を大きくする事をバルクアップと言いますが、バルクアップのためには、目的の筋肉に最適に負荷を与える必要があります。

反復して20回も30回も行えるような負荷量では筋肉が強化される事はありません。

10レップスなどと表現したりしますが、これは「10回をなんとかギリギリでできる負荷量」を意味します。

筋肉を太く大きくしようとすると、トレーニングを進めていきながら重りを少しずつ重くして、10回ギリギリの負荷量に調整する必要があります。

女性向けのジムとして設計されたジムは、重り(ウエイト)の量が少ない事があり、最適負荷量を設定できない施設もあります。

太く強く大きな男になりたければ、充実した設備のパーソナルジムを選ぶ必要があるわけです。

 

在籍パーソナルトレーナーに、バルクアップの知識・経験がないジム

ダイエット栄養学に詳しいトレーナーは多いですが、バルクアップに詳しいトレーナーは多くはありません。

バルクアップのための栄養の摂り方と、ダイエットのための栄養の摂り方は少し考え方が違います。記事の前半で、少しだけ説明をしましたが、極一部にすぎません。

特に、筋肉を増やして体重も増やす場合や、一旦体重を重くして筋肉を残しながら脂肪だけを落としていく場合は、ダイエット時の食事方法とは全く異なりますし、かなり奥が深いです。

食べ物はもちろん、食べるタイミングや、トレーニング前・中・後に飲むプロテインの量と種類、必要なビタミンやミネル類なども考える必要があります。

 

ボディビルなどのコンテストに挑戦しているトレーナーがいれば、この辺りの指導にかなり強いです。トレーナーの全員がバルクアップが得意というわけではない事に注意してください。

シンプルに言えば、経験豊富なパーソナルトレーナーから指導を受ける事が、モヤシ男から脱却する近道なので、できる事ならコンテストに挑戦しているトレーナーが在籍しているジムや、コンテストに出場するプロが指導を受けているジムを選ぶ事をおすすめします。

 

パーソナルトレーニングジム総合ランキングBest3

総合ランキング 総額
料金
詳細
Rank
100点

ライザップロゴ
RIZAP

34万円
Rank
90点

リボーンマイセルフロゴ
リボーンマイセルフ

24万円
Rank
80点

ポリシーロゴ
POLICY

19.8万円

Copyright© 検索めでぃまーる , 2019 All Rights Reserved.