沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

筋トレ・筋力強化訓練の動画一覧

中殿筋の筋トレ2(立位・片足立ち)

Featured Video Play Icon

ロコモ 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 椅子や壁で体を支えられる場所を準備します。 上げる方の反対側の手でバランスをとりながら、股を横に開くように足を挙げます。 ゆっくりと上げ下げを繰り返します。   中殿筋の筋トレ2(立位・片足立ち)のポイント 立った姿勢から片足で ...

大腿四頭筋の筋トレ【膝伸ばし運動】

Featured Video Play Icon

変形性膝関節症 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 椅子に座り、背筋(せすじ)を伸ばした姿勢をとります。 太ももの前面に力を入ながら、膝を伸ばし、3秒ほどキープしてください。 力を抜いて、リラックスします。   大腿四頭筋の筋トレ【膝伸ばし運動】のポイント 座った姿勢で行う、膝の ...

ふくらはぎ(腓腹筋)の筋トレ

Featured Video Play Icon

ロコモ 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 片手で、椅子の背もたれ等を支えて、つま先立ちの準備をします。 反動をつけずに、ゆっくりとつま先立ちの姿勢になります。 2秒ほどキープして、ゆっくりと元の姿勢に戻します。   ふくらはぎ(腓腹筋)の筋トレのポイント この運動は立っ ...

下肢全体の筋トレ2(片足立ち)

Featured Video Play Icon

ロコモ 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 椅子や壁で体を支えられる場所を準備します。 上げる方の反対側の手でバランスをとりながら、足を挙げます。 グラグラしないように気をつけながら10秒キープして、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。   下肢全体の筋トレ(片足立ち)のポイン ...

下肢全体の筋トレ(座位で行うスクワット)

Featured Video Play Icon

ロコモ 腰部椎間板ヘルニア 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 椅子に腰掛け、背筋を伸ばした姿勢から、上体前方に傾けていきます。 体重を足側に移動していきながら、お尻を5cm程浮かせます。 3秒キープして、ゆっくりと元の姿勢に戻します。   下肢全体の筋トレ(座位で行うスクワット)のポイント ...

腹筋(腹直筋・腹斜筋)の筋トレ

Featured Video Play Icon

腰部脊柱管狭窄症 筋トレ>体幹

めでぃまーるTV フィットネス動画見放題 サブスクリプションサービス やり方・手順 仰向けで寝て両膝を立てた姿勢をとります。手を伸ばし、太ももに沿わせます。 両手を膝に伸ばすようにして、上体を起こします。 ゆっくりと元の姿勢に戻します。   腹筋(腹直筋・腹斜 ...

大殿筋の強化【ブリッジ運動】

Featured Video Play Icon

変形性膝関節症 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV フィットネス動画見放題 サブスクリプションサービス やり方・手順 膝を可能な範囲でしっかり曲げて、足はガニ股にならないように注意します。 お尻を持ち上げます。腰が反りすぎないように注意します。 ゆっくりとお尻を下ろします。   大殿筋の強化の ...

中殿筋の強化

Featured Video Play Icon

変形性膝関節症 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 横向けで寝た状態で左上の写真の姿勢をとります。 上側の膝を伸ばしたまま、持ち上げて下さい。 ゆっくりと下ろします。   中殿筋の強化のポイント 初めてこの運動を取り入れる場合は、目安として、連続5回の3セットから行なって下さい。 ...

大腿四頭筋の強化【大腿四頭筋マッスルセッティング】

Featured Video Play Icon

変形性膝関節症 筋トレ>下肢

めでぃまーるTV やり方・手順 膝の下に入れたタオルを、膝裏で押し潰してください。 太ももの前面に力が入ったら、5〜10秒ほどキープしてください。 力を抜いて、リラックスします。   大腿四頭筋の強化【大腿四頭筋マッスルセッティング】のポイント 初めてこの運動 ...

痛みよりも不安が強い場合は...

もし、緊急を要する状態でなければ、まずは痛まない動作や姿勢を心がけながら少し様子を見てみましょう。

痛みが落ち着いてきた場合は、少しずつストレッチや自主トレを取り入れ、痛める前の元の活動状態に戻れるように取り組みましょう。

診察を受けた際に、「徐々にリハビリを開始して下さい。」と説明を受けた場合は、当サイトで紹介しているリハビリメニューを参考に自宅でも実践してみてください。

なお、症状は人によって異なります。自主トレは続けることが大切ですが、 間違った方法では意味がありません。詳しい運動の内容や回数はかかりつけの医師やリハビリ担当の理学療法士とよく相談して行なって下さい。

痛み症状や、身体の不調が改善したら、あとは予防を意識して、健康的な状態を自分自身で維持できるように心がけましょう。

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.