top

Dr.カール先生
めでぃまーるでは、医療従事者と患者さんの双方に役立つ情報を発信し、沖縄県民の健康促進をサポートします。
医療従事者向けのコンテンツと、患者さん向けのコンテンツを用意しています。
ゆいちゃん

 

めでぃまーる.netについて

 

健康・医学の知恵袋【記事】

最新記事

膝の痛み(膝関節痛)を起こす整形外科の病気

膝の痛みには、怪我によるものや、加齢によるもの、原因不明で起こるものなどがあります。   膝関節の痛みを起こす疾患 変形性膝関節症 膝関節の軟骨が、加齢にともなって摩耗が進行したり、ケガなどによる軟骨損傷を最初のきっかけにして、長い時間かけながら少しずつ減少いくことが原因です。 高齢者の膝痛の多くが変形性膝関節症です。 一度損傷した軟骨は、回復するのが難しく、市販されているようなグルコサミン関連サプリメントを飲んでも回復する事もないため、軟骨摩耗に伴う膝痛は、徐々に悪化する傾向にあります。 軟骨 ...

この記事を読む

グルコサミンサプリの効果は?「客観的にみると効果は無い」

膝の痛みで悩む患者さんはとても多く、 グルコサミンを経口摂取できるサプリメントは、とても人気があります。 しかし、医学の世界では、グルコサミンサプリメントの効果に否定的です。 膝の痛みを理由に整形外科を受診した患者さんが、医師からグルコサミンサプリを勧められる事はまずありません。   整形外科医が患者さんにグルコサミンサプリを勧める事はない 患者さんから「グルコサミンを飲んでも良いですか?」という質問にたいして、 変形性膝関節症の診断と治療に精通している整形外科医は、 「使っても意味ないよ。」と ...

この記事を読む

再生医療の鍵を握る「幹細胞」とは?

再生医療という言葉をTVのニュースなどで耳にする機会が増えてきましたが、 「なんとなく凄そうとは感じるけど、どんな治療法なのかよく分からない。」 というのが正直なところだと思います。 まだまだ、一般的な治療として普及しているわけではなく、再生医療のごく一部だけが限られた医療施設で提供されるに止まっているため、それも仕方がない事だと思います。 ただし、これからの発展が期待され、今後の医療を大きく変える事が予測される分野です。   厚労省による再生医療の定義 ポイントは「幹細胞」 厚生労働省による再 ...

この記事を読む

整形外科で行われている再生医療「PRP(多血小板血漿)療法」について

PRP(多血小板血漿)療法とは、血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、ヒトに本来備わっている自然治癒力を高めて、損傷組織の治癒を目指す「再生医療」の一つです。 なお、再生医療については、以下のページで説明しています。 再生医療については、詳しくは上記の記事で確認してほしいのですが、整形外科領域で行われている再生医療を簡単に説明すると、 対症療法とは異なり、生まれながらヒトが本来持っている「自然治癒力」を利用した治療法と説明する事ができます。 この記事では、現在整形外科領域で実際に行わ ...

この記事を読む

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。 シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自然治癒力」を利用した治療法の事です。 厚生労働省が運営・管理する「多能性幹細胞安全情報サイト」では、少し難しい内容にはなっていますが、以下のように再生医療を説明しています。   多能性幹細胞安全情報サイトによる再生医療の説明 再生 ...

この記事を読む

寝たきりの原因となるロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは? 運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことを表す、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。 短縮して「ロコモ」と言ったり、少し専門的な言い方になると「運動器症候群」と言われます。 定義としては「運動器の障害により移動機能の低下した状態」となっていて、ロコモ=病気というわけではありません。   例えば、重篤な病気が理由ではなく、運動器の病気や体力的な衰えから、 階段や段差を上るのに手すりや支 ...

この記事を読む

椎間板ヘルニアのリハビリ・治療方法

椎間板ヘルニアの治療 薬物療法、注射療法、手術療法などがありますが、神経麻痺が進行していない場合は、急いで手術をする事はなく、主に保存療法による経過観察となります。 また、症状が寛解していかない場合は、障害椎間板を見極めるためにブロック注射による治療的診断を行うのが一般的となっています。   神経の炎症が治める消炎鎮痛剤・ブロック注射 下肢痛の症状は、圧迫よりも、神経の炎症が問題とされています。 脊柱管内のMRI上での神経根圧迫所見は変化(改善)がみられなくても、炎症が引いていけば、強い圧迫・絞 ...

この記事を読む

腰部椎間板ヘルニアの原因や、診断方法に関する説明

椎間板ヘルニアの原因・病態 椎間板は、線維輪と髄核から構成されています。 椎間板の線維輪が損傷して、中にある髄核が出てきて神経を圧迫する事により症状が出るのが椎間板ヘルニアの病態です。 損傷の原因としては、椎間板が加齢などにより退行変性した結果だったり、悪い姿勢や作業などによって過度なストレスを加えた事によって起こります。 たった1回の強い負担よりも、持続した負担やその反復によって椎間板は損傷を受けます。 転落などの急激な負荷には比較的強いので、その時に損傷を受けるの椎骨(椎体)の方が多く、圧迫骨折や椎体 ...

この記事を読む

 

自主トレ解説動画集

ユーチューブチャンネル「めでぃまーるTV」では、動画で自主トレ方法やリハビリ方法を解説しています。

チャンネル登録

Featured Video Play Icon

股関節の屈曲ストレッチ【股関節の曲げ運動】

やり方・手順 仰向けで寝て、ストレッチする側の膝を立てた姿勢をとります。 両手で膝を抱きかかえるようにして、股関節を曲げます。胸に引き寄せて下さい。 ゆっくりと元の姿勢に戻します。   股関節の屈曲ストレッチ【股関節の曲げ運動】のポイント 関節を曲げる動きを屈曲といい、この運動は、股関節の後面につく殿部の筋肉を伸ばすストレッチとなっています。 仰向けの姿勢から、両手で片側の膝を抱きかかえるように保持した後、胸に引き寄せるように股関節を曲げていきます(屈曲)。 殿部の筋肉がストレッチされる感じが出 ...

続きを読む

Featured Video Play Icon

腰部の回旋ストレッチ【腰の捻り運動】

やり方・手順 仰向けで寝て両膝を立てた姿勢をとります。 両膝を合わせて、片側(右)に倒し、腰・骨盤を捻ってストレッチします。。 ゆっくりと中央に戻します。   腰部の回旋ストレッチ【腰の捻り運動】のポイント 腰から太もも(股関節)に繋がる筋肉を伸ばすストレッチです。 膝を倒した側とは反対側の筋肉を伸ばします。 膝の倒す角度は、リラックスした状態で楽に動く範囲で行なって下さい。強い捻りを無理やり行う事はやめて下さい。 また、腰の手術を行なっている場合は、主治医に相談のもと行なって下さい。 強い痛み ...

続きを読む

Featured Video Play Icon

殿部(大殿筋)のテニスボールを使ったセルフマッサージ

やり方・手順 仰向けで寝て両膝を立てた姿勢をとり、殿部の下にボールを設置して下さい。 膝を外側に倒すように、リラックスしたまま足を開きます。 開いた足をゆっくりと戻します。   殿部(骨盤帯)のテニスボールを使ったセルフマッサージのポイント ボールを置く位置は、ベッドと殿部の隙間を埋めるように押し込むだけです。 ボールの上に乗り上がるように設置しないで下さい。 横から見て、ボールが隠れている場合は、乗り上がってしまっている状態です。 足を外側に開いた時に、ボールが殿部横を押し上げるようにマッサー ...

続きを読む

Featured Video Play Icon

大殿筋の強化【ブリッジ運動】

やり方・手順 膝を可能な範囲でしっかり曲げて、足はガニ股にならないように注意します。 お尻を持ち上げます。腰が反りすぎないように注意します。 ゆっくりとお尻を下ろします。   大殿筋の強化のポイント ブリッジ運動の方法はいくつかありますが、大殿筋の筋トレ目的の場合は、膝の曲げる角度と足の向きを調整する必要があります。 膝の曲げが浅かったり、ガニ股になっている場合は、ハムストリングスという太腿後面(ふともも裏)の筋肉が強く収縮してしまいます。 また、膝と膝はくっつけずに、股関節の幅を保った姿勢で行 ...

続きを読む

※ PCでリハビリ動画を閲覧する場合は、動画上にマウスカーソルを位置させて下さい。マウスカーソルが外れると、スライドショーにより、動画を最後まで閲覧する事ができません。


自主トレ・リハビリ動画一覧

疾患別の自主トレ・リハビリ動画

整形外科や病院で診察を受けたあとに、「お薬は貰ったけど、自分でやるトレーニングとか、リハビリってないの?」という方のために、自宅でできる自主トレ方法を紹介しています。

「なぜ、リハビリが必要?」

 

沖縄県の病院&治療院を簡単検索

検索めでぃまーるでは、沖縄県の医療施設情報や、理学療法士・作業療法士が運営する整体などを紹介しています。

病院&治療院検索

まずは、病院や整形外科クリニックなどの専門の医療機関を受診する事をおすすめします。

 

現職者向けコンテンツ

めでぃまーるは、一般向けコンテンツの他に、現職のセラピスト向けのコンテンツも無料公開しています。

めでぃまーるオススメ記事

1

膝の痛みで悩む患者さんはとても多く、 グルコサミンを経口摂取できるサプリメントは、とても人気があります。 しかし、医学の世界では、グルコサミンサプリメントの効果に否定的です。 膝の痛みを理由に整形外科を受診した患者さんが、医師からグルコサミンサプリを勧められる事はまずあ ...

2

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決にはなりません。 慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人は、痛いところ・固いと ...

3

Dr.カール先生痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関連するトリガーポイントを紹介します。 全てを網羅的に紹介する事は不可能 ...

4

Dr.カール先生馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。 ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害の説明をしています。   馬尾とは? 背骨の中には、神経の通 ...

5

Dr.カール先生このページでは、「腰部椎間板ヘルニア」という病気が、どういった病気で、どのような症状を出すのか、どのような原因で起こるのかについて詳しく解説しています。   椎間板ヘルニアの症状や原因について詳しく解説! 椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間に ...

更新日:

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.