前枝・後枝(神経根)

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6620553772884811"
data-ad-slot="2746858481">

『前枝・後枝(神経根)』とは?

神経根が、椎間孔を通過したあとに、2本の神経に枝別れする事になるが、このうち、前方部分を前枝・後方部分を後枝と呼ぶ。

一般に前枝は太く、頸部や体幹の前半、上肢、下肢に分布し、後枝は細く、頸部や体幹の後半の皮膚や筋肉に分布する。

その数は 31対あって、頸神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対となっている。

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6620553772884811"
data-ad-slot="2746858481">

用語解説

 

めでぃまーるオススメ記事

1

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決には ...

2

Dr.カール先生痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関 ...

3

Dr.カール先生馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。 ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害 ...

4

Dr.カール先生このページでは、「腰部椎間板ヘルニア」という病気が、どういった病気で、どのような症状を出すのか、どのような原因で起こるのかについて詳しく解説しています。   椎間板ヘルニアの ...

投稿日:

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.