「妊産婦(産前産後)」 一覧

産後の骨盤の特徴

病気・怪我の解説

骨盤の構造|女性と男性の違いや、出産前後での違いについて 骨盤を構成する骨や筋肉自体には、男女でも同じですし、産前産後でも特に変わる事はありません。しかし、大きさ(バランス)や安定性に関しては性差があったり、女性の場合はさらに産前・産後で変わってきます。 まずは、一般的 ...

産褥期の辛い症状を改善できる産褥体操とは?

治し方・治療法の紹介

産褥体操とは? 出産を終えて、まだ体の調子が万全な状態に戻れない人は多いです。 産後の腰痛や尿もれなどの症状が産後もずっと続く人もいます。 こういう状態を予防するため(未然に防ぐため)に重要と考えられているのが産褥期に行う「産褥体操」です。 産褥期は、出産してから産後6 ...

妊婦(妊娠初期〜後期)の腰痛や、骨盤周囲の痛みの特徴

病気・怪我の解説

ゆいちゃん妊婦には、腰痛を抱えている人が多く、「実に7割近くの妊婦さんが腰痛を訴えていた」という研究結果もあるんです。 このページでは、妊婦さんの腰痛の特徴について解説しています。   妊婦の腰痛の特徴について 妊娠時に腰痛を発症する女性は多くいます。 一般的 ...

身体が痛くなったら、どうすれば良いの?
ゆいちゃん
Dr.カール
痛み症状や、身体の不調に気づいたら、まずは、すぐに病院に行く必要がある状態かをチェックしましょう。

痛み症状が強い場合や、徐々に悪化している場合などは、かかりつけ医や専門の医療機関を受診してください。

 

病院・クリニック・専門家探しは、
『検索めでぃまーる』

 

痛みよりも不安が強い場合は...

もし、緊急を要する状態でなければ、まずは痛まない動作や姿勢を心がけながら少し様子を見てみましょう。

痛みが落ち着いてきた場合は、少しずつストレッチや自主トレを取り入れ、痛める前の元の活動状態に戻れるように取り組みましょう。

診察を受けた際に、「徐々にリハビリを開始して下さい。」と説明を受けた場合は、当サイトで紹介しているリハビリメニューを参考に自宅でも実践してみてください。

なお、症状は人によって異なります。自主トレは続けることが大切ですが、 間違った方法では意味がありません。詳しい運動の内容や回数はかかりつけの医師やリハビリ担当の理学療法士とよく相談して行なって下さい。

痛み症状や、身体の不調が改善したら、あとは予防を意識して、健康的な状態を自分自身で維持できるように心がけましょう。

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.