沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

【保存版】ダイエットプロテイン&アミノ酸はどれが良い?人気Best3!

無理のない方法、安全な方法でダイエットする場合、栄養管理は非常に大切です。ただ食事を減らすだけの制限ダイエットは栄養バランスが崩れ体調を崩しやすくなるのに加えて、リバウンドを起こしやすい体質になってしまいます。

制限ダイエットを終えて、食事を戻したら最初よりも太っているという典型パターンです。

大切な事は、運動よりもしっかりと栄養管理を行う事です。筋トレや有酸素運動は、栄養管理ができたその先にあるものです。

なお、一番、不足しやすいのが「タンパク質」、過剰になりやすいのが、「糖質」です。改善するためには、お肉をしっかりと摂る事ですが、その必要量は相当な量になります。しかも、これを毎日です。

徹底した食事管理が大切という事は知っていても、正直厳しいと感じるのではないでしょうか。なので、タンパク質は上手にプロテインやアミノ酸から補給してあげる事が重要です。

ダイエットを考えているなら、

  1. 糖質を摂りすぎないようにする。
  2. タンパク質を不足させない。
  3. 筋力トレーニング

これが鉄板です。ここでは、特に自力で対策する事が難しい「2.タンパク質を不足させない」の対策として、プロテイン&アミノ酸サプリを紹介していきます。

 

では、おすすめのダイエットプロテイン&アミノ酸を3つ紹介!

置換えダイエットも考えている場合は、プロテインタイプがおすすめです。

逆に、筋トレやヨガなどの「トレーニング後のアミノ酸補給」で考えている場合は、HMBを多く含むアミノ酸タイプが良いです。

これは、タンパク質がアミノ酸になって吸収されるのですが、アミノ酸タイプは吸収が速やかですが、その分空腹感については何も変化しません。

おすすめダイエットプロテイン&アミノ酸Best3

ランキング1位 ファスタナ
置換えダイエットプロテインの超定番【人気商品】

ランキング2位 B.B.B HMB & CREATINE48000
アミノ酸タイプ、DVD特典付き

ランキング3位 ジェシカズ・フォーミュラ
置換えダイエットプロテイン

ダイエットプロテイン 総合ランキング

ダイエット系HMBサプリ 総合ランキング

ダイエットプロテインは、空腹感を解消し、満足感も得られるので、もともと食事量の多すぎた人が減らす場合におすすめです。

食料を減らす事も考えているかどうかで選び分けると良いかと思います。

ここで紹介している、ダイエットプロテインもアミノ酸サプリも「含まれているタンパク質の量や栄養バランス」は非常に良いので、使い方に合わせて選んでみてください。

 

パダイエットプロテイン&アミノ酸おすすめBest3

だいたい同じくらいの価格で、Amazonで売っている場合もあります。※ 時期によって変動あり

しかし、全額返金保証やキャンペーンが適応されたり、お得なコース(継続利用する場合のセット割引)があるのは公式サイトのみとなっています。その時々によってキャンペーンは変わるので、公式サイトと比較して購入先を検討してみてください。

1位 ファスタナ

おすすめポイント

  • 置換えダイエットのど定番商品
  • 味が良く満足感◎(人工甘味料ゼロ)
  • プロテイン+36種のビタミン・ミネラル
  • HMB配合のアミノ酸スコア100ソイプロテイン

一つでも欠けてしまうと効果を発揮できないアミノ酸は、しっかりスコア100なので安心。

鶏肉抽出物によるHMB(筋肉成分)と、ソイプロテインによる動物性・植物性のタンパク質がバランス良く含まれている。その他、美容成分や便秘対策になる成分も含まれるので、女性のダイエットに適している。

原材料・成分

粉末状大豆たん白、ブドウ糖、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、果汁混合末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、リンゴンベリー果汁、アサイー抽出物)、植物混合末(モリンガ葉末、マカ根末、アマランサス末、キヌア末、クコ果実末、チアシード末、バオバブ果実末、ヘンプシード末)、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、松樹皮抽出物、アサイー果汁末、コエンザイムQ10、赤ブドウ発酵抽出物、カカオ抽出物、ケール末、ビール酵母、HMBカルシウム、鶏肉抽出物、乳酸菌末(乳成分を含む)/ビタミンC、クエン酸、卵殻末焼成カルシウム、甘味料(ステビア)、酸化マグネシウム、香料、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ベニコウジ色素、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、ヒアルロン酸、ビタミンB2、ピロリン酸第二鉄、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

※ 詳しくは、公式サイトでご確認下さい。

Amazonでチェックする場合はこちら▽

ファスタナ(Amazon)

 

2位 HMBサプリ BBB(トリプルビー)

おすすめポイント

  • HMB・クレアチニンなので吸収率が高い
  • トレーニング重視型のダイエットに最適
  • カリスマトレーナーのAYAさん監修
  • エクササイズを学べる特典DVD付き

アミノ酸タイプのサプリメントなので、プロテインと比較して、吸収率と吸収スピードに優れる。

原材料・成分

クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12

 

※ 詳しくは、公式サイトでご確認下さい。

Amazonでチェックする場合はこちら▽

トリプルビー(Amazon)

 

3位 ジェシカズ・フォーミュラ

おすすめポイント

  • 100%大豆のボディーメイクプロテイン
  • 動物性食品が苦手な人でも利用可能
  • 置換えダイエットにも優れる。

100%ソイプロテインなので、動物性の食品が苦手な人でも問題なく飲む事ができる。

植物性タンパク質は栄養成分が低くなりやすいが、それでも同種のソイプロテインとしてはタンパク質を高配合されている。

原材料・成分

植物性たんぱく(大豆由来)、ポリデキストロース、アサイーエキス、クエン酸、V.C、V.E、パントテン酸カルシウム、V.B1、V.B6、V.B2、ナイアシン、V.A、葉酸、V.D、V.B12、香料、キサンタンガム、乳化剤、甘味料(スクラロース)

※ 詳しくは、公式サイトでご確認下さい。

※ Amazonでの販売はありません。

 

ダイエットプロテインおすすめランキングのまとめ

プロテインは飲めば痩せるというような魔法の薬ではありません。

前提として、糖質制限(糖質コントロール)ができていなければ何の意味もありません。糖質が過剰にならないように注意しながら、不足しやすいタンパク質をしっかりと補う事が大切です。

なお、タンパク質は、日頃の食事では摂りにくい量を補う事です。お肉も魚も大豆食品も偏りなくバランス良く摂取してください。

食事療法と運動を比較した場合、ダイエットにおける重要度は圧倒的に食事療法にあります。これまでダイエットが上手くいかなかった人は、食事に原因があるはずです。

ゆいちゃん
もし、公式サイトで確認しても分からない部分があれば、ページ下のコメントフォームからご質問を受け付けています。お気軽にご相談下さい。

 

更新日:


   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


+ 関連情報

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.