当記事は、セミナーに参加した方々が、「参加したままで終り」とならないように、めでぃまーるからのセミナー受講生へのサポートコンテンツという位置付けで制作されています。編集部による一部注釈を加えたり、配布されなかった情報・資料などを掲載していますので、セミナー受講生は、配布されたセミナー資料を振り返りながらご活用ください。

ACL術後リハビリテーションシンポジウム【2018-7-16】

当院におけるACL術後リハビリの考え方

更新日:

講師紹介 中村先生について

中村 早智子
理学療法士
豊見城中央病院

Dr.カール先生
ACLのリハビリテーションに頻繁に関わる事が少ない療法士にとっても、とても分かりやすく、基礎的な知識からしっかり説明して頂きました。

 

導入:ACL術後リハビリテーションの概要について

前十字靭帯(ACL)損傷は、代表的な膝のスポーツ障害です。

そして、理学療法士は、再建術後リハビリテーションに大きく関わります。

 

再建術後リハビリテーションの目的は、腱移植を保護しながら関節可動域と関節強度を保護することです。

そして、ACL再建術後の目標としては、安全にスポーツ復帰することが挙げられます。

その三要素としては、

  1. 膝の安定性(機能的な安定性)
  2. 疼痛や腫れがない
  3. 筋力回復・向上、パフォーマンス向上

と考える事ができます。

今回の中村先生のお話では、ACL術後リハビリテーションの基本的な知識や、先生が術後急性期のリハビリテーションに関わる中で、考えている事や気をつけている事などを中心にお話して頂きました。

 

ACL術後リハビリテーションの基本的な理解

術後リハビリテーションの流れ

安静期(〜1w) →保護期(〜4W) →荷重開始期(4W〜) →トレーニング期(3M〜6M) →前期復帰(6M〜) →競技復帰(8M〜)

術後リハビリテーションの基本的な流れは、上記のようになります。

術直後の安静期から競技復帰までの目安は、8〜10ヶ月となります。

リハビリテーションの前半部分は、メディカルリハが中心となり、トレーニング期後半からは競技復帰に向けてアスレチックリハへとステップアップしていく事となります。

 

ゆいちゃん
この全てに一人の理学療法士(病院)が関わるという事はほとんどなく、術後の管理とリハビリが終われば、転院となり次の病院で回復期のリハビリテーションを。そして最終的には外来で通いながらアスレチックリハに移行していく事が多いですね。

メディカルリハで取り組む事

中村先生は、主にACL再建術後リハの安静期(メディカルリハ)を担当しています。メディカルリハで、重要となるのが以下の5つです。

  1. リスク管理
  2. 関節可動域の改善
  3. 筋力の回復
  4. バランス能力改善(固有感覚)
  5. 再断裂予防

特に、リスク管理は重要になります。しっかりとリスク管理をするためには、手術について知っておかなければなりません。

 

ACLの術式とその特徴について

主治医の判断のもと、骨付き膝蓋腱(BTB)と、ハムストリングス(ST or STG)の何れかを選択する事になりますが、中村先生がこれまで担当する事が多かったのはハムストリングス腱です。

それぞれに特徴があり、安全に術後リハビリテーションを進めていくためには、この特徴を理解しておく必要があります。

 

骨付き膝蓋腱(BTB)

メリット デメリット
  • 自家腱の中で強度が最大
  • 生物学的に固着に有利
  • 再再腱術時の移植腱として利用しやすい
  • 四頭筋筋力回復の遅延
  • 腱採取に伴う合併症が多い
    (膝前方痛、膝関節伸展制限)

 

ハムストリングス(ST or STG)

メリット デメリット
  • ACL解剖学的形状を再現する術式に応用が容易
  • 多重折りで用いる事で調整可能
  • 侵襲が少なく合併症が比較的少ない
  • 伸展筋力の回復が良好
  • 膝深屈曲位での屈筋筋力低下
  • 生物学的に固着に不利
  • 骨孔拡大の頻度が高い

 

術後急性期のリスク管理が重要となる期間においても、その後のアスレチックリハ中心の時期に移行しても、術式に対する理解は重要になってきます。

 

ACLの生体力学とリスク管理「ACLが緊張する角度」

ACLが緊張する角度は、0-30°であり、この角度の時にACLにかかるストレスが最も大きいとされています。

また、屈曲60°〜70°は、Quadriceps neutral angleと呼ばれ、この肢位での大腿四頭筋収縮は脛骨を前後方向に移動させる力が生じません。

つまり、これより浅い角度では、脛骨前方移動への分力が生じ、深い角度では、脛骨後方移動への分力が生じます。

※ 膝屈曲時に内反や内旋が加わるとACLの緊張増加となります。

 

ACLの再建術後(急性期)のメディカルリハの考え方

ACL術後リハビリの基礎知識に関して丁寧に説明してもらったあとには、中村先生の急性期での術後リハビリテーションの考え方や現在の取り組みについてもお話し頂きました。

  • 腫脹や疼痛コントロールが重要となるため、基本的には痛みを伴う運動は行わないこと
  • 患部外については積極的にトレーニングを行うこと
  • ROM制限に対する考え方と評価方法、そして、その対処法(アプローチ法)
  • 荷重前段階や荷重開始期、保護トレーニング期での評価に関する着眼点

などなど、ACLの再建術後のメディカルリハの考え方をとても分かりやすく説明して頂きました。

ACL再建術後リハビリテーションの考え方

  1. 手術に伴う腫脹・浮腫は、関節内圧の上昇と筋収縮不全、疼痛を引き起こす原因となるため早期に軽減させる。
  2. 関節可動域は筋の防御性収縮を排除し、スムーズな動きを確保する。制限となる要素を予測しアプローチしていく。
  3. 再建ACLの治癒過程・運動によるストレスを考慮し膝関節安定化を得るための筋力強化、荷重練習(CKC)を多く取り入れる。

「プロトコールはあくまで目安であること。各時期による疼痛の状態や組織の治癒過程を知ることで安全で患者さんに合わせたプログラムをたてることが出来ると考えてます。(中村先生)

最後に、ACL再建術後リハビリテーションの考え方を整理して、ACL術後リハビリテーションシンポジウムの一つ目の講義は終了となりました。

Dr.カール先生
日頃から、ACLの術後リハに携わる療法士にはもちろん、これまでに担当した経験が少ない療法士にも分かりやすく説明して頂きました。

 

最後に

中村先生の講義は、とても丁寧で、ACLの術後リハをこれまでに担当した経験が少ない療法士にも、理解しやすいように基礎部分についても順をおって説明して頂きました。

日頃から取り組んでいるACL術後のリハビリテーションの臨床の様子や、考え方についても聞く事ができました。

中村先生ありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スキルアップを目指すセラピスト向け

医療系資格試験教材アステッキ

医療系資格試験対策の各種教材(eラーニング、問題集、模擬試験)を販売するアステッキの取り扱い資格は以下の通りです。

  • 呼吸療法認定士
  • 認知症ケア専門士
  • 透析技術認定士
  • 糖尿病療養指導士

すでに国家資格を有する人や、病院や施設などで勤務経験がある人向けです。
「eラーニング」は、医療関係者の忙しい方でも資格取得を目指せるオンライン資格講座です。スマホ・PC・タブレットで学べるため、時間がない人でも取り組みやすいのが特徴です。資格取得にコミットとして、無駄を省いた資料構成にする事で、低価格を実現(大手通信講座の5分の1程度の価格)しています。

アップドラフト【沖縄・医療者向け】

沖縄県の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けの医療系セミナーや、起業セラピスト向けセミナー、その他、痛み治療に関わるセラピスト、柔道整復師、鍼灸師、整体師向けのセミナーなどを運営しています。

-ACL術後リハビリテーションシンポジウム【2018-7-16】
-

Copyright© セミナーめでぃまーる , 2018 All Rights Reserved.