なぜリハビリが必要?

「リハビリテーション(Rehabilitation)」という言葉は、

re(再び、戻す)と、habilis(適した、ふさわしい)を組み合わせた言葉です。

リハビリテーションを

  • 痛みを伴う治療
  • 辛い訓練

というようなネガティブなイメージを持っている方もまだまだ多いと思いますが、決してそうではありません。

生活上の何らかの問題の解決に取り組み、より良い状態を目指す事ができます。

 

リハビリテーションとは?

病気や怪我によって引き起こされた生活上の不都合(障害や制限)を、運動療法、温熱療法、装具療法、助言・指導、環境調整、社会制度の活用などにより、身体的にも精神・心理的にも再適応させるための活動をリハビリテーションととらえます。

リハビリテーションとは、単なる機能回復ではなく、

  • 人間らしく生きる権利の回復
  • 自分らしく生きること

というような、とても広い概念です。

つまり、マッサージや、筋トレなどのサービスや行為そのものを表す言葉ではありません。

医療分野のリハビリテーションの専門家

リハビリテーションに携わる職業、つまり、

「対象者がその人らしく生きる事をサポートする職業」は、

国家資格を持つ医療職が中心となっています。

  • 医師
  • 看護師
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  • 介護士

担当セラピストとして、専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がつく事は多いですが、

リハビリテーションは、患者を中心にしたチームで行われています。

リハビリテーションの主体は、患者本人

リハビリは、病気や怪我、障害などによって制限されている状態などの、ネガティブな状態をポジティブな方向に向ける活動です。

この活動の主体は、患者本人にあります。

病院やクリニックのリハビリ室で行われる運動療法や物理療法以外にも、障害の克服や、現状からの改善を目指す自主トレなどもリハビリテーションの含まれます。

例えば、

加齢と運動不足により、ロコモティブシンドロームを指摘された方が、自主トレなどを取り入れて運動習慣を身につける事もリハビリテーションです。

腰痛患者が、再発予防に取り組む自主トレもリハビリテーションです。

脳卒中後遺症(麻痺)によって、ベッドからの起き上がりやトイレ移動が一人では難しくなった場合でも、麻痺した身体でも安全に一人で移動できる手段を身につけるのもリハビリテーションです。

前述したように、リハビリテーションとは、

  • 人間らしく生きる権利の回復
  • 自分らしく生きること

というような、とても広い概念です。

 

 

生活上の何らかの問題の解決に取り組み、より良い状態を目指すためには、リハビリが必要となります。

予防という視点も合わせながら、現状からの回復を主体的取り組むリハビリによって、いつまでも自分らしく生きる事を目指しましょう。

めでぃまーる.netでは、身体の不調や痛みで困る全ての患者さんが、自主リハビリに積極的に取り組めるように、写真や動画、解説記事によって、自宅でできるリハビリや自主トレを紹介しています。

有効にご活用下さい。

topに戻る。

積極的に自主リハビリに取り組みましょう!

リハビリの必要性に関する記事(FAQ)はこちらからどうぞ。

なぜ、「リハビリが必要なのか?」について解説しています。

疾患(病気)によって、実施すべきリハビリメニューは同じですか?

痛む場所が同じでも、原因が異なれば対策(治療)は大きく異なります。 同じ場所の痛みでも、疾患(病気)が異なれば、違うリハビリメニューを行う必要があります。 注意して欲しいのが、テレビや雑誌でブームになっている健康法やエクササイズ法が紹介されているのを見て、自分には合わな ...

運動機能は、年齢とともに低下すると聞きましたが本当ですか?

「歳をとって、体力が落ちてきた。」 これは多くの人が口にする言葉だと思いますが、実は、この加齢による影響は、かなり早い時期から起こり始めていて、医学の世界では、20歳から運動機能の低下(老化)は起こるとされています。 そのためにも、症状が出る前段階から、運動習慣を持って ...

身体が痛くなったら、どうすれば良いの?
ゆいちゃん
Dr.カール先生
痛み症状や、身体の不調に気づいたら、まずは、すぐに病院に行く必要がある状態かをチェックしましょう。

痛み症状が強い場合や、徐々に悪化している場合などは、かかりつけ医や専門の医療機関を受診してください。

【痛みよりも不安が強い場合は...】

もし、緊急を要する状態でなければ、まずは痛まない動作や姿勢を心がけながら少し様子を見てみましょう。

痛みが落ち着いてきた場合は、少しずつストレッチや自主トレを取り入れ、痛める前の元の活動状態に戻れるように取り組みましょう。

診察を受けた際に、「徐々にリハビリを開始して下さい。」と説明を受けた場合は、当サイトで紹介しているリハビリメニューを参考に自宅でも実践してみてください。

なお、症状は人によって異なります。自主トレは続けることが大切ですが、 間違った方法では意味がありません。詳しい運動の内容や回数はかかりつけの医師やリハビリ担当の理学療法士とよく相談して行なって下さい。

痛み症状や、身体の不調が改善したら、あとは予防を意識して、健康的な状態を自分自身で維持できるように心がけましょう。

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.