治し方・治療法の紹介

整形外科で行われている再生医療「PRP(多血小板血漿)療法」について

投稿日:

PRP(多血小板血漿)療法とは、血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、ヒトに本来備わっている自然治癒力を高めて、損傷組織の治癒を目指す「再生医療」の一つです。

なお、再生医療については、以下のページで説明しています。

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。 シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自 ...

再生医療については、詳しくは上記の記事で確認してほしいのですが、整形外科領域で行われている再生医療を簡単に説明すると、

対症療法とは異なり、生まれながらヒトが本来持っている「自然治癒力」を利用した治療法と説明する事ができます。

この記事では、現在整形外科領域で実際に行われている、自然治癒力を利用した治療法の一つ「PRP(多血小板血漿)療法」について説明していきます。

 

整形外科領域で行われる再生医療「PRP療法」

PRP療法は、もともとは皮膚科領域から発展したもので、いわゆる床ずれ(褥瘡)、やけど、糖尿病患者の皮膚障害(壊疽)などが主な対象となっていて、損傷組織の再生促進に利用されてきました。

その後、海外のスポーツ選手(サッカー選手やメジャーリーガー、プロゴルファーなど)のケガの治療などにPRP療法が行われるようになりました。

日本でも、数年遅れて整形外科領域でスポーツなどによる肘やひざの痛み、腱や筋肉の損傷などに再生医療が適応されるようになり、

損傷した組織の再生を促進し、ケガが治るスピードを速める事ができ、従来のステロイド剤を使った治療法とは全く異なる新しい治療法として注目されてきました。

PRP療法の適応疾患

  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • アキレス腱炎
  • 膝蓋靭帯炎
  • 足底腱膜炎
  • 靭帯損傷
  • 肉離れ(筋断裂)
  • 腱鞘炎
  • 脊椎固定術の骨癒合促進
  • 変形性膝関節症、半月板損傷

自己血を使うことや、国の厳しい審査(再生医療等安全性確保法)を通る必要がある事から、比較的安全性の高い再生医療と言えますが、PRP療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、一部の病院のみで自由診療として提供されています。

再生医療等安全性確保法

再生医療を行うためには特定再生医療認定委員会が行う、安全性や治療目的の妥当性に問題がないか審査を受けて、厚生労働省に届け出る必要があります。そして、その申請内容に準じて行わなければなりません。

 

他の再生医療とPRP療法の違い

PRP療法は、血液中に含まれる血小板や白血球などの体細胞の働きを利用する再生医療です。

これからの再生医療の中心になるのは「幹細胞」という特殊な細胞を用いた治療方法です。

幹細胞には、京都大学の山中教授らによる人工幹細胞「iPS細胞」や、

自分の脂肪の中に幹細胞である「脂肪幹細胞」、関節滑膜に存在する「滑膜幹細胞」、骨の中に存在する「骨髄幹細胞」を用いた方法があります。

これらの再生医療は今後大きな発展をみせる事が期待されていますが、現時点では、倫理的な問題や、万能細胞であるがゆえにがん化するリスクがあったり、増殖能が限定的であるなど、まだまだ課題も多くあります。

それに対して、幹細胞を用いずに自己血を用いて行うため、比較的安全性の高い再生医療の一つがPRP療法とされています。

 

PRP療法は、自然治癒力を促進する安全性の高い再生医療

PRP療法が、安全性の高い再生治療と言われるのは、

「これ以上分化して別の組織になることがない血液中の血球成分を培養することなくそのまま使うため」です。

PRP療法の流れとしては、患者さんご本人の血液を採血し、遠心分離機にかけて、血液中にある血小板を含む多血小板血漿(PRP)を採り出し後に、損傷組織に直接注射します。

血小板の機能として有名な「止血作用」以外にも、細胞増殖や血管の形成などに役立つ「成長因子」を放出する事により損傷部分を修復を促す働きがあります。

損傷組織に直接働きかける事により、細胞増殖を促進し修復機能が高められます。

PRP療法は、ヒトが本来持っている自然治癒力を促進する事によって損傷組織の治癒を早める安全な治療法と言えます。

 

めでぃまーるオススメ記事

1

膝の痛みで悩む患者さんはとても多く、 グルコサミンを経口摂取できるサプリメントは、とても人気があります。 しかし、医学の世界では、グルコサミンサプリメントの効果に否定的です。 膝の痛みを理由に整形外科を受診した患者さんが、医師からグルコサミンサプリを勧められる事はまずあ ...

2

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決にはなりません。 慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人は、痛いところ・固いと ...

3

Dr.カール先生痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関連するトリガーポイントを紹介します。 全てを網羅的に紹介する事は不可能 ...

4

Dr.カール先生馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。 ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害の説明をしています。   馬尾とは? 背骨の中には、神経の通 ...

5

Dr.カール先生このページでは、「腰部椎間板ヘルニア」という病気が、どういった病気で、どのような症状を出すのか、どのような原因で起こるのかについて詳しく解説しています。   椎間板ヘルニアの症状や原因について詳しく解説! 椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間に ...

関連記事

産褥期の辛い症状を改善できる産褥体操とは?

産褥体操とは? 出産を終えて、まだ体の調子が万全な状態に戻れない人は多いです。 産後の腰痛や尿もれなどの症状が産後もずっと続く人もいます。 こういう状態を予防するため(未然に防ぐため)に重要と考えられているのが産褥期に行う「産褥体操」です。 産褥期は、出産してから産後6 ...

ホームエクササイズにもオススメ「自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド」の紹介

Dr.カール先生このページでは、竹井先生(理学療法士)が執筆している筋膜リリースの一般向け書籍を紹介させて頂きます。   自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド──筋膜博士が教える決定版 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/15 竹井 仁 (著) ...

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。 シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自 ...

グルコサミンサプリの効果は?「客観的にみると効果は無い」

膝の痛みで悩む患者さんはとても多く、 グルコサミンを経口摂取できるサプリメントは、とても人気があります。 しかし、医学の世界では、グルコサミンサプリメントの効果に否定的です。 膝の痛みを理由に整形外科を受診した患者さんが、医師からグルコサミンサプリを勧められる事はまずあ ...

筋膜リリースとは? 筋膜リリースのやり方(方法)や効果について

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決にはなりません。 慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人は、痛いところ・固いと ...

-治し方・治療法の紹介

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.