沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

39view

医療news お知らせ

那覇市が産後健診を助成2019年4月より実施予定

投稿日:

沖縄・那覇市が出産後の母親を対象に「産後健診」の実施を検討している。来年2月の市議会で可決されれば、同年4月より実施を予定している。那覇市が検診費用1回上限5000円として助成し、無償化する。産後女性の身体的な回復のみではなく、精神状態も含めて支援する考えで、産後うつなどの発症を予防するのが目的。

助成費用は国や県の補助金を活用する予定。受診票は那覇市保健所で親子健康手帳の交付時や、医療機関などで発行することができる。

従来、出生児の健診に併せて、母親の健康状態をチェックしていたが、母親の健康状態を支援するサービスの整備が目的となる。

産後女性を社会で支える動きは、全国的に進んでおり、先日厚労省も「妊婦加算の廃止」を前向きに検討している。出生率が高い沖縄は市町村単位でも支えるサービスが充実に期待したい。

 

(参考:2018年12月14日琉球新報)






関連記事

医師残業規制「上限2千時間」
no image

医療news お知らせ

厚生労働省の医師の働き方改革の議論をされている有職者たちの検討会議が11日開かれ、2024年から特定の医療機関では2035年までに医師の時間外労働(残業)につい ...

第20回沖縄県理学療法学術大会が来年5月読谷で開催

リハビリnews お知らせ

公益社団法人沖縄県理学療法士協会は、来年5月18・19日に読谷村文化センターで第20回となる学術大会の記念大会を開催する。 「地域共生社会」をテーマに、基調講演 ...

平成30年4月より難病の医療費助成の対象が拡大
no image

医療news お知らせ

平成30年4月より難病の医療費助成(難病医療費助成制度)の対象が331疾病に拡大する。 効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.