40view

医療news お知らせ

那覇市が産後健診を助成2019年4月より実施予定

投稿日:

沖縄・那覇市が出産後の母親を対象に「産後健診」の実施を検討している。来年2月の市議会で可決されれば、同年4月より実施を予定している。那覇市が検診費用1回上限5000円として助成し、無償化する。産後女性の身体的な回復のみではなく、精神状態も含めて支援する考えで、産後うつなどの発症を予防するのが目的。

助成費用は国や県の補助金を活用する予定。受診票は那覇市保健所で親子健康手帳の交付時や、医療機関などで発行することができる。

従来、出生児の健診に併せて、母親の健康状態をチェックしていたが、母親の健康状態を支援するサービスの整備が目的となる。

産後女性を社会で支える動きは、全国的に進んでおり、先日厚労省も「妊婦加算の廃止」を前向きに検討している。出生率が高い沖縄は市町村単位でも支えるサービスが充実に期待したい。

 

(参考:2018年12月14日琉球新報)






関連記事

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

医療news お知らせ

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医 ...

琉大病院に心臓移植患者支援の会が発足

医療news

心臓移植には多額の費用が必要になります。その費用を支援するために、琉球大学付属病院に心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉の会」が発足したことを24日発表された。 ...

「妊婦加算」廃止される
no image

医療news お知らせ

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.