19view

医療news お知らせ

「妊婦加算」廃止される

投稿日:

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆行している」という批判が相次いだこともあり、本制度の廃止に向けて抜本的に見直す方針。遅くても2020年度の診療報酬改定までには反映させる。しばらくは、加算請求がゼロになるように手当調整する考え。

この加算は、薬の処方など、特別な配慮が必要な妊婦に対する医療提供を、医療施設側が敬遠しないようにすることが目的だった。そのため、加算請求がゼロになったとしても、医療施設側への代替案を導入していくことも今後の課題かもしれない。今後の動向に注目する。






関連記事

平成30年4月より難病の医療費助成の対象が拡大
no image

医療news お知らせ

平成30年4月より難病の医療費助成(難病医療費助成制度)の対象が331疾病に拡大する。 効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負 ...

那覇市が産後健診を助成
no image

医療news お知らせ

沖縄・那覇市が出産後の母親を対象に「産後健診」の実施を検討している。来年2月の市議会で可決されれば、同年4月より実施を予定している。那覇市が検診費用1回上限50 ...

沖縄高校生の興味ある産業第1位は「医療・福祉」分野!

医療news お知らせ

「求人マガジン アグレ」を発行している株式会社求人おきなわは、沖縄県内の16校、3037名を対象に将来の仕事に対する興味や情報入手に関するアンケートを実施した。 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.