医療news お知らせ

「妊婦加算」廃止される

投稿日:

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆行している」という批判が相次いだこともあり、本制度の廃止に向けて抜本的に見直す方針。遅くても2020年度の診療報酬改定までには反映させる。しばらくは、加算請求がゼロになるように手当調整する考え。

この加算は、薬の処方など、特別な配慮が必要な妊婦に対する医療提供を、医療施設側が敬遠しないようにすることが目的だった。そのため、加算請求がゼロになったとしても、医療施設側への代替案を導入していくことも今後の課題かもしれない。今後の動向に注目する。

沖縄の医療情報をもっと身近にめでぃまーる

沖縄県の最新医療情報をお伝えします。
TOPページに戻る

 

 

人気のタグ一覧 ▽

関連記事

【キングス】アイラ・ブラウン選手全治6週間の怪我
no image

バスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングスは、7日に所属している #33 アイラ・ブラウン選手が左膝軟骨損傷の負傷をしたと発表した。全治6週間の診断で、アイラ選手は現在復帰に向けて治療に専念している。   Dr.カールめでぃまーるの豆知識! 一般的に、ス ...

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医療費助成事業」の一環だが、県は早ければ2022年度に小学校卒業まで拡大、そのあと段階的に中学校卒業まで広げる考 ...

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す
no image

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。 国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治 ...

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚
no image

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げになっていることがわかった。調査した塩野義製薬のグループは、「職場の腰痛対策が生産性向上に役立つ可能性がある」 ...

那覇市が産後健診を助成
no image

沖縄・那覇市が出産後の母親を対象に「産後健診」の実施を検討している。来年2月の市議会で可決されれば、同年4月より実施を予定している。那覇市が検診費用1回上限5000円として助成し、無償化する。産後女性の身体的な回復のみではなく、精神状態も含めて支援する考えで、産後うつな ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.