114view

リハビリnews お知らせ

第20回沖縄県理学療法学術大会が来年5月読谷で開催

更新日:

公益社団法人沖縄県理学療法士協会は、来年5月18・19日に読谷村文化センターで第20回となる学術大会の記念大会を開催する。

「地域共生社会」をテーマに、基調講演や口述発表、ポスター発表、実技演題も盛り込まれている。例年、1日開催の本会を2日開催にした内容の充実度を注目したいところだ。

 

基調講演 田中 昌史 氏
(日本理学療法士協会理事・日本理学療法士連盟顧問)

特別公演 内山 靖 氏
(日本理学療法士協会副会長・名古屋大学教授)

県民公開講座 日野 徹 氏
(沖縄県子ども生活福祉部参事・厚生労働省)

 

期日:2019年5月18日(土)・19日(日)

会場:読谷村文化センター

主催:公益社団法人沖縄県理学療法士協会

大会長:立津 統(沖縄県理学療法士協会副会長・同仁病院)






関連記事

沖縄高校生の興味ある産業第1位は「医療・福祉」分野!

医療news お知らせ

「求人マガジン アグレ」を発行している株式会社求人おきなわは、沖縄県内の16校、3037名を対象に将来の仕事に対する興味や情報入手に関するアンケートを実施した。 ...

医師残業規制「上限2千時間」
no image

医療news お知らせ

厚生労働省の医師の働き方改革の議論をされている有職者たちの検討会議が11日開かれ、2024年から特定の医療機関では2035年までに医師の時間外労働(残業)につい ...

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚
no image

医療news 健康関連news お知らせ

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げ ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.