沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

60view

医療news お知らせ

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す

更新日:

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。

国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治療に関する臨床研究が行われている。海外ではきょうだい間のさい帯血移植治療の臨床研究も進んでおり、その有用性が報告されている研究論文も発表されている。

同団体は、公式LINEアカウントを開設しており、日本国内においてもさい帯血の価値を広めるとともに、きょうだい間のさい帯血移植の実現に向けて沖縄から日本全国へ向けて情報発信に力をいれていく。

 

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」
LINEアカウント

 






関連記事

完全無料の医療職の求人募集サービスが開始!

News Release お知らせ

めでいまーるでは、医療職の求人情報を扱うWEBサービス部門「転職めでぃまーる」があります。 この度、転職めでぃまーるより、求人募集を無料で行えるサービスと求職者 ...

沖縄メディカルライター募集

お知らせ

「私たちの医療知識を沖縄県民に届けたい」 「沖縄の健康に何かカタチとして貢献したい」 「今の仕事を続けながらできることはないか?」   そんな沖縄のメ ...

琉大病院に心臓移植患者支援の会が発足

医療news

心臓移植には多額の費用が必要になります。その費用を支援するために、琉球大学付属病院に心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉の会」が発足したことを24日発表された。 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.