60view

医療news お知らせ

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す

更新日:

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。

国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治療に関する臨床研究が行われている。海外ではきょうだい間のさい帯血移植治療の臨床研究も進んでおり、その有用性が報告されている研究論文も発表されている。

同団体は、公式LINEアカウントを開設しており、日本国内においてもさい帯血の価値を広めるとともに、きょうだい間のさい帯血移植の実現に向けて沖縄から日本全国へ向けて情報発信に力をいれていく。

 

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」
LINEアカウント

 






関連記事

「医療現場にマスクを届ける!」沖縄の民間団体が医療物資調達プロジェクトをスタート!

医療news

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が日本中叫ばれ、日本全国に緊急事態宣言が発令される中、起きている1つの問題があります。 懸命に医療現場で立ち向か ...

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚
no image

医療news 健康関連news お知らせ

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げ ...

南風原町の国保税を来年度から引き上げ
no image

医療news お知らせ

南風原町の国民健康保険税が来年度(2019年度)から上がります。 21日の南風原町議会で条例一部改正案が可決され、2000年以来19年ぶりに国保税が引き上がるこ ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.