63view

医療news お知らせ

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す

更新日:

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。

国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治療に関する臨床研究が行われている。海外ではきょうだい間のさい帯血移植治療の臨床研究も進んでおり、その有用性が報告されている研究論文も発表されている。

同団体は、公式LINEアカウントを開設しており、日本国内においてもさい帯血の価値を広めるとともに、きょうだい間のさい帯血移植の実現に向けて沖縄から日本全国へ向けて情報発信に力をいれていく。

 

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」
LINEアカウント

 






関連記事

沖縄全域でインフルエンザ感染拡大
no image

医療news 健康関連news お知らせ

昨年12月31日〜今年1月6日までに沖縄県内の定点医療機関58箇所で1655人のインフルエンザ感染報告があった。現在のところ那覇市の感染報告が最も多く、9日に「 ...

骨髄バンクの登録者割合は沖縄が全国1位

医療news お知らせ

競泳の池江瑠花子選手が白血病を公表し、全国的に注目が高まっている骨髄バンク。ドナー登録や問い合わせが関連機関に相次いでいるようです。池江選手が公表したことがきっ ...

南風原町の国保税を来年度から引き上げ
no image

医療news お知らせ

南風原町の国民健康保険税が来年度(2019年度)から上がります。 21日の南風原町議会で条例一部改正案が可決され、2000年以来19年ぶりに国保税が引き上がるこ ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.