医療news お知らせ

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す

更新日:

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。

国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治療に関する臨床研究が行われている。海外ではきょうだい間のさい帯血移植治療の臨床研究も進んでおり、その有用性が報告されている研究論文も発表されている。

同団体は、公式LINEアカウントを開設しており、日本国内においてもさい帯血の価値を広めるとともに、きょうだい間のさい帯血移植の実現に向けて沖縄から日本全国へ向けて情報発信に力をいれていく。

 

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」
LINEアカウント

 

沖縄の医療情報をもっと身近にめでぃまーる

沖縄県の最新医療情報をお伝えします。
TOPページに戻る

 

 

人気のタグ一覧 ▽

関連記事

第20回沖縄県理学療法学術大会が来年5月読谷で開催

公益社団法人沖縄県理学療法士協会は、来年5月18・19日に読谷村文化センターで第20回となる学術大会の記念大会を開催する。 「地域共生社会」をテーマに、基調講演や口述発表、ポスター発表、実技演題も盛り込まれている。例年、1日開催の本会を2日開催にした内容の充実度を注目し ...

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医療費助成事業」の一環だが、県は早ければ2022年度に小学校卒業まで拡大、そのあと段階的に中学校卒業まで広げる考 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.