21view

医療news

琉大病院に心臓移植患者支援の会が発足

投稿日:

心臓移植には多額の費用が必要になります。その費用を支援するために、琉球大学付属病院に心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉の会」が発足したことを24日発表された。

琉球大学医学部第二外科の医師や看護師医師や看護師らの呼びかけによるもので、ご自身も心臓移植を心臓移植を経験した元宜野湾市長の安里猛さん(67)が会長に就いた。

心臓移植手術は県外の指定病院でしか受けられないため、県内の患者は手術の前後で県外での生活を強いられる。芭蕉の会は募金を呼びかけて基金化し、患者の滞在費などを支援する考え。

【琉球新報 10月27日 引用】

 

 






関連記事

沖縄高校生の興味ある産業第1位は「医療・福祉」分野!

医療news お知らせ

「求人マガジン アグレ」を発行している株式会社求人おきなわは、沖縄県内の16校、3037名を対象に将来の仕事に対する興味や情報入手に関するアンケートを実施した。 ...

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す
no image

医療news お知らせ

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内 ...

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

医療news お知らせ

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.