892view

メディカルアンサー

立ったままできる、簡単!肩こり・腰痛ストレッチ!!

更新日:

 

前回のイス倒しストレッチは多くの方に実践して頂き、たくさんの方にご好評頂きました。

 

中には私と同様に、ウエストが3㎝減った体重が2㎏減った、苦しかったズボンがぶかぶかになったと、肩こりや腰痛以外の効果も伺うことができ、大変嬉しく思っております。

 

さて、今回はイス倒しストレッチに慣れた方、腰痛をより緩和していきたい方オススメの方法をご紹介します。

 

まずはコチラをご覧下さい⬇︎⬇︎

 

 

立ったまま腰痛・肩こりストレッチ

 

基本的には、

「立ったままで、身体を後ろに反らせる」

という内容ですが、今回はより安全に、より効果的に、行うことができるよう、5つのパターンに分けております。

 

 

手の位置を変えるだけで、あなたに合った方法がわかってきますよ!

一緒に試しながら、比べてみてください。

 

 

 

まず1つ目、

お尻のへっこんだ所に手をあてるパターン

 

 

次に2つ目、

尾てい骨の上の仙骨(せんこつ)という骨にあてるパターン

 

 

そして3つ目に、

手を後ろで組んで行うパターン

 

 

4つ目は、

頭の後ろで手を組んで行うパターン

 

 

最後に5つ目、

頭の上に手をのせて行うパターン

 

 

いかがでしょうか?

みなさん、やりやすいパターンが違ってきます。

これが姿勢や動きの癖による個性です。

 

5つのうち、どれが効果的というよりは、あなたが一番やりやすいパターンを選んで、セルフストレッチに活かしてほしいと思います。

 

 

なぜ、身体を反らせると肩こりや腰痛に効果的なのか?

 

なぜ、体を反ると肩こり・腰痛に効果的なのでしょうか。

理由は、前回のイスストレッチで紹介したように、大人になり運動習慣がない方は、のど、胸、お腹、股関節の前、身体の前側が特に硬くなりやすく、姿勢を保つために、カラダの後面の首、肩、背中、腰に負担がかかり、肩こり腰痛として出てくるのです。

 

その理由がわかると、いくら肩こりや腰の痛い部分をマッサージしても、効果は一時的で、根本的に良くならないということがわかってきます。

 

 

整形外科の先生には非常に怒られますが、慢性的な痛みに対する解決策の第一選択肢は運動と教育(痛みに対する誤解を解く、など)と言われ、お薬はその後でも十分とされています。

 

また、マッサージなども効果がないとは言いませんが、運動痛み教育に比べると、効果としては随分劣るようです。

 

なので、あなたに合った簡単で効果的な運動を知り、継続的に行っていくとで、肩こりや腰痛を改善させていきましょう!

 

次回は、腰痛対策シリーズで「広背筋ストレッチ」を紹介いたします。ご期待下さい!

 

 

 

ライター / 小西貴(医療法人 快生会 理学療法士)
編  集 / Medimarl

 






メディカルライター募集中です。

専門家としての知識を活かしませんか?
Medimarlでは、メディカルライターを募集中です。

関連記事

デスクでできる!肩こり・腰痛対策の「イス倒しストレッチ」

メディカルアンサー

  デスクワークの仕事の方は多くの方が肩こり、腰痛に悩んでいます。 それをデスクで解決できる方法があるとしたらやってみたいですよね!   & ...

美容と健康のための「あいうべ体操」の始めかた

メディカルアンサー

    「いびき」や「むせ」症状に良い『あいうべ体操』を紹介したところ、筆者のところにも数多くの反響を頂きました。   多くの方に ...

首の痛みや肩こりに効く、”おでこマッサージ”【動画付き】

メディカルアンサー

  今や、日本人が困っている体の症状で堂々の第2位を誇っている「肩こり」。   前回、頭痛や首の痛みに効果的な舌の運動 の次回予告でもお伝え ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.