沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

27view

未分類

産後の骨盤ベルトの正しい付け方・誤った付け方

更新日:

トコちゃんベルトについて

・トコちゃんベルトのつける位置は間違っている。。。と思います。

・助産師に広く浸透しているので否定しにくい。

・ベルトは、妊婦さんがそれぞれ気に入ったものを購入してくる傾向があるので買いなおしをさせるのではなく、持っているベルトをきちんと正しい方法でつけるように指導している。

なぜベルトを着けたほうが良いか

・妊娠中のホルモン分泌により恥骨結合や仙腸関節を支えている筋肉・靭帯が緩み、分娩後は骨盤が安定していない。

・出産で骨盤底筋は大きなダメージを受けている。そのため、体幹・骨盤隊の安定化機構であるインターユニットが働かず安定しない。(腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜)そのため、腰痛、骨盤痛、骨盤の不安定感が出やすい。

・骨盤輪の安定化、筋力低下を起こした骨盤周囲のサポート、腰痛などの痛みの予防、軽減を目的にベルトが使用される。

ベルトの位置

基本的に上前腸骨棘よりも下、大転子よりも上

ベルトは両方向からベルトの強さを調整できるもの

太過ぎないもの(股関節にかかってしまったり、ずれてしまうことが多いので)

前と後ろと水平になるように巻く

大転子上端にベルトの下が来るように巻く

私が見た中ではガスケアプローチのベルトは一番良いような気がします。

でも値段が高い。

産後の骨盤ベルトを巻くつよさ

骨盤ベルトの巻き方は、きつすぎても骨盤周囲の痛み、尿もれの原因となる。

骨盤底筋の収縮が得られるようにすることが必要。

握りこぶし1個分くらいは余裕が必要。

産後の骨盤ベルトは寝るときはつけるか。

できるだけ筋肉や血管の圧迫を防ぐためにも寝ている間は外し重力に抗して動作をするとき(立って作業すると

きなど)に使うと良い。

着ける対象者

出産直後(3週間くらい)

⇒3週間で靭帯が落ち着いてくる

妊娠時に安静にしている期間が長かった

⇒廃用

骨盤がグラグラして不安定

骨盤周りに痛み

⇒靭帯の不安定、骨盤底の損傷、腹圧コントロール不可

重たいものを持つとき

⇒2人目の出産で上のお子さんの抱っこや家事を積極的に行わなければならない場合、出産直後からどうしても安静にできない

恥骨離開

⇒これ以上開くのを予防する

ベルトを付け始めるタイミング

産後よりすぐに巻く

カイザーの人は傷口が当たっている場合は無理をしない。

出産後1日目はさらしがよい さらしのほうが良いが使い勝手が悪いのでベルトでもよい。

その後はベルト

恥骨の痛みがある人は前から後ろに巻くと良い。

ベルトを外すタイミング

骨盤底筋がきちんと働き始めてから外す

目安としてだいたい産後1か月程度で骨盤周りの靭帯が落ち着いてくる。

痛み、ぐらつき感がないなど大きな問題がないのであれば

骨盤周りを安定させるエクササイズを行い

1か月後過ぎたらできるだけ早い段階で外すことが望ましい

また、ベルトを外す時もいきなり一日中外してしまうのではなく

徐々に使用時間を短くしていく。

例えば産後1か月過ぎて安定してきているので

外出の時だけ

忙しい午前中だけ

疲れがたまる夕方だけ

など体に負担が強くかかる時だけ使うことが

一番望ましいかなと思います。

骨盤ベルトのデメリット

骨盤周りを締め付けているので、

筋肉がそれに頼ってしまい筋力低下が起きる可能性がある

血管や筋肉を圧迫するので浮腫みなどもなかなか引きにくくなる可能性がある

締めすぎて骨盤周りの痛みが出現することがある

骨盤が締まりすぎて骨盤底筋に負荷がかかることがある(骨盤底筋の負荷が強まると尿漏れの悪化の原因にも。

産褥期のの過ごし方

・分娩後6週から8週

産褥とは、妊娠・分娩によって変化した母体が再び非妊娠時の状態に戻るまでの期間を言う。

・産褥期では妊娠中に通常の数百倍まで上昇したエストロゲン、プロゲステロンが、分娩を期に急激に減少する。

これにより一時的に更年期様の体の変化がある。

子宮の変化

子宮体部

出産後は6週間くらいで非妊娠時の大きさ(鶏卵大の大きさ)に戻る。

子宮頚部

出産後4週程度で回復

出産後3週程度で回復

⇒つまり1か月半は体が元の状態に戻るまでかかる。

・その間サポートが必要。

・産後1か月は長時間の立位や重いものを持ち上げないように環境を整える必要がある。

・スポーツなどの運動は1か月半後から行うと良い






関連記事


沖縄メディカルライター募集

未分類

「私たちの医療知識を沖縄県民に届けたい」 「沖縄の健康に何かカタチとして貢献したい」 「今の仕事を続けながらできることはないか?」   そんな沖縄のメ ...

【要注意】実は間違いばかりのダイエットの常識

未分類 ダイエット栄養学

これまで定説とされてきたダイエットの常識には、多くの間違いがあります。 ざっと挙げると、以下のようなものです。 カロリーを制限する事こそが重要だ。 食事は小分け ...

理学療法士の日
no image

未分類

昭和40年、理学療法士について定めた法律「理学療法士及び作業療法士法」が公布されました。 翌年、第1回理学療法士国家試験が実施されました。この試験に合格した11 ...


よく読まれている人気記事

ダイエット&ボディメイク筋トレ

1

ダイエットの基本は、食事療法と代謝改善です。 この代謝改善というのが筋肉量をあげること、つまり「筋トレ」です。 ダイエットで挫折する人の多くは、偏った食事を行う ...

2

「肉を中心とした食事が、人を健康的にする!」という事を普及させるために開催された「肉食サミット」に参加してきたので、その報告と合わせて、「MEC食って何?」とい ...

飲み水と健康

3

梅雨があけると一気に夏日となり熱中症も増加 梅雨の時期にも熱中症にかかる人は多数いますので、梅雨の時期は安全という意味ではありませんが、梅雨が明けると一気に夏日 ...

初心者向け ヨガ

4

太陽礼拝(Sun Salutation:サン・サルテーション)は、感謝と太陽への祈りを行うダイナミックな連続動作です。 呼吸と連続した12のポーズをとることで、 ...

がん・生活習慣病と遺伝子

5

子供に「〇〇って何?」と急に聞かれて、しどろもどろになった事はありませんか。 ここでは、遺伝子という言葉を聞いた事はあるけど、いまいちピンのこない人や、 「いで ...

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.