75view

医療news お知らせ

那覇市立病院 新病院考案へ、精神科廃止も将来の老年人口減少など考慮し減床

投稿日:

沖縄県、那覇市立病院が2020年前後に新病院建設への構築が明らかになりました。

今後は老年人口が減少していくとし、現在より15床減の470床から455床にて新病院を検討しているとのことです。また「施設設備の老朽化」や「入院病棟の新耐震基準不足」などの課題が指摘されており、建て替えが急務となっています。

新規診療を受け付けていない精神科は今後は近隣施設への対応を前提としていると明記しています。

医師不足で休診している眼科も、高齢化が進んでいるため早期に整えいていくことが必要とのこと。

 

那覇市立病院、新病院建設へ 






関連記事

第20回沖縄県理学療法学術大会が来年5月読谷で開催

リハビリnews お知らせ

公益社団法人沖縄県理学療法士協会は、来年5月18・19日に読谷村文化センターで第20回となる学術大会の記念大会を開催する。 「地域共生社会」をテーマに、基調講演 ...

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す
no image

医療news お知らせ

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内 ...

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚
no image

医療news 健康関連news お知らせ

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げ ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.