医療news 健康関連news お知らせ

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚

投稿日:

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げになっていることがわかった。調査した塩野義製薬のグループは、「職場の腰痛対策が生産性向上に役立つ可能性がある」と指摘している。その対策として、病院など医療機関でリハビリ業務に携わっている理学療法士などが各企業の生産性向上に役割が期待される。

3ヶ月以上続く慢性腰痛の239人に実施された本調査では、71人(29.7%)が軽度の生産性低下を自覚し、114人(47.7%)が生産性の低下を強く自覚していると回答。全体の77.4%が腰痛の影響を感じていたことがわかった。

(共同通信より参考)

沖縄の医療情報をもっと身近にめでぃまーる

沖縄県の最新医療情報をお伝えします。
TOPページに戻る

 

 

人気のタグ一覧 ▽

関連記事

那覇市立病院 新病院考案へ、精神科廃止も
no image

沖縄県、那覇市立病院が2020年前後に新病院建設への構築が明らかになりました。 今後は老年人口が減少していくとし、現在より15床減の470床から455床にて新病院を検討しているとのことです。また「施設設備の老朽化」や「入院病棟の新耐震基準不足」などの課題が指摘されており ...

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医療費助成事業」の一環だが、県は早ければ2022年度に小学校卒業まで拡大、そのあと段階的に中学校卒業まで広げる考 ...

平成30年4月より難病の医療費助成の対象が拡大
no image

平成30年4月より難病の医療費助成(難病医療費助成制度)の対象が331疾病に拡大する。 効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負担が大きい患者を支援するのが、この制度の大きな狙い。 制度を利用するには、申請し認定される必要がある。 医療費 ...

南風原町の国保税を来年度から引き上げ
no image

南風原町の国民健康保険税が来年度(2019年度)から上がります。 21日の南風原町議会で条例一部改正案が可決され、2000年以来19年ぶりに国保税が引き上がることが決まった。 南風原町は医療費がどんどん増え続ける一方で、国保税が変わっていないことで、見直しが必要と判断し ...

完全無料の医療職の求人募集サービスが開始!

めでいまーるでは、医療職の求人情報を扱うWEBサービス部門「転職めでぃまーる」があります。 この度、転職めでぃまーるより、求人募集を無料で行えるサービスと求職者・転職希望者のキャリアップをサポートする新たなサービスがリリースされました。   ここでは、「優秀な ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.