12view

医療news お知らせ

医師残業規制「上限2千時間」長すぎると反発

投稿日:

厚生労働省の医師の働き方改革の議論をされている有職者たちの検討会議が11日開かれ、2024年から特定の医療機関では2035年までに医師の時間外労働(残業)について「年1900時間から2000時間」までを上限とする規制案が示された。

しかし、月に換算すると約160時間となり、過労死ラインの2倍。短縮の検討を意見され、原則「年960時間、月100時間未満」で規定。特定の病院では健康確保処置を条件に長めの上限を認めている。

医師が不足する中、労働時間の延長は診療の質の低下が心配されます。

よりよい生活を送るためにも、働き方はよく考えないといけませんね。

(参考:2019年1月11日沖縄タイムスプラス参考)






関連記事

南風原町の国保税を来年度から引き上げ
no image

医療news お知らせ

南風原町の国民健康保険税が来年度(2019年度)から上がります。 21日の南風原町議会で条例一部改正案が可決され、2000年以来19年ぶりに国保税が引き上がるこ ...

「妊婦加算」廃止される
no image

医療news お知らせ

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆 ...

琉大病院に心臓移植患者支援の会が発足

医療news

心臓移植には多額の費用が必要になります。その費用を支援するために、琉球大学付属病院に心臓移植の患者と家族を支える会「芭蕉の会」が発足したことを24日発表された。 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.