医療news 健康関連news お知らせ

沖縄全域でインフルエンザ感染拡大

投稿日:

昨年12月31日〜今年1月6日までに沖縄県内の定点医療機関58箇所で1655人のインフルエンザ感染報告があった。現在のところ那覇市の感染報告が最も多く、9日に「インフルエンザ警報」が発令された。さらなる感染拡大を予防していくために、手洗い・うがいを徹底していきたい。今年のインフルエンザはA型が9割以上を占めている。

 

(参考:琉球新報1月10日)

沖縄の医療情報をもっと身近にめでぃまーる

沖縄県の最新医療情報をお伝えします。
TOPページに戻る

 

 

人気のタグ一覧 ▽

関連記事

沖縄県・中学まで医療費無料
no image

現在、未就学児までとなっている医療費無料化を中学校卒業までに広げるように検討していることがわかった。 子どもが医療機関を利用したときに医療費を助成する「こども医療費助成事業」の一環だが、県は早ければ2022年度に小学校卒業まで拡大、そのあと段階的に中学校卒業まで広げる考 ...

「妊婦加算」廃止される
no image

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆行している」という批判が相次いだこともあり、本制度の廃止に向けて抜本的に見直す方針。遅くても2020年度の診療 ...

那覇市が産後健診を助成
no image

沖縄・那覇市が出産後の母親を対象に「産後健診」の実施を検討している。来年2月の市議会で可決されれば、同年4月より実施を予定している。那覇市が検診費用1回上限5000円として助成し、無償化する。産後女性の身体的な回復のみではなく、精神状態も含めて支援する考えで、産後うつな ...

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す
no image

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。 国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治 ...

平成30年4月より難病の医療費助成の対象が拡大
no image

平成30年4月より難病の医療費助成(難病医療費助成制度)の対象が331疾病に拡大する。 効果的な治療方法が確立されるまでの間、長期の療養による医療費の経済的な負担が大きい患者を支援するのが、この制度の大きな狙い。 制度を利用するには、申請し認定される必要がある。 医療費 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.