沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

医療news お知らせ

南風原町の国保税を来年度から引き上げ-2024年度全県統一に向けて段階的措置

投稿日:

南風原町の国民健康保険税が来年度(2019年度)から上がります。

21日の南風原町議会で条例一部改正案が可決され、2000年以来19年ぶりに国保税が引き上がることが決まった。

南風原町は医療費がどんどん増え続ける一方で、国保税が変わっていないことで、見直しが必要と判断したとのこと。

その背景には、国保税の財政が市町村から県に移管されており、県は2024年度から全県で統一する方針であることから、現在税率が一番低い南風原町は、2024年度に備え、段階的に引き上げていく考えを明らかにした。

 

(参考:2018年12月24日琉球新報)

沖縄の医療情報をもっと身近にめでぃまーる

沖縄県の最新医療情報をお伝えします。
TOPページに戻る

 

 

人気のタグ一覧 ▽

関連記事

「妊婦加算」廃止される
no image

妊娠中の女性が医療機関にかかったときに、自己負担額が増える、いわゆる「妊婦加算」。厚生労働省は13日、加算請求を廃止する方向で検討を進めている。「少子化対策に逆行している」という批判が相次いだこともあり、本制度の廃止に向けて抜本的に見直す方針。遅くても2020年度の診療 ...

那覇市立病院 新病院考案へ、精神科廃止も
no image

沖縄県、那覇市立病院が2020年前後に新病院建設への構築が明らかになりました。 今後は老年人口が減少していくとし、現在より15床減の470床から455床にて新病院を検討しているとのことです。また「施設設備の老朽化」や「入院病棟の新耐震基準不足」などの課題が指摘されており ...

沖縄全域でインフルエンザ感染拡大
no image

昨年12月31日〜今年1月6日までに沖縄県内の定点医療機関58箇所で1655人のインフルエンザ感染報告があった。現在のところ那覇市の感染報告が最も多く、9日に「インフルエンザ警報」が発令された。さらなる感染拡大を予防していくために、手洗い・うがいを徹底していきたい。今年 ...

「さい帯血」移植で脳性麻痺の治療を目指す
no image

「さい帯血による再生医療推進ネットOKINAWA」の後藤道雄会長(67)と古堅寿也副会長(36)は、きょうだい間のさい帯血由来幹細胞を用いた脳性麻痺の治療を国内で実現することを目指して活動されている。 国内では高知大学医学部付属病院で、本人のさい帯血を用いた脳性麻痺の治 ...

慢性腰痛で「仕事に影響」8割が自覚
no image

慢性腰痛に悩む会社務めの男女を対象にした調査で、約8割の人が出勤していても、仕事の作業効率や労働生産性が低下していると回答した。痛みの程度が強いほど、仕事の妨げになっていることがわかった。調査した塩野義製薬のグループは、「職場の腰痛対策が生産性向上に役立つ可能性がある」 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.