沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

「治し方・治療法の紹介」 一覧

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

治し方・治療法の紹介

再生医療

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。 シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自 ...

トリガーポイント注射とは?

治し方・治療法の紹介

整形外科クリニックの一般的な治療法として、「トリガーポイント注射」というものがあります。 痛み治療を紹介するテレビ番組などでも時々「トリガーポイント注射」という言葉が出てくるので、健康番組に興味のある人なんかだと、なんとなくの聞いた事があるという人も多いのではないでしょ ...

ピラティスとヨガって何が違うの!?

治し方・治療法の紹介

ヨガ

ボディワークとして共に人気がある「ピラティス」と「ヨガ」はそもそも何が違うのでしょう?何となく同じように思っている方も少なくないと思います。 ピラティス自体も「西洋のヨガ」と揶揄されるくらい、似通っている部分も確かに多いです。逆に違う部分もあります。 その違いを知ること ...

今さら聞けない、ピラティスって実際何するの?

治し方・治療法の紹介

ゆいちゃんボディワークとして、ヨガと並び、人気のエクササイズの「ピラティス」。 このページでは、ピラティスの成り立ちや、エクササイズの種類、その選び方まで紹介しています。   あなたもこれを機会に、自身の体を見つめ直すきっかけにしてみませんか? ピラティスの起 ...

ピラティスを学べるおすすめ書籍|一般書レベルから専門レベルまでを紹介

治し方・治療法の紹介

一般向けのピラティスおすすめ書籍 DVDによる動画解説を採用する事で、初心者でも分かりやすく説明している書籍が人気です。 さらに、しっかりと自宅で実践できるように週間プログラムを設けているものもあります。 4週間プログラムピラティス (主婦の友生活シリーズ) 書籍情報 ...

産褥期の辛い症状を改善できる産褥体操とは?

治し方・治療法の紹介

産褥体操とは? 出産を終えて、まだ体の調子が万全な状態に戻れない人は多いです。 産後の腰痛や尿もれなどの症状が産後もずっと続く人もいます。 こういう状態を予防するため(未然に防ぐため)に重要と考えられているのが産褥期に行う「産褥体操」です。 産褥期は、出産してから産後6 ...

筋膜リリースに効果抜群のグリッドフォームローラーの紹介

治し方・治療法の紹介

グリッドフォームローラーとは? セラピストによるマッサージ手技のような感覚を再現するために制作されており、独特の特殊構造によって簡単に、自宅でセルフマッサージ(セルフ筋膜リリース)を行うことができる治療道具です。 グリッドフォームローラーの特徴は、空洞の中芯部は体重負荷 ...

筋膜リリースを学べる動画(youtube動画)を紹介

治し方・治療法の紹介

筋膜リリースという言葉が地上波でも出てくるようになってから、筋膜リリースを解説するユーチューブ動画も多くみられるようになってきました。 ここでは、筋膜リリースがどういったものかを解説している動画と、それを自宅でやるときの参考になる動画を紹介していきます。   ...

「肉食で痩せる!」沖縄が生んだ食事療法「MEC食」とは?

治し方・治療法の紹介

ダイエット

「肉を中心とした食事が、人を健康的にする!」という事を普及させるために開催された「肉食サミット」に参加してきたので、その報告と合わせて、「MEC食って何?」という人向けに、メック食について出来るだけ分かりやすく解説したいと思います。 このメック食をしっかりと理解できれば ...

筋膜リリースとは? 筋膜調整のやり方(方法)や効果について

治し方・治療法の紹介

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決にはなりません。 慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人は、痛いところ・固いと ...

痛みよりも不安が強い場合は...

もし、緊急を要する状態でなければ、まずは痛まない動作や姿勢を心がけながら少し様子を見てみましょう。

痛みが落ち着いてきた場合は、少しずつストレッチや自主トレを取り入れ、痛める前の元の活動状態に戻れるように取り組みましょう。

診察を受けた際に、「徐々にリハビリを開始して下さい。」と説明を受けた場合は、当サイトで紹介しているリハビリメニューを参考に自宅でも実践してみてください。

なお、症状は人によって異なります。自主トレは続けることが大切ですが、 間違った方法では意味がありません。詳しい運動の内容や回数はかかりつけの医師やリハビリ担当の理学療法士とよく相談して行なって下さい。

痛み症状や、身体の不調が改善したら、あとは予防を意識して、健康的な状態を自分自身で維持できるように心がけましょう。

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.