沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

医学と健康の教科書

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

治し方・治療法の紹介

再生医療

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。 シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自 ...

寝たきりの原因となるロコモティブシンドロームとは?

病気・怪我の解説

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは? 運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことを表す、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。 短縮して「ロコモ」と言ったり、少し専門的な言い方になると「運動器症候群 ...

椎間板ヘルニアのリハビリ・治療方法

病気・怪我の解説

椎間板ヘルニアの治療 薬物療法、注射療法、手術療法などがありますが、神経麻痺が進行していない場合は、急いで手術をする事はなく、主に保存療法による経過観察となります。 また、症状が寛解していかない場合は、障害椎間板を見極めるためにブロック注射による治療的診断を行うのが一般 ...

腰部椎間板ヘルニアの原因や、診断方法に関する説明

病気・怪我の解説

椎間板ヘルニアの原因・病態 椎間板は、線維輪と髄核から構成されています。 椎間板の線維輪が損傷して、中にある髄核が出てきて神経を圧迫する事により症状が出るのが椎間板ヘルニアの病態です。 損傷の原因としては、椎間板が加齢などにより退行変性した結果だったり、悪い姿勢や作業な ...

「痛み」には種類がある。

医学と健康の基礎知識

  「今日は、やたらと腰が痛いなーーー。」 朝起きた時に、いつもとは違う腰の違和感や痛みを感じた事はありませんか? 多くの場合、人は痛みを感じると、体のどこか(特に痛みを感じる場所)が、傷んでいる・怪我をしていると考えてしまいます。 無理をしたせいで、腰を傷め ...

【沖縄・無料開催】痛みをちゃんと知って、正しい運動で前向きに!

その他

【無料開催】市民講座 in 浦添 沖縄には44万人の痛みで困っている県民がいます。ですが、まだまだその対応は一致しておらず、適切な対応が浸透しているとは言い難いのが現状であると思います。 正しい対応とはどういうことなのでしょうか? どんな痛みは動かしていいのか、どういう ...

坐骨神経痛の原因はヘルニアって本当? 病院での薬・手術と整体や筋トレどっちが治る?

病気・怪我の解説

坐骨神経痛について 腰痛症にも色々な種類があり、腰痛のほかに下肢痛や下肢の痺れを伴うものと、伴わないものがあります。 下肢とは、太ももから足にかけての部分の事で、この部分に痺れや痛みが慢性的に続くと、一般の人でも「坐骨神経痛」ではないかと思うぐらいに名前が知られている症 ...

トリガーポイント注射とは?

治し方・治療法の紹介

整形外科クリニックの一般的な治療法として、「トリガーポイント注射」というものがあります。 痛み治療を紹介するテレビ番組などでも時々「トリガーポイント注射」という言葉が出てくるので、健康番組に興味のある人なんかだと、なんとなくの聞いた事があるという人も多いのではないでしょ ...

ピラティスとヨガって何が違うの!?

治し方・治療法の紹介

ヨガ

ボディワークとして共に人気がある「ピラティス」と「ヨガ」はそもそも何が違うのでしょう?何となく同じように思っている方も少なくないと思います。 ピラティス自体も「西洋のヨガ」と揶揄されるくらい、似通っている部分も確かに多いです。逆に違う部分もあります。 その違いを知ること ...

今さら聞けない、ピラティスって実際何するの?

治し方・治療法の紹介

ゆいちゃんボディワークとして、ヨガと並び、人気のエクササイズの「ピラティス」。 このページでは、ピラティスの成り立ちや、エクササイズの種類、その選び方まで紹介しています。   あなたもこれを機会に、自身の体を見つめ直すきっかけにしてみませんか? ピラティスの起 ...

痛みよりも不安が強い場合は...

もし、緊急を要する状態でなければ、まずは痛まない動作や姿勢を心がけながら少し様子を見てみましょう。

痛みが落ち着いてきた場合は、少しずつストレッチや自主トレを取り入れ、痛める前の元の活動状態に戻れるように取り組みましょう。

診察を受けた際に、「徐々にリハビリを開始して下さい。」と説明を受けた場合は、当サイトで紹介しているリハビリメニューを参考に自宅でも実践してみてください。

なお、症状は人によって異なります。自主トレは続けることが大切ですが、 間違った方法では意味がありません。詳しい運動の内容や回数はかかりつけの医師やリハビリ担当の理学療法士とよく相談して行なって下さい。

痛み症状や、身体の不調が改善したら、あとは予防を意識して、健康的な状態を自分自身で維持できるように心がけましょう。

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.