健康・医学の基礎知識

馬尾神経

投稿日:

馬尾神経の構造に関する説明

実は、医療従事者の中でも馬尾神経の構造を正確に理解されていない事があります。

例えば、解剖学テキストとして、医療職の専門家には有名な「プロメテウス」に記載されている馬尾神経のイラストにも間違いがあります。

なお、プロメテウスには、馬尾神経の構造が以下のイラストとして掲載されています。

黄色の部分が神経となっていて、中央にある束状になっているのが、ここまで説明してきた「馬尾神経」です。

不規則・ランダムに神経の束があるように描かれていますが、本来は、脊柱管の中を規則正しく整列するように並んでいます。

 

馬尾神経の正しい配列は以下の通りです。

このイラストは、第4腰椎椎体高位の横断像です。

神経には、それぞれ番号が振られていて、この順番がランダムではなく、順序よく並んでいます。

硬膜内の神経根の束(馬尾)は、頭側から尾側に向かって硬膜から分岐する順に従って外側から中央へ規則正しく位置しています。

 

馬尾神経の位置によって以下のように配列が変わります。

「Th10/11レベル」

「L1/2レベル」

引用:最新整形外科学大系の【10.脊椎・脊髄】

このように、脊柱管内の神経系の構造は規則正しく配列されています。

尾側に行くに従って、脊柱管内を占める馬尾神経は少なくなり、後方のみに存在するようになります。

その高位がL4椎体高位です。

上記、二つの画像との繋がりをイメージすると、馬尾神経の配列が理解しやすいかと思います。


引用:最新整形外科学大系の【10.脊椎・脊髄】

 

なぜ、この構造を正しく理解する必要性があるか?

腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった脊柱管内の神経組織に圧迫・損傷を引き起こす疾患の「症状のメカニズム」を説明するのは、その位置に問題を起こす組織があるからです。

障害を起こす部位を説明するためには、そこにある物を理解する必要があります。

少し専門的になってしまいますが、もしランダムな並びであるなら、馬尾神経や神経根障害の高位診断(原因がどの神経にあるか?という診断)というものが難しくなります。

MRIでヘルニアなどの占拠性病変を確認をしても、その占拠性病変が、どの神経を圧迫しているかがわからなくなってしまうからです。

 

馬尾神経の構造についての説明【まとめ】

当ページでは、馬尾神経の構造についての説明を行いました。

馬尾に障害が起こった場合の治療方法は、その原因が何かによって変わってきます。

もし、馬尾障害が疑われる場合は、医師の診察を受けて、本当に障害があるのかを調べる必要があります。医療機関以外でのマッサージなどで対応しても馬尾症候群に対する治療は行えません。

もし、馬尾障害を疑う症状がある場合は、まずは整形外科や神経内科に診察を受けに行って下さい。

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

「痛み」には種類がある。

  「今日は、やたらと腰が痛いなーーー。」 朝起きた時に、いつもとは違う腰の違和感や痛みを感じた事はありませんか? 多くの場合、人は痛みを感じると、体のどこか(特に痛みを感じる場所)が、傷んでいる・怪我をしていると考えてしまいます。 無理をしたせいで、腰を傷め ...

コレステロール値について

コレステロールは低い方が良いのか? 単純にコレステロールが低ければ良いというものではない(前述)ので、上昇した総コレステロールのうち、何が上がっているかまでをチェックしておく必要があります。 コレステロールが急上昇することで心配しないといけないのは悪玉コレステロール(L ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.