整形外科の病気 病気・怪我の解説 腰痛症

馬尾症候群・馬尾神経障害の症状、原因(病態)、診断について

更新日:

馬尾症候群・馬尾神経障害とは?

神経が炎症を起こしたり、何らかの圧迫を受けて起きる症状を、ひとまとめにして「神経障害」と呼び、この神経障害の程度が強くなると、筋力低下、感覚障害、膀胱直腸障害、神経障害性疼痛などをきたします。

馬尾神経障害(症候群)の特徴は、膀胱直腸障害を起こす事です。

排便・排尿に大きな支障をきたし、日常生活は大きく制限を受ける事になります。

 

神経は、長い期間、働きが悪くなった状態を放置してしまうと、治療してもなかなか働きが戻ってこない事があり、特に、馬尾症候群の診断が確定した場合は、できる限り早い段階での治療が必要です。

Dr.カール
馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。

ここでは、馬尾症候群、馬尾神経障害の説明をしています。

 

馬尾症候群・馬尾神経神経障害の症状

下肢の神経障害の特徴である、「強い腰下肢痛がある。」「下肢の感覚が鈍い。」「足の力が入らない。」などの症状の他に、「尿が出ない。」「排便がしにくい。」などの排泄に関する問題が起こります。

他の神経障害と見極める重要なポイントが、この排尿や排便に関する症状です。

その他の症状については、馬尾神経に問題を起こしている原因疾患が何か(後述)によって症状が変わってきます。

 

 

馬尾症候群・馬尾神経神経障害の原因

背骨の中には、神経の通り道があります。この神経の通り道を脊柱管と呼びます。

脊柱管の中を通る神経には、脊髄神経馬尾神経があります。

 

馬尾神経について、少し専門的な説明になると、

「馬尾神経は、脊柱管内から椎間孔を通過して脊椎の外に出るまで、ほとんど終糸に併行して下方へ走行する脊髄神経根の束」となります。

この束になっている形が馬の尻尾に似た形をしている事から、この部位を馬尾(馬尾神経)と呼んでいます。

馬尾神経の構造などを知りたい方は、こちらでご確認下さい。専門的な知識が不要な一般の方は、背骨の中を通っている神経の束という事を理解できれば十分です。

馬尾神経

馬尾神経の構造に関する説明 実は、医療従事者の中でも馬尾神経の構造を正確に理解されていない事があります。 例えば、解剖学テキストとして、医療職の専門家には有名な「プロメテウス」に記載されている馬尾神経のイラストにも間違いがあります。 なお、プロメテウスには、馬尾神経の構 ...

続きを見る

 

この馬尾神経に障害が起こるような、外力(圧迫)や炎症が起こる事により、馬尾神経の機能に障害が起こり症状をきたします。

 

脊柱管を狭くする病気が、馬尾症候群の原因となる主な整形外科疾患です。

脊柱管(背骨の中にあるトンネル)の中を通る神経が圧迫されると、その圧迫される位置(どの神経を圧迫するか?)によって、種々の症状が出現します。

 

腰の位置には脊髄はない為、腰部椎間板ヘルニアでは脊髄が圧迫を受ける事はなく、神経根(馬尾神経を構成する神経)が圧迫を受けます。

例えば、腰の部分で椎間板ヘルニアが起こると馬尾神経障害を呈する可能性が出てきます。その他、腰部脊柱管狭窄症なども、馬尾症候群を引き起こす可能性のある原因疾患です。

中には、骨腫瘍(がん)などが脊椎転移し、腫瘍組織が馬尾神経を圧迫している場合もあります。

 

これらの原因疾患により、神経を強く圧迫したり、そこで炎症が起こると、馬尾神経由来の神経障害性疼痛が出現するようになります。

 

馬尾神経障害、馬尾症候群の診断

馬尾症候群の診断は、まずは問診によって、以下の症状が出現していないかを確認します。

  • 強い腰下肢痛がある
  • 下肢の感覚が鈍い
  • 足の力が弱い
  • 尿が出ない

このような症状が出現している場合、神経学的検査(筋力テスト、知覚テスト)や画像検査、膀胱機能検査などで「馬尾障害」の有無を診断します。

 

神経学的検査は、神経の機能がしっかりと働いているかをチェックする検査で、レントゲン撮影や、MRIなどの画像検査は、神経の働らきが悪くなっている理由として、神経を圧迫したり、神経の通り道を細くさせている構造的な異常がないかをチェックしています。

 

もし、これらの検査所見が一致すれば、診断は比較的容易な整形外科の病気です。

原因として膿瘍や転移性腫瘍が疑われる場合には、血液検査や内臓疾患の有無まで調べる必要があります。

馬尾神経障害と診断された場合は、筋肉に対するマッサージなどでは解決しませんので、適切な治療を受ける必要があります。

 

馬尾神経障害、馬尾症候群の治療

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって圧迫を受けている場合は、それぞれの治療により馬尾神経の圧迫を軽減する手術をできるだけ早く行わなければいけません。

急性の腰椎椎間板ヘルニアや硬膜外血腫、脊椎破裂骨折などが原因の馬尾症候群は、24時間経過すると神経症状の回復が不良とされていて、緊急手術が必要になります。

一方、感染や血液・内臓疾患がその原因であれば、並行して原因となった疾患の治療を行います。

馬尾神経症候群、馬尾神経障害は、何が原因で起こっているかによって選択する治療法が大きく変わってきます。

 

馬尾症候群・馬尾神経障害の症状と似た病気や関連する病気について

 

人気のタグ一覧 ▽


骨・関節疾患の手術実績がある病院 全国top30
他データ準備中

 

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

関節水腫の症状、原因(病態)、診断について

関節水腫とは? 関節水腫とは関節内にある関節液の量が異常に増え、関節内にたまってしまう状態です。 よく「関節に水が溜まっている。」という言い方をしますが、これを医学的に説明するのが「関節水腫」です。関節水腫はどこの関節でも起こりえますが、主に問題になるのは膝関節で起こる ...

椎間板ヘルニアのリハビリ・治療方法

椎間板ヘルニアの治療 薬物療法、注射療法、手術療法などがありますが、神経麻痺が進行していない場合は、急いで手術をする事はなく、主に保存療法による経過観察となります。 また、症状が寛解していかない場合は、障害椎間板を見極めるためにブロック注射による治療的診断を行うのが一般 ...

変形性股関節症の症状、原因(病態)、診断について

変形性股関節症とは? 股関節を構成する骨頭や臼蓋の軟骨に異常をきたし、骨軟骨の磨耗による減少、骨の変形が生じる病気です。 症状の進行によって歩行や動作で痛みが生じ、生活に支障が出てきます。 例えば、上半身を大きく横に動揺させた歩き方(デュシェンヌ現象)などの特徴的な変化 ...

膝半月板損傷の症状、原因(病態)、診断について
no image

膝半月板損傷とは? すね側の脛骨と呼ばれる骨と、太ももの大腿骨と呼ばれる骨の間にある膝関節内の半月板が損傷を受けることです。 半月板はC型の形をしており、内側と外側にあります。 ジャンプをした時に膝にかかる衝撃を受け止めるクッションの役割(衝撃吸収)と、膝関節の動きを安 ...

変形性膝関節症の症状、原因(病態)、診断について

変形性膝関節症とは? 日本人に多く、男性が2割に対し女性約4割で、特にO脚変形の女性の方に多いと言われています。 原因は様々ですが、特に加齢に伴う老化、肥満、外傷などの関与が大きい病気です。 膝関節は体重の負荷が大きくかかる部分であり、膝周囲の筋力や靭帯が体重負担を軽減 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.