教えて!めでぃまーる『健康&医学の知恵袋』 病気・怪我の解説記事

馬尾とは?馬尾神経の構造や、馬尾症候群・馬尾神経障害についての説明

更新日:

Dr.カール先生
馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。

ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害の説明をしています。

 

馬尾とは?

背骨の中には、神経の通り道があります。この神経の通り道を脊柱管と呼びます。

脊柱管の中を通る神経には、脊髄神経と馬尾神経があります。

尾骨神経は、脊柱管内から椎間孔を通過して脊椎の外に出るまで、ほとんど終糸に併行し脊髄神経根の束となって下方へ走行しています。

この束になっている形が馬の尻尾に似た形をしている事から、この部位を馬尾(馬尾神経)と呼んでいます。

 

馬尾神経神経がヘルニアで圧迫 → 馬尾神経障害

脊柱管(背骨の中にあるトンネル)の中を通る神経が圧迫されると、その圧迫される位置(どの神経を圧迫するか?)によって、種々の症状が出現します。

神経が圧迫を受けて障害を受ける症状を、ひとまとめにして「神経障害」と呼び、神経障害の程度が強くなると、筋力低下、感覚障害、膀胱直腸障害、神経障害性疼痛などをきたし、症状が進行すると日常生活に影響を及ぼすようになります。

腰の位置には脊髄はない為、腰部椎間板ヘルニアでは脊髄が圧迫を受ける事はなく、神経根(馬尾神経を構成する神経)を圧迫します。つまり、腰の部分で椎間板ヘルニアが起こると馬尾神経障害を呈する可能性が出てきます。

神経を強く圧迫したり、そこで炎症が起こると、椎間板ヘルニアによる神経障害性疼痛が出現するようになります。

腰部椎間板ヘルニアについては、以下の記事で詳しく解説しています。当記事と合わせて読むと理解が深まるかと思います。

腰部椎間板ヘルニアとは? 症状・原因についての説明

  椎間板ヘルニアの症状や原因について詳しく解説! 椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間にある「椎間板」という軟骨のような組織に、何らかの損傷が起き、椎間板内部にある「髄核」と呼ばれるゼリー ...

続きを見る

 

馬尾神経障害、馬尾症候群の診断

馬尾症候群の診断は、まずは問診によって、以下の症状が出現していないかを確認します。

  • 強い腰下肢痛がある
  • 下肢の感覚が鈍い
  • 足の力が弱い
  • 尿が出ない

このような症状が出現している場合、神経学的検査(筋力テスト、知覚テスト)や画像検査、膀胱機能検査などで「馬尾障害」の有無を診断します。

神経学的検査は、神経の機能がしっかりと働いているかをチェックする検査で、レントゲン撮影や、MRIなどの画像検査は、神経の働らきが悪くなっている理由として、神経を圧迫したり、神経の通り道を細くさせている構造的な異常がないかをチェックしています。

もし、これらの検査所見が一致すれば、診断は比較的容易な整形外科の病気です。

原因として膿瘍や転移性腫瘍が疑われる場合には、血液検査や内臓疾患の有無まで調べる必要があります。

 

馬尾神経障害、馬尾症候群の治療

馬尾症候群の診断が確定すれば、できる限り早い段階での治療が必要です。

神経は、長い期間、働きが悪くなった状態を放置してしまうと、治療してもなかなか働きが戻ってこない事があります。

また、馬尾神経の特徴でもある膀胱直腸障害は、排便・排尿に大きな支障をきたし、日常生活は大きく制限を受ける事になります。

馬尾の腫れが確認できる場合は、腫れを軽減させるために、ステロイド薬が投与する場合があります。

ヘルニアや脊柱管狭窄症によって圧迫を受けている場合は、それぞれの治療により馬尾神経の圧迫を軽減する手術をできるだけ早く行わなければいけません。

急性の腰椎椎間板ヘルニアや硬膜外血腫、脊椎破裂骨折などが原因の馬尾症候群は、24時間経過すると神経症状の回復が不良とされていて、緊急手術が必要になります。

一方、感染や血液・内臓疾患がその原因であれば、並行して原因となった疾患の治療を行います。

馬尾神経症候群、馬尾神経障害は、何が原因で起こっているかによって選択する治療法が大きく変わってきます。

 

馬尾神経の構造に関する追加記事

解剖学テキストとして専門家には有名な「プロメテウス」に記載されている馬尾神経のイラストが少し間違っていました。

馬尾神経として以下のイラストが掲載されています。

黄色の部分が神経となっていて、中央にある束状になっているのが馬尾神経です。

不規則・ランダムに神経の束があるように描かれていますが、本来は、脊柱管の中を規則正しく整列するように並んでいます。

 

これが、馬尾神経の正しい配列です。

第4腰椎椎体高位の横断像です。硬膜内の神経根の束(馬尾)は頭側から尾側に向かって硬膜から分岐する順に従って外側から中央へ規則正しく位置しています。

 

馬尾神経の位置によって以下のように配列が変わります。

「Th10/11レベル」

「L1/2レベル」

引用:最新整形外科学大系の【10.脊椎・脊髄】

このように、脊柱管内の神経系の構造は規則正しく配列されています。尾側に行くに従って、脊柱管内を占める馬尾神経は少なくなり、後方のみに存在するようになります。

その高位がL4椎体高位です。上記、二つの画像との繋がりをイメージすると、馬尾神経の配列が理解しやすいかと思います。


引用:最新整形外科学大系の【10.脊椎・脊髄】

 

なぜ、この構造を理解する必要性があるか?

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった脊柱管内の神経組織に圧迫・損傷を引き起こす疾患の「症状のメカニズム」を説明するのは、その位置に問題を起こす組織があるからです。

障害を起こす部位を説明するためには、そこにある物を理解する必要があります。少し専門的になってしまいますが、もしランダムな並びであるなら、馬尾神経や神経根障害の高位診断というものが難しくなります。

MRIで占拠性病変を確認をしても、その占拠性病変が何を圧迫しているかがわからなくなってしまうからです。

 

当ページでは、馬尾神経の構造や、馬尾症候群・馬尾神経障害についての説明を行いました。

馬尾に障害が起こった場合の治療方法は、その原因が何かによって変わってきます。もし、馬尾障害が疑われる場合は、医師の診察を受けて、本当に障害があるのかを調べる必要があります。

馬尾障害を疑う症状がある場合は、整形外科や神経内科に診察を受けに行って下さい。

めでぃまーる専用336

スポンサードリンク


めでぃまーる専用336

スポンサードリンク


ゆいちゃん
この記事を気に入ってくれた方や、めでぃまーるを応援してくれる方に「いいね」をしてもらえると嬉しいです

 

めでぃまーるオススメ記事

1

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決には ...

2

全てを網羅的に紹介する事は不可能なので、臨床的に用いる事が多い、腰方形筋と僧帽筋のトリガーポイントを例に紹介しています。 当記事で紹介している自己治療法を患者自身で実施する場合は、最新の注意を払い、必 ...

3

  馬尾とは? 背骨の中には、神経の通り道があります。この神経の通り道を脊柱管と呼びます。 脊柱管の中を通る神経には、脊髄神経と馬尾神経があります。 尾骨神経は、脊柱管内から椎間孔を通過して ...

4

  椎間板ヘルニアの症状や原因について詳しく解説! 椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間にある「椎間板」という軟骨のような組織に、何らかの損傷が起き、椎間板内部にある「髄核」と呼ばれるゼリー ...

-教えて!めでぃまーる『健康&医学の知恵袋』, 病気・怪我の解説記事

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 AllRights Reserved.