沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

整形外科の病気 病気・怪我の解説

関節水腫の症状、原因(病態)、診断について

更新日:

関節水腫とは?

関節水腫とは関節内にある関節液の量が異常に増え、関節内にたまってしまう状態です。

よく「関節に水が溜まっている。」という言い方をしますが、これを医学的に説明するのが「関節水腫」です。関節水腫はどこの関節でも起こりえますが、主に問題になるのは膝関節で起こる関節水腫です。

多くは、変形性膝関節症や関節リウマチといった膝関節の疾患に伴って起こります。

 

関節水腫の症状

初期の状態では、強い痛みよりも、腫れによる違和感・だるさ・重たい感じ、などの症状から始まる場合が多いです。水腫の状態が強くなると、膝が腫れて熱を持ち、痛みも伴うようになります。

膝の表面がぶよぶよとして、膝を正面から見た時のお皿の骨の輪郭がわかりにくくなります。膝の輪郭の見え方には個人差があるので、他の比較するのではなく、左右の膝を比較する事で自分でも確認する事ができます。

関節水腫が悪化しているにも関わらず、そのまま放置してしまうと、関節液の貯留による関節内の圧力の高まりが起こります。その結果、膝の可動域(曲げ・伸ばし)が狭くなったり、膝周囲の筋力の低下、関節包の肥大や靭帯のゆるみなどが起こります。

 

関節水腫の原因

膝関節を覆う滑膜という組織から関節液が分泌されているのですが、この滑膜が炎症を起こす事により、関節液が異常に分泌された状態となっているのが関節水腫です。

滑膜の炎症の原因は、膝関節内で摩耗して磨り減った軟骨や関節内の老廃物などが関節包を刺激したことが原因で起こります。

関節水腫は慢性化しやすいのですが、これは炎症が起こると、関節包から炎症を強める化学物質(サイトカイン)が放出されるため、さらに炎症が持続します。

軟骨の摩耗・磨り減りの原因の代表が、変形性膝関節症や関節リウマチなどの整形外科疾患です。

また、スポーツやケガによる半月板損傷や、靭帯損傷、外傷・骨折などが原因となる場合もあります。

膝にたまるのは関節液であることが多いですが、中には血が溜まるケースもあります。これは膝の怪我が原因で起こることが多く、半月板損傷や靭帯損傷などの内出血が起こった場合に見られます。

 

関節水腫の診断

整形外科医により、膝のお皿周辺を上から抑えた状態で、もう一方の手で膝の皿を上から軽く押します。

この時の、膝の骨の動きや、周囲の組織の反応などをみて、関節水腫の有無を判断します。

関節水腫を確認した上で、症状・状態によっては、関節内穿刺という関節液を注射で抜く治療的な検査があります。

関節穿刺によって抜いた関節液の色や成分を調べることによって病気の原因(変形性膝関節症や関節リウマチ、半月板損傷など)がわかることもあり、治療の際重要な手掛かりにもなる治療的な検査です。

「関節水腫になったら膝の水を抜く」を繰り返すのではなく、関節水腫の原因を調べ、その原因疾患に対する治療を行う事が重要です。

 

人気のタグ一覧 ▽


骨・関節疾患の手術実績がある病院 全国top30
他データ準備中

 

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

椎間板ヘルニアのリハビリ・治療方法

椎間板ヘルニアの治療 薬物療法、注射療法、手術療法などがありますが、神経麻痺が進行していない場合は、急いで手術をする事はなく、主に保存療法による経過観察となります。 また、症状が寛解していかない場合は、障害椎間板を見極めるためにブロック注射による治療的診断を行うのが一般 ...

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」の紹介

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」について Dr.カール脊柱管狭窄症は、高齢者の腰痛の主要な原因です。この脊柱管狭窄症の診断をサポートするための医師と患者さん用の質問票があって、これを利用する事で診断の制度を上げたり、患者さん自身での自己診断 ...

寝たきりの原因となるロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは? 運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことを表す、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。 短縮して「ロコモ」と言ったり、少し専門的な言い方になると「運動器症候群 ...

変形性股関節症の症状、原因(病態)、診断について

変形性股関節症とは? 股関節を構成する骨頭や臼蓋の軟骨に異常をきたし、骨軟骨の磨耗による減少、骨の変形が生じる病気です。 症状の進行によって歩行や動作で痛みが生じ、生活に支障が出てきます。 例えば、上半身を大きく横に動揺させた歩き方(デュシェンヌ現象)などの特徴的な変化 ...

膝半月板損傷の症状、原因(病態)、診断について
no image

膝半月板損傷とは? すね側の脛骨と呼ばれる骨と、太ももの大腿骨と呼ばれる骨の間にある膝関節内の半月板が損傷を受けることです。 半月板はC型の形をしており、内側と外側にあります。 ジャンプをした時に膝にかかる衝撃を受け止めるクッションの役割(衝撃吸収)と、膝関節の動きを安 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.