沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

0view

関節(joint)

足関節

更新日:

足関節の構造(しくみ)とその特徴

足関節(距腿関節とも呼ばれる)は、下肢の末端の大関節で、蝶番関節と呼ばれる自由度の低い(自由度1)関節です。

距骨(きょこつ)と、下腿の腓骨(ひこつ)と脛骨(けいこつ)が靭帯でつながることで構成されています。

 

足関節の動きに関連する筋肉

主作用筋肉 補助筋
底屈(屈曲) 腓腹筋、ヒラメ筋
背屈(伸展) 前脛骨筋

 

足関節運動の特徴

底屈(屈曲) 0度〜45度
背屈(伸展) 0度〜20度

 

足関節の代表的な病気・疾患

  • 捻挫(靭帯損傷)
  • 果部骨折
  • アキレス腱周囲炎、滑液包炎
  • 関節リウマチ
  • アキレス腱断裂
  • 変形性足関節症
  • 痛風、偽痛風
  • 足関節不安定症
  • 足根菅症候群
  • 踵骨骨折
  • 踵骨棘、足底腱膜炎
  • 踵骨骨端症

 







Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.