関節(joint)

膝関節

更新日:

膝関節の構造(しくみ)とその特徴

膝関節は、脚の中間にある大関節です。

大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)と膝蓋骨(しつがいこつ)の3つの骨から構成されています。

下側の脛骨の関節面はほぼ平らな形をしていて、その上を、大腿骨の丸い関節面が転がるようにして動きます。

平らな板と丸いものの組み合わせで、滑る動きと転がる動きの組み合わせで、膝の曲げ伸ばしが起こります。

膝関節の動きには、副次的に、捻れの動きが入りますが、曲げと伸ばしの1方向のみの運動を行う(自由度1)の関節となっています。

大きく体重がかかるうえに関節の動きが大きいため、身体の中ではとても不安定な関節の一つと言えます。

そのため、大腿骨と脛骨をしっかりと繋ぎ合わせるために、四つの靱帯(じんたい)と半月板(はんげつばん)が、膝関節の構造上の安定性に寄与しています。

 

膝関節の動きに関連する筋肉

主作用筋肉 補助筋
屈曲 ハムストリングス(大腿ニ頭筋、半腱様筋、半膜様筋)、縫工筋、薄筋 腓腹筋
伸展 大腿四頭筋大腿直筋内側広筋外側広筋中間広筋

 

膝関節運動の特徴

屈曲 0度〜130度
伸展 0度

 

膝関節の代表的な病気・疾患

  • 変形性膝関節症
  • 偽痛風
  • 膝蓋大腿関節障害
  • 関節リウマチ
  • 大腿骨内顆骨壊死(突発性骨壊死)
  • ACL損傷
  • 半月板損傷
  • オスグッドシュラッター病、ジャンパー膝
  • 化膿性関節炎・化膿性骨髄炎

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

手関節

手関節の構造(しくみ)とその特徴 手首の関節は、一般的に手関節(しゅかんせつ)と呼ばれますが、正式には橈骨手根関節(とうこつしゅこんかんせつ)と呼びます。 手のひらは、小さな骨の集まりとなっていて、これらの小さな骨は、総称して手根骨(しゅこんこつ)と呼びます。 この手根 ...

肩関節

肩関節の構造(しくみ)とその特徴 肩関節は腕の付け根に位置し、動きとしては、前後左右と捻りの動きに対応した可動性の大きい(自由度3)大関節です。 肩関節は上腕骨(じょうわんこつ)と肩甲骨(けんこうこつ)から構成されています。 上腕骨側の関節部分は上腕骨頭(じょうわんこっ ...

肘関節(前腕)

肘関節(前腕)の構造(しくみ)とその特徴 肘関節は、上肢の中間に位置する関節で、腕の曲げ伸ばしに関わります。 肩からつながる上腕骨(じょうわんこつ)と、前腕(肘より下)の2本の骨である尺骨(しゃっこつ)と橈骨(とうこつ)から構成されています。 いわゆる肘の関節というのが ...

股関節

股関節の構造(しくみ)とその特徴 股関節は、脚の付け根となる大関節で、その形状から脚をあらゆる角度に動かせる事ができる関節です。 肩関節と比較すると、動かせる範囲は狭いですが、前後方向、横方向、左右の捻りの動きなど3次元で動かせる(自由度3)関節です。 大腿骨(だいたい ...

足関節

足関節の構造(しくみ)とその特徴 足関節(距腿関節とも呼ばれる)は、下肢の末端の大関節で、蝶番関節と呼ばれる自由度の低い(自由度1)関節です。 距骨(きょこつ)と、下腿の腓骨(ひこつ)と脛骨(けいこつ)が靭帯でつながることで構成されています。   足関節の動き ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.