病気・怪我の解説 膝関節痛

膝の痛み(膝関節痛)を起こす整形外科の病気

更新日:

膝の痛みには、怪我によるものや、加齢によるもの、原因不明で起こるものなどがあります。

 

膝関節の痛みを起こす疾患

変形性膝関節症

膝関節の軟骨が、加齢にともなって摩耗が進行したり、ケガなどによる軟骨損傷を最初のきっかけにして、長い時間かけながら少しずつ減少いくことが原因です。

高齢者の膝痛の多くが変形性膝関節症です。

一度損傷した軟骨は、回復するのが難しく、市販されているようなグルコサミン関連サプリメントを飲んでも回復する事もないため、軟骨摩耗に伴う膝痛は、徐々に悪化する傾向にあります。

軟骨の摩耗が進行すると、脚の形が「O脚」になる変形が分かるようになります。

変形性膝関節症は、50歳~60歳くらいから発症し始め、男性より女性のほうがなりやすい病気です。

 

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。

この関節破壊は、免疫の働きに異常(自分の身体にも攻撃してしまう状態)が生じたために起こると考えられます。

典型的な症状としては関節が腫れ(炎症)、水(関節水腫)がたまったり、痛みや「こわばり」を感じます。

症状が進行すると、歩行困難となってしまう場合もあります。

初期段階では、手の指や手関節などの小さな関節に症状が現れますが、関節リウマチの進行とともに膝を含む全身の大きな関節にも広がります。

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、徐々に悪化していく傾向があり、さらに慢性化していきます。

関節リウマチは、変形性膝関節と同様に、女性の発症数が多い病気で、発症率は男性の約3倍とされています。

関節破壊は、発症後の早期から進行することが分かっています。早期発見し、早い時期から適切な治療を行えば、症状のコントロールや関節破壊の進行を防ぐことができるとされています。

関節リウマチが疑われる場合は、まずは早めにリウマチ専門医の診察を受けて下さい。

 

膝蓋骨骨折

膝蓋骨は、一般的には「膝のお皿」と言われる、膝関節前面にある骨です。

この膝蓋骨は、膝の曲げ伸ばしを滑らかにする働きを持っています。

加齢とともに足腰が弱くなると、ちょっとした小さな段差などに躓いて、膝をつくように転んでしまう事があります。

この時、膝を強くうったり、いきよいよく膝をつくと、膝蓋骨骨折が起こります。

ちなみに、高齢者に多い大腿骨頚部骨折は、横に崩れるように転んだ場合に多いのに対して、膝蓋骨は前方に転んだ場合に起こりやすい骨折です。

 

半月板損傷、靭帯損傷

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)や、靭帯損傷は、スポーツでの怪我が原因となる事が多い整形外科疾患です。

上記で解説した膝の痛みを起こす病気の中では、若い人に多いという特徴があります。

若い頃に膝の半月板を損傷したり、靭帯損傷をきっかけに関節の安定性が弱まり、徐々に変形性膝関節症を発症するという方もいます。

半月板は、膝関節に体重負荷が加わった時のクッションの役割を果たしています。

靭帯(じんたい)は、関節を構成している2つ以上の骨と骨を連結させる役割があります。

半月板を損傷すると、痛みやひっかかりを感じたり、水(関節水腫)や、炎症(腫れ)が起こります。ひざの靭帯(じんたい)を大きく損傷すると、関節を動かす時や体重をかけた時にぐらつきを感じるようになります。

この状態が対処されずに長期化すると、次は関節の軟骨に負担が及ぶため、将来的に変形性膝関節症につながる危険性があるというわけです。

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

産後の骨盤の特徴

骨盤の構造|女性と男性の違いや、出産前後での違いについて 骨盤を構成する骨や筋肉自体には、男女でも同じですし、産前産後でも特に変わる事はありません。しかし、大きさ(バランス)や安定性に関しては性差があったり、女性の場合はさらに産前・産後で変わってきます。 まずは、一般的 ...

グルコサミンサプリの効果は?「客観的にみると効果は無い」

膝の痛みで悩む患者さんはとても多く、 グルコサミンを経口摂取できるサプリメントは、とても人気があります。 しかし、医学の世界では、グルコサミンサプリメントの効果に否定的です。 膝の痛みを理由に整形外科を受診した患者さんが、医師からグルコサミンサプリを勧められる事はまずあ ...

整形外科で行われている再生医療「PRP(多血小板血漿)療法」について

PRP(多血小板血漿)療法とは、血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、ヒトに本来備わっている自然治癒力を高めて、損傷組織の治癒を目指す「再生医療」の一つです。 なお、再生医療については、以下のページで説明しています。 再生医療については、詳しくは上 ...

寝たきりの原因となるロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは? 運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことを表す、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。 短縮して「ロコモ」と言ったり、少し専門的な言い方になると「運動器症候群 ...

自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた変形性膝関節の治療(再生医療)

幹細胞とは、体の細胞や臓器などの状態(恒常性)を維持するための細胞です。人間にはもともと修復する自然治癒力が備わっています。 その治癒力の元になるのが幹細胞なのです。 幹細胞は、体の外に取り出して人工的に増やす事(数千から数万倍に増加)ができます。これを医療に応用したも ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.