医学用語解説

神経根、前根・後根

更新日:

『神経根』『前根・後根』とは?

中枢神経である脊髄の腹側・背側から左右1対ずつ根糸と呼ばれる脊髄神経繊維の束が出て、それぞれ前根・後根をなしている。

前根と後根は分節ごとに合流する。脊髄から出たあとから、合流した部分を神経根と呼ぶ。

合流するまでの前方部分を前根、後方部分を後根と呼ぶ。

神経根は、椎間孔という上下の脊椎の隙間を通って、脊椎の外に出ていく。

31対の脊髄神経は以下のように部位によって名称が異なる。

  • 第1~8頚神経(けいしんけい)
  • 第1~12胸神経(きょうしんけい)
  • 第1~5腰神経(ようしんけい)
  • 第1~5仙骨神経・尾骨神経(せんこつしんけい・びこつしんけい)

脊髄神経の根本(ねもと)の部分から、脊髄から椎間孔まで伸びている部分が神経根で、腰部や頸部(首)の椎間板ヘルニアによって圧迫を受けやすい部位である。

この部分が圧迫を受けたり、炎症を起こす事により呈する症状を神経根症と呼ぶ。神経根症は末梢神経の損傷に分類される。

主な神経根症の特徴は、神経性の痺れる痛みや焼けるような痛みを引き起こし、その他には、筋力低下、感覚障害、反射低下が起こる。

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

筋膜
no image

『筋膜』とは? 筋膜は筋肉を包む膜であり、1つ1つの筋繊維を包むと同時に、内臓などの体内の組織を包み、さらには体全体を包み見込む膜でもあります。 つまり、「筋」の膜という名称ですが、筋膜が包んでいるのは、筋肉だけでなく、骨・内臓・血管・神経など、体内のすべての組織を包み ...

前枝・後枝(神経根)
no image

『前枝・後枝(神経根)』とは? 神経根が、椎間孔を通過したあとに、2本の神経に枝別れする事になるが、このうち、前方部分を前枝・後方部分を後枝と呼ぶ。 一般に前枝は太く、頸部や体幹の前半、上肢、下肢に分布し、後枝は細く、頸部や体幹の後半の皮膚や筋肉に分布する。 その数は ...

脊髄神経
no image

『脊髄神経』とは? 末梢神経のうち、脊髄から分かれて出るものを指す。前後の2根をもってそれぞれ脊髄に接続している。なお、末梢神経は脊髄神経と脳神経に分かれる。 後根は皮膚や筋肉からの刺激を脊髄に伝える感覚神経線維から成り,椎間孔内に脊髄神経節(DRG)を有する。 前根は ...

がん検診(対策型検診)
no image

市区町村が主体となって行われる対策型の「がん検診」には現在、5種類があります。 胃がん検診 大腸ガン検診 肺がん検診 乳がん検診 子宮頸がん検診 となっています。 胃がん検診は50歳以上、大腸ガン・肺がん・乳がん検診は40歳以上、子宮頸がん検診は20歳以上が対象年齢です ...

ブロック注射
no image

ブロック注射とは? 痛みがある場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮状態を抑えて効果的に治療する方法です。 薬物療法に比べて、痛みの部位に的を絞り、痛みの原因部位に直接注射をうつので、即時効果を示すと同時に、そこが原因部位であれば劇的な改善を示 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.