産褥期の辛い症状を改善できる産褥体操とは?

産褥体操についての疑問

出産を終えて、まだ体の調子が万全な状態に戻れない人は多いです。産後の腰痛や尿もれなどの症状が産後もずっと続く人もいます。

こういう状態を予防するため(未然に防ぐため)に重要と考えられているのが産褥期に行う「産褥体操」です。

産褥期とは?

出産してから産後6〜8週目頃までの、体が妊娠前の状態に戻る時期を「産褥期」といいます。

産褥体操とは? 目的は?

出産してから産後6〜8週目頃の「産褥期」という期間でやっておいた方が良いとされているのが、『産褥体操』です。産褥体操は、産後の体の回復を早めるのが目的です。

どういった症状に効果あるの?

産後6〜8週目くらいまでの産褥期に少しずつ回復していきますが、そこで産褥体操をすることで回復がより早まるというのが、『産褥体操』の効果です。

骨盤底筋がゆるんでいるこの時期で、『産褥体操』を行なっているので、その後の尿もれなどを防げるとされています。産褥体操で全身の血行が良くなると、母乳の分泌にもよい影響を与えます。

産褥体操は体調の改善を目的としているので、「症状・病気を治したり」、「産後の腰痛を劇的に改善させる」といった効果が劇的に出てくるわけではないので、症状が強い場合は、必ず主治医に相談するようにして下さい。

副作用とか危険性ってあるの?

安静にしていなければならない産褥期でも始められる体操が、『産褥体操』です。横になった状態でもできるとても簡単な運動なので、身動きもまったくとれないような生命の危険な状態ではない限りは、副作用や危険性はないとそれているものです。

 

産褥体操のやり方(方法)を学べるサイト

産褥体操とは?目的や効果、方法は?産後いつから始めていいの?

→こそだてハック:https://192abc.com/18712

かんたん産褥体操をはじめよう!【産後1週間後~1ヶ月】

→ママベビ:http://www.love-baby.info/sanjot/sanjot2.html
 
産褥体操はやらなきゃ損!?産褥体操パーフェクトガイド
→育ラボ:https://iku-labo.jp/childcare/5839/

 

産褥体操のやり方(方法)を学べる動画

マタニティDVD「産褥体操」

マタニティ関連DVD:PBD-003「産褥体操 出産後を快適に過ごし、ボディ・ラインを元に戻すエクササイズ集」
指導・監修:東京衛生病院
インストラクター:西野 容子

 

腰のツイスト|妊婦体操・産後の体操(産褥体操)|明治プレママクラブ・ほほえみクラブ

腰のツイスト(腰をねじる運動)の解説動画です。腰痛の予防につながります。また、産後のお腹周りのシェイプアップにもなります。
妊婦体操は、安定期に入った妊娠中の女性に適した運動で、体重増加を防ぎ、気分転換やストレス発散にもなります。産後の体操(産褥体操)は母体の自然な回復力を助けるのに非常に効果があり、健康でスマートなママになるための運動です。

 

産褥体操おすすめ本(書籍)

テキスト
 

 

めでぃまーるオススメ記事

1

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決には ...

2

Dr.カール先生痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関 ...

3

Dr.カール先生馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。 ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害 ...

4

Dr.カール先生このページでは、「腰部椎間板ヘルニア」という病気が、どういった病気で、どのような症状を出すのか、どのような原因で起こるのかについて詳しく解説しています。   椎間板ヘルニアの ...

投稿日:

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.