病気・怪我の解説 腰痛症

日本人の腰痛に関する統計データ

投稿日:

腰痛の現状

「腰痛」「腰部痛」とは、腰部(広義では殿部や骨盤帯領域も含む)に痛みを感じる状態の事を指す言葉です。

人口の9-12%が腰痛を抱えていて、25%の人々が過去1ヶ月以内(任意の時点から)に腰痛を経験しているという統計的データがあります。

また、およそ40%の人々は人生に一度は腰痛を経験するとされていて、この割合は先進国において高い傾向を示し、80%程度と言われています。

明らかな男女差はなく、腰部痛が出現しやすい年齢としては、20-40歳頃が多いとされています。

腰痛を最も抱えている年代は40-80歳であり、年齢が高くなるほど腰痛に困っている人が多くいます。

 

腰痛の分類方法

時期による腰痛の分類方法

腰痛は、その症状が出だした頃からの期間によって、急性(6週間まで)、亜急性(6-12週間)、慢性(12週間以上)というような、発症した日からの経過で分類する方法があります。

大部分の腰痛は発症から数週間以内には改善される経過をたどり、40-90%のケースでは6週間後までに完全に改善されると考えられています。

日常生活や、仕事、スポーツをする上で、腰痛というのは誰でも起こる可能性があります。問題なのは治っていかずに、生活や・仕事に支障をきたしている状態です。

テレビなどでも取り上げられる「慢性腰痛」が大きな社会問題となっています。この分類の仕方は、あくまでも発症からの時間経過であって、原因が一切考慮されていないので、同じ慢性腰痛でも、その原因は人それぞれです。

原因による腰痛の分類方法

先にもあげたように、腰痛経験者は非常に多くいます。

実はこのうちの85%は原因不明という事が、有名な研究で報告されています。

医師が腰痛症を診察する方法は主に①問診、②画像検査、③身体検査(身体診察)となっていますが、この診察によって分かる原因は腰痛症の15%程度なのです。

残りの85%は原因不明で、この原因が分からない腰痛症を「非特異的腰痛症」と呼びます。腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症は原因が分かっている腰痛で、「特異的腰痛症」と言います。

 

腰痛を自主トレや、自宅リハビリでケアしよう!

国民病とも呼ばれる腰痛症ですが、原因を特定できない多くの腰痛の原因は不適切な自己管理方法や、良くない姿勢などが原因になっているとも言われています。

日頃から、予防目的の自主トレを実施したり、すでに腰痛のある方は、ここで紹介しているリハビリ方法に挑戦してみて下さい。

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

関節リウマチの症状、原因(病態)、診断について

関節リウマチとは? 関節内に存在する滑膜と呼ばれる組織が何らかの原因によって異常増殖し、自分の軟骨や骨を攻撃する事によって起こる自己免疫疾患です。 本来は細菌やウイルスから身を守るための自己免疫機能が関節に対して働いてしまい、関節に炎症が起きて痛みを伴って、関節の曲げ伸 ...

腰痛治療にも効果的なトリガーポイント療法を解説

Dr.カール痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関連するトリガーポイントを紹介します。 全てを網羅的に紹介する事は不可能なの ...

椎間板ヘルニアのリハビリ・治療方法

椎間板ヘルニアの治療 薬物療法、注射療法、手術療法などがありますが、神経麻痺が進行していない場合は、急いで手術をする事はなく、主に保存療法による経過観察となります。 また、症状が寛解していかない場合は、障害椎間板を見極めるためにブロック注射による治療的診断を行うのが一般 ...

寝たきりの原因となるロコモティブシンドロームとは?

ロコモティブシンドローム(locomotive syndrome)とは? 運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態のことを表す、2007年に日本整形外科学会によって新しく提唱された概念です。 短縮して「ロコモ」と言ったり、少し専門的な言い方になると「運動器症候群 ...

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」の紹介

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」について Dr.カール脊柱管狭窄症は、高齢者の腰痛の主要な原因です。この脊柱管狭窄症の診断をサポートするための医師と患者さん用の質問票があって、これを利用する事で診断の制度を上げたり、患者さん自身での自己診断 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.