病気・怪我の解説 妊産婦(産前産後)

妊婦(妊娠初期〜後期)の腰痛や、骨盤周囲の痛みの特徴

更新日:

ゆいちゃん
妊婦には、腰痛を抱えている人が多く、「実に7割近くの妊婦さんが腰痛を訴えていた」という研究結果もあるんです。

このページでは、妊婦さんの腰痛の特徴について解説しています。

 

妊婦の腰痛の特徴について

妊娠時に腰痛を発症する女性は多くいます。

一般的には、妊婦の腰痛は約7割程度の人が経験すると言われていますが、これを裏付ける研究データがあります。

妊娠時腰痛の発症率、臨床像、危険因子などを調べた、ある研究(分娩後10日以内の褥婦175例に対し, 入院中直接腰痛に対する問診および診察を実施)では、妊娠中の方の68%に腰痛を認めたとされています。

そのうち、77.3%が31週までに発症しており、また30歳未満を若年群、30歳以上を高齢群と分けると、各群間の腰痛出現率に有意差は見られなかったとされています。

さらに、分娩歴、腰痛歴、妊娠前後の体重差、妊娠前肥満度、新生児体重についても腰痛出現率に有意差は見られていません。

この調査から考えると、妊婦の腰痛には、年齢は関係なく、誰でも起こりうるものであり、約70%という割合も妥当なものと考えられます。

この研究のデータでは、初産婦では若年群で有意に腰痛出現率が高かったとされており、また、 分娩直後の診察より仙腸関節部痛が18%に認められたが、その後の追跡調査の結果では、80%は1カ月以内に痛みが消失していたそうです。

妊娠を機に、腰痛を抱える人は多くいますが、出産後も長く続く腰痛を抱えるお母さんは決して多くはないようです。

 

なぜ、妊娠初期に腰痛になる?

今まで腰痛がなかった人でも、妊娠により体内に変化が起き、腰痛を起こしやすくなります。

そのメカニズムとして、妊娠初期には子宮が大きくなりはじめて、骨盤内の充血が起こる事によると考えられています。

もちろん、妊婦の腰痛は、妊娠初期だけに限定されるものでなく、妊娠中期や、妊娠後期(妊娠末期)にも起こるトラブルです。

徐々に大きくなるお腹の影響で、姿勢に変化が起こり、妊婦特有の腰を大きく反らすような姿勢をとるようになります。

これが、妊婦特有の姿勢性腰痛の理由です。

この姿勢変化に加えて、ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、リラキシン)の影響によって、背骨の関節・靱帯にゆるみが起こり、骨盤が不安定(ゆるくなる)となります。

ゆるい関節を支えるためには、その関節をサポートする筋肉に、これまで以上の働きを求める必要が出てきます。

妊婦特有の姿勢により腰の反った姿勢ばかりをとるようになる事、ホルモンバランスの影響で関節が緩くなること、それを補うために腰回りの筋肉や脚の筋肉に必要以上の負担がかかる事などの影響により、妊娠する以前の体の状態よりも「腰痛を起こしやすい身体」になっていると言えます。

この他にも、大きくなった子宮による周辺組織への圧迫や、便秘に加え、運動不足からくる腰痛なども考えられます。

妊娠初期の腰痛予防としては、腰が反りすぎない姿勢をこころがけることや、腰の反りが大きくなるようなハイヒールを避ける事、適度な運動を実施し、さらに身体を冷やさないことなどが有効です。

骨盤ベルトや腹帯を巻くことにより、妊婦特有の腰痛が緩和される場合もありますが、「締めれば締めるだけ良い」というものではないので、自己判断でのコルセット着用は十分に気をつけましょう。

 

「妊婦・妊娠初期の腰痛の特徴」引用文献

日本腰痛研究会雑誌
Vol. 2 (1996) No. 1 P 22-26
http://doi.org/10.14898/yotsu1995.2.22
妊婦の腰痛
田代 俊之1), 久野 木順1), 蓮江 光男1), 真光 雄一郎1), 鎌田 浩史1), 星川 吉光2)1) 日本赤十字社医療センター整形外科 2) 都立府中病院整形外科

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

坐骨神経痛の原因はヘルニアって本当? 病院での薬・手術と整体や筋トレどっちが治る?

坐骨神経痛について 腰痛症にも色々な種類があり、腰痛のほかに下肢痛や下肢の痺れを伴うものと、伴わないものがあります。 下肢とは、太ももから足にかけての部分の事で、この部分に痺れや痛みが慢性的に続くと、一般の人でも「坐骨神経痛」ではないかと思うぐらいに名前が知られている症 ...

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」の紹介

腰痛の問診の参考にもなる「腰部脊柱管狭窄の診断サポートツール」について Dr.カール脊柱管狭窄症は、高齢者の腰痛の主要な原因です。この脊柱管狭窄症の診断をサポートするための医師と患者さん用の質問票があって、これを利用する事で診断の制度を上げたり、患者さん自身での自己診断 ...

産後の骨盤の特徴

骨盤の構造|女性と男性の違いや、出産前後での違いについて 骨盤を構成する骨や筋肉自体には、男女でも同じですし、産前産後でも特に変わる事はありません。しかし、大きさ(バランス)や安定性に関しては性差があったり、女性の場合はさらに産前・産後で変わってきます。 まずは、一般的 ...

馬尾症候群・馬尾神経障害の症状、原因(病態)、診断について
no image

馬尾症候群・馬尾神経障害とは? 神経が炎症を起こしたり、何らかの圧迫を受けて起きる症状を、ひとまとめにして「神経障害」と呼び、この神経障害の程度が強くなると、筋力低下、感覚障害、膀胱直腸障害、神経障害性疼痛などをきたします。 馬尾神経障害(症候群)の特徴は、膀胱直腸障害 ...

変形性膝関節症の症状、原因(病態)、診断について

変形性膝関節症とは? 日本人に多く、男性が2割に対し女性約4割で、特にO脚変形の女性の方に多いと言われています。 原因は様々ですが、特に加齢に伴う老化、肥満、外傷などの関与が大きい病気です。 膝関節は体重の負荷が大きくかかる部分であり、膝周囲の筋力や靭帯が体重負担を軽減 ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.