沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

37view

治療法 膝軟骨の再生医療

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

更新日:

再生医療とは?

再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修復再生し、機能を補完する医療」とされています。

シンプルに説明すると、再生医療とは、生まれながら持っている「自然治癒力」を利用した治療法の事です。

厚生労働省が運営・管理する「多能性幹細胞安全情報サイト」では、少し難しい内容にはなっていますが、以下のように再生医療を説明しています。

 

多能性幹細胞安全情報サイトによる再生医療の説明

再生医療とは?

生きた細胞を組み込んだ機器等を患者の体内に移植等すること又は内在性幹細胞を細胞増殖分化因子により活性化/分化させることにより、損傷した臓器や組織の自己再生能力を活性化することで失われた機能を回復させる医療(広義)。

患者の体外で人工的に培養した幹細胞等を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療。

患者の体外において幹細胞等から人工的に構築した組織を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療。

引用:http://www.nihs.go.jp/cbtp/sispsc/html/saisei.html

 

厚労省による「再生医療」の定義

厚生労働省による再生医療の定義は以下の2点です。

  1. 患者の体外で人工的に培養した幹細胞等を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療
  2. ないしは、患者の体外において幹細胞等から人工的に構築した組織を、患者の体内に移植等することで、損傷した臓器や組織を再生し、失われた人体機能を回復させる医療

(出所:厚生労働省・多能性幹細胞安全情報サイトより)

 

従来の医療と再生医療の違いとは?

従来の医療の多くが、対象療法であるのに対して、欠損・損傷した臓器を再建させることで、疾病や損傷への根治療法が可能となります。

例えば、

膝の軟骨は、激しい運動や加齢に伴ってすり減っても自然回復する事はないため、症状が進行した場合は人工の関節に入れ替える手術が必要となっています。

しかし、再生医療では、手術で軟骨に微少な穴を開けて、軟骨の再生を促すシートを貼り付けると、しみ出した骨髄液に含まれる「間葉系幹細胞」を吸着し、軟骨が再生する足場作る事ができます。

 

シートによる方法とは違いますが、2013年4月には整形外科の分野では日本で初めて、膝軟骨の再生医療が保険適用になっています。

この方法は、患者の膝軟骨の一部を採取して、コラーゲンが入ったゲル状の物質の中で約1か月培養し、欠損した膝軟骨に移植するという治療法です。

ただし、変形性膝関節症などの退行変性疾患には保険適応外となっています。

 

再生医療は、組織を再生させる事にとどまらない

再生医療の発展により、患者や高齢者、障害者の生活の質の向上や、健康寿命の向上が予測されます。

変形性膝関節を例に考えても、症状そのものに対する治療効果はもちろん、心理面でも費用面でもこれまでの人工膝関節への置換手術を行う場合より患者の負担を軽減できる事が予測される上に、術後の管理などの制約も受けないなど、あらゆる面で従来の治療法より高いメリットがあると考えられます。

病気や障害によって大きな制約を受けていた人々が、社会復帰と生活自立が可能となったり、痛みや病気を理由に仕事につく事ができなかった人が、再び職場復帰を期待できるようになるなど、再生医療の発展は医療分野の発展のみにとどまらず、社会構造の変化を起こす事まで期待されています。

 

再生医療の日本での現状

整形外科の分野でも幹細胞移植による再生医療は大きな発展を見せていますが、まだまだ課題が多いのが現状です。

人工的に培養した関節軟骨は、従来の硬くて丈夫な質の高い軟骨細胞の域には至っていません。再生が可能な組織もまだ限られていて、組織そのものを完全に再生させる事はできていません。

また、変形性関節症によるひざの痛みを改善するためには、軟骨だけを再生してもあまり意味がありません。

例えば、損傷する前の軟骨を完全に再生できたとしても、膝に過度な負担をかける原因(膝筋力の低下、歩き方など)まで治療しているわけではない事も理解しておく必要があります。

その意味では、整形外科などの痛み治療における再生医療の分野は、これからの発展を期待する分野だと言えます。

 

整形外科で行われている再生医療「PRP(多血小板血漿)療法」について

PRP(多血小板血漿)療法とは、血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用し、ヒトに本来備わっている自然治癒力を高めて、損傷組織の治癒を目指す「再 ...

膝軟骨の再生医療

再生医療とは、幹細胞等を用いて、臓器・組織の欠損や機能障害を再生し、失われた人体機能の回復を目指す医療です。 これまで、膝の軟骨は一度損傷すると、治らないとされており、完治させるには、軟骨そのもを取り除き、人工関節に入れ替えるしかありませんでした。 しかし、膝軟骨分野の再生医療の発展により、損傷した半月板を回復させ、人工関節を使用せずに完治できる可能性があります。 ここでは、再生医療の全体像と、膝に行う再生医療について説明しています。

膝軟骨の再生医療に関する記事一覧

シリーズ全記事を読破して、正しい健康知識を手に入れよう!








関連記事

産褥期の辛い症状を改善できる産褥体操とは? ※腰のツイスト運動の動画あり

治療法 妊産婦の骨盤ケア

産褥体操とは? 出産を終えて、まだ体の調子が万全な状態に戻れない人は多いです。 産後の腰痛や尿もれなどの症状が産後もずっと続く人もいます。 こういう状態を予防す ...

ホームエクササイズにオススメ「自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド」の紹介

治療法

Dr.カールこのページでは、竹井先生(理学療法士)が執筆している筋膜リリースの一般向け書籍を紹介させて頂きます。   自分でできる! 筋膜リリースパー ...

【加齢の5つの特徴】運動機能は、20歳から年齢とともに低下します。

治療法

「歳をとって、体力が落ちてきた。」 これは多くの人が口にする言葉だと思いますが、実は、この加齢による影響は、かなり早い時期から起こり始めていて、医学の世界では、 ...


よく読まれている人気記事

筋トレ ダイエット

1

ダイエットの基本は、食事療法と代謝改善です。 この代謝改善というのが筋肉量をあげること、つまり「筋トレ」です。 ダイエットで挫折する人の多くは、偏った食事を行う ...

2

「肉を中心とした食事が、人を健康的にする!」という事を普及させるために開催された「肉食サミット」に参加してきたので、その報告と合わせて、「MEC食って何?」とい ...

飲み水と健康

3

梅雨があけると一気に夏日となり熱中症も増加 梅雨の時期にも熱中症にかかる人は多数いますので、梅雨の時期は安全という意味ではありませんが、梅雨が明けると一気に夏日 ...

初心者向け ヨガ

4

太陽礼拝(Sun Salutation:サン・サルテーション)は、感謝と太陽への祈りを行うダイナミックな連続動作です。 呼吸と連続した12のポーズをとることで、 ...

がん・生活習慣病と遺伝子

5

子供に「〇〇って何?」と急に聞かれて、しどろもどろになった事はありませんか。 ここでは、遺伝子という言葉を聞いた事はあるけど、いまいちピンのこない人や、 「いで ...

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.