715view

治療法

トリガーポイント注射とは?

更新日:

整形外科クリニックの一般的な治療法として、「トリガーポイント注射」というものがあります。

痛み治療を紹介するテレビ番組などでも時々「トリガーポイント注射」という言葉が出てくるので、健康番組に興味のある人なんかだと、なんとなくの聞いた事があるという人も多いのではないでしょうか?

 

トリガーポイント注射

トリガーポイント注射(トリガーポイントブロックと呼ぶ事もあります)は整形外科の外来診療で行われるごく一般的な手技ですが、その効果は時として非常に有効なことがあります。

対応する痛みとしては、主に筋・筋膜性が原因の痛みに高い効果を示します。

よく、「圧痛点がある部位に打つ注射」という表現をされますが、この圧痛点の事を西洋医学的な考え方では、「トリガーポイント」と呼びます。同義語ではありませんが、東洋医学でいうところの「ツボ」とも一致する部分が多いと言われているのですが、まずはこのトリガーポイントが何かを説明します。

 

そもそもトリガーポイントとは?

トリガーポイントとは、体表から触れられる部位に対して指圧刺激を軽く加えるだけでも、強く痛みを感じる点のことを言います。

急性の筋肉の障害(ぎっくり腰など)や、筋肉の反復性の運動・ストレス(使いすぎ)により、筋肉内に硬いしこりのような部分(緊張帯)ができるのですが、その部分がトリガーポイント(特に強く痛みを感じる点)と考えられます。

トリガーポイントを刺激すると、その周辺や、少し離れた場所に放散する痛み(関連痛と言います。)を発生させるのも代表的な特徴の1つです。

症状の出方や、運動制限の出方、圧痛点の有無や関連痛の有無などから原因となっているトリガーポイントを探し出し、そこに注射を行うのが「トリガーポイント注射」です。

 

トリガーポイント注射で注入する薬の成分

治療対象のトリガーポイント(圧痛点:押すと強く痛む部分)が見つかれば、そこに局所麻酔剤を注射します。

注射の中身(成分)は、局所麻酔剤が一般的ですが、主治医によっては生理食塩水を用いる場合もあります。

 

トリガーポイント注射を希望する方へ

このトリガーポイント注射療法は、疾病原因を直接治療するものではないので、数回の注射治療でも効果がない場合は、症状・痛み(とリーガーポイント)を発生させている原因を探していく必要があります。

トリガーポイント注射は外来の整形外科診療ではごく一般的な治療法なので、希望される場合は、主治医の先生がいれば、まずは主治医に相談して下さい。

ホームページなどで調べて「トリガーポイント注射を行なっている事を説明する病院・クリニック」を選ぶ必要性はほとんどないので(つまりごく一般的な治療法)、まだ整形外科で診察を受けていない方は、お近くの整形外科を受診する際に、トリガーポイント注射についても合わせて相談してみて下さい。

 






関連記事

今、大きな注目を浴びる「再生医療」とは?

治療法 膝軟骨の再生医療

再生医療とは? 再生医療とは、「生まれつき、あるいは疾病・不慮の事故・加齢に伴い、欠損・損傷・機能低下した組織や臓器を、患者の体外で培養した細胞や組織を用いて修 ...

似たような症状なのに、違うリハビリを行う理由は何ですか?

治療法

痛む場所が同じでも、原因が異なれば対策(治療)は大きく異なります。 同じ場所の痛みでも、疾患(病気)が異なれば、違うリハビリメニューを行う必要があります。 注意 ...

腰痛症に対する装具療法(コルセット・腰ベルト)に関する解説

治療法

腰痛症に対する装具療法とは? 装具とは、病気やケガなどにより身体の機能が低下したり、失われたりした際に、 失った機能を補う 痛めた患部の保護をする など、身体を ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2021 All Rights Reserved.