沖縄の医療情報をもっと身近に「めでぃまーる」

めでぃまーる.net

33view

健康&生活 ダイエット栄養学

コレステロール値は低い方が良いというのは間違いです。お肉を食べても大丈夫!

更新日:

コレステロールは低い方が良いのか?

結論から言うと、単純にコレステロールが低ければ良いというものではありません。もし値が上昇している場合でも、上昇した総コレステロールのうち、何が上がっているかまでをチェックしておく必要があります。

コレステロールが急上昇することで心配しないといけないのは悪玉コレステロール(LDL)ではなく、小粒子LDLと、RLP(レムナント様リポたんぱく)コレステロールとされています。

まずは、コレステロールの種類を説明していきます。

 

小粒子LDLとは?

LDLの中でも小型で比重の高いLDLは、small denseLDLと呼ばれ、酸化されやすく、動脈壁内に透過しやすいため、正常サイズのLDLよりも強力に動脈硬化を引き起こすことが分かっています。このため小型LDLを「超悪玉」と呼んでいます。

LDLが小型化しやすく超悪玉コレステロールが多い人は、中性脂肪値が高い人やインスリンが分泌されていても効きが悪く血糖値が高い人、血圧が高い人、内臓脂肪型肥満の人、つまり生活習慣病を持っている人です。

小粒子LDLの検査は特殊で高価(保険適応外)なので、「リポ蛋白分画精密測定」によって、LDLサイズを推定します。

この小粒子LDLは最も極悪と言われている酸化LDLに変化しやすく、一般的に総コレステロールが急上昇したとしても、中性脂肪の値が低く、善玉コレステロール(HDL)の値が高ければこの極悪コレステロールの酸化LDLは少ないとされているんです。

 

RLP(レムナント様リポたんぱく)コレステロールとは?

レムナントは、血液中のリポたんぱく(中性脂肪やコレステロールがたんぱく質と結びついた複合体)が分解され生じる残り屑です。

白血球の一種であるマクロファージが異物として取り込み、血管壁に沈着して、動脈硬化を促進させます。

中性脂肪が高くて、善玉のHLDコレステロール値の低い人に多く、糖尿病の人にはその傾向が強くみられるとされています。

RLP(レムナント様リポたんぱく)コレステロールは低い値で抑えておきたコレステロールの種類となります。

 

善玉コレステロールとは?

HDLは善玉コレステロールと呼ばれています。

血管壁に付着したコレステロールを引き剥がして肝臓へ運ぶことから、動脈硬化の防止につながる「善玉」と呼ばれているのです。

以下の表が、基準値とされています。

HDL(善玉) LDL(悪玉) 総コレステロール値
基準値 40~99mg/dl 60~119mg/dl 140~199mg/dl
要注意値 39mg/dl 以下 120~139mg/dl -
警告値 39mg/dl 以下 59mg/dl 以下
140mg/dl 以上
-

実際の医療現場では、「LDL(悪玉)コレステロール値が高い」ことよりも、「HDL(善玉)コレステロール値が低い」と指摘される事が多いそうです。

 

HDLコレステロール値が低くなってしまう原因は生活習慣&食習慣

以下のような、生活習慣を送っている人は、HDLコレステロールが低くなっているか、その予備軍の可能性があります。

  • お酒が多い。お酒が大好きで、毎日お酒を飲む。
  • 揚げ物や脂っこいものが多い。
  • 普段からまったく運動習慣がない。
  • 甘いものが大好き。よく甘いものを間食してしまう。

中性脂肪を減らすと、HDLコレステロールが増えるとされています。上記のような食習慣に陥っている人は、食習慣を見直し改善することで、HDLコレステロールを増やすことが期待できます。

実は、中性脂肪とHDLコレステロールは互いにシーソーのような関係にあります。中性脂肪が増加するとHDLコレステロールは低下し、逆に中性脂肪が減るとHDLコレステロールが増加すると考えられているので、より重要な事は中性脂肪を下げる事です。

中性脂肪が高い人の場合は、運動や健康補助食品を併用しながら、中性脂肪を下げる取り組みが重要になってきます。

 

コレステロール値の上昇を気にしすぎなくて良い。

ベジタリアンや、野菜中心ダイエットをした人は、MEC食(タンパク質中心の食事)によりコレステロール値が急上昇する人がいます。

これは、肝臓が「もうコレステロールを身体内で作らなくて良い」となるまで、高値傾向が持続するとされ、長くて2年程のようです。

これを知らないと、MEC食を止めたくなるのも分かります。

 

しかし、コレステロール値が高いのは、健康状態が悪い事を意味するわけではありません。

逆に、低いと精神不安定になったり、妊娠しにくくなるなどの問題が起こります。さらに、身体を修復する上で必要な脂なので、「コレステロールが高い=悪」という考えは正しくありません。

 

総コレステロールが問題なのではなく、超悪玉LDLの量が問題となります。

HDLが高ければ、LDLコレステロール・超悪玉LDLは低いと推測ができます。そして、さらに中性脂肪が低ければ、HDLが高いので、仮に総コレステロール値が高くても、そう心配はいりません。

注視すべきは、

  • HDLが高いか?
  • 中性脂肪が低いか?

です。決して、コレステロール値は低い方が良いというのは、真実ではありません。

ダイエット栄養学

高タンパク質&低糖質のダイエット方法が近年、注目を浴びています。 健康的かつ効果的なダイエットを実践する上で、MEC食や糖質制限に関する知識が必要です。 また、タンパク質を摂るにあたっても動物性と植物性の違いを理解して、アミノ酸スコアの高い食品をとるように意識する必要があります。 ここでは、ダイエットと深く関わる栄養学を扱っています。  

ダイエット栄養学に関する記事一覧

シリーズ全記事を読破して、正しい健康知識を手に入れよう!








関連記事


【衝撃】ご飯一杯に角砂糖14~15個分、大盛りだと23個分の炭水化物が入っています。

健康&生活 ダイエット栄養学

お茶碗1杯分のご飯には、かなりの量の炭水化物が入っています。 Dr.カールちなみにですが、「炭水化物=糖分」と思って差し支えありません。 角砂糖で換算すると、小 ...

血糖値コントロールの鍵は、「GI値」です。低GI食品のリストも無料公開!

健康&生活 糖質制限と食習慣

血糖値コントロールの鍵を握る「GI値」とは? 炭水化物を摂取すると、まずは「グリコーゲン」としてグリコーゲンタンクに貯蔵できる量だけを備蓄します。 糖質の体内に ...

【簡単解説】子供に「遺伝子って何?」と聞かれて答えられなかったママ・パパが読む記事。

健康&生活 がん・生活習慣病と遺伝子

子供に「〇〇って何?」と急に聞かれて、しどろもどろになった事はありませんか。 ここでは、遺伝子という言葉を聞いた事はあるけど、いまいちピンのこない人や、 「いで ...


よく読まれている人気記事

ダイエット栄養学

1

「肉を中心とした食事が、人を健康的にする!」という事を普及させるために開催された「肉食サミット」に参加してきたので、その報告と合わせて、「MEC食って何?」とい ...

飲み水と健康

2

梅雨があけると一気に夏日となり熱中症も増加 梅雨の時期にも熱中症にかかる人は多数いますので、梅雨の時期は安全という意味ではありませんが、梅雨が明けると一気に夏日 ...

初心者向け ヨガ&ピラティス

3

太陽礼拝(Sun Salutation:サン・サルテーション)は、感謝と太陽への祈りを行うダイナミックな連続動作です。 呼吸と連続した12のポーズをとることで、 ...

がん・生活習慣病と遺伝子

4

子供に「〇〇って何?」と急に聞かれて、しどろもどろになった事はありませんか。 ここでは、遺伝子という言葉を聞いた事はあるけど、いまいちピンのこない人や、 「いで ...

ボディメイク筋トレ

5

「筋トレ=ダイエット」ではありませんが、筋トレをしっかりと行う事で、効果的なダイエットに繋げる事ができます。 ここでは、筋トレに対して持たれやすい疑問をいくつか ...

Copyright© めでぃまーる.net , 2019 All Rights Reserved.