がん早期発見の為の【がん予防メディカルクラブ『まも~る』】

「簡単・低コスト・安心」がんの早期発見と言えば【がん予防メディカルクラブ『まも~る』】

がんの早期発見をサポートするサービスが新登場したので、その紹介を兼ねて、がん予防の重要性を説明します。

この「がん予防メディカルクラブまも〜る」は、月々たったの3,480円(税別)でがんのリスクを評価できる画期的な会員制サービスです。

最先端技術により「がんリクス」を自宅で簡単に評価することが可能なので、「がん検診が重要なのは知っているけど、なかなか毎年検診に行けていない」という人には是非利用してほしいサービスです。

がん予防メディカルクラブまも〜るの対象者

「まも〜る」は、がん保険加入者が対象になります。

そもそも、がん保険に加入していないという人は、早めに「がん保険」を検討する事をお薦めします。この点については別記事で触れる予定です。

このサービスは、がんになってしまった時の備えであるがん保険とは異なり、 がんの早期発見を手助けするサービスです。がんになった時の備えはしているけど、がんの早期発見に関する取り組みが出来ていない人が主な対象者です。

 

 

がん検診に関するよくある疑問

がん検診とは?

健康診断とは異なり、特定の病気(がん)があるか否かを早期に発見するためのものであり、早期に治療することを目的とした検査(検診)の事を言います。

主な検査項目

  • 便潜血検査
  • 胃バリウム検査
  • PET検査
  • 血液検査
  • マンモグラフィー検査
  • CT検査
  • 喀痰細胞診
  • MRI/MRA検査
  • 内視鏡検査

がん検診に健康保険はきくの?

公的な無料検診以外は、基本的に自己負担となります。

費用は公的なものなら2,000~5,000円以内というのが全国的な平均額です。自分で受ける場合は3万円以上かかると考えておきましょう。

総合検診なんかだと、10万円前後かかります。

検査の種類 男性の検査費用 女性の検査費用
総合健診 9万9,750円 13万6,500円
総合健診+PET/CT検査 18万9,000円 22万5,750円
単独検診 肺がん 4,650円 3万4,650円
婦人科系のがん 6万8,250円
乳がん 2万1,000円
消化管がん 5万2,500円 5万2,500円
上部消化管がん内視鏡 3万3,495円 3万3,495円
大腸がん 3万1,500円 3万1,500円

この費用には基本的に公的保険は適用されません。完全に自己負担となります。必ず、ご自身が加入している保険を確認しておいて下さい。

がん検診は何年に一度が良い?検診を受けるタイミングは?

厚生労働省による、がん検診の受診タイミング(目安)について、ガイドラインを作成しています。40歳から、年一回のペースでがん検診する事が推奨されています。

がんの種類 検査項目 対象 受診の目安
胃がん 問診、X線検査 40歳以上の男女 年1回
肺がん 問診、X線検査、喀痰細胞診 40歳以上の男女 年1回
大腸がん 問診、便潜血検査 40歳以上の男女 年1回
乳がん 問診、視診、触診、X線検査(マンモグラフィ) 40歳以上の女性 2年に1回
子宮がん 問診、視診、細胞診、内診 20歳以上の女性 2年に1回

さきほど、挙げた大腸がんにかかる費用だけで考えても「3万1500円」が40歳から毎年必要になります。もちろん気をつけておく必要がある「がん」は大腸がんだけではなく、上記で挙げたがん全てとなります。

がんの種類によっては、かなり進行が早いので年に2回の実施を推奨しているものもある事に注意してください。

 

「まもーる」の主な役割は、「がん早期発見」のためのサービスです。

がんの治療において、もっとも重要な事は早期発見である事は、間違いありません。がんになった時にしっかりと治療できるように「がん保険」に入っている人でも、「早期発見に関するとりくみ」をしっかりと行えている人はまだまだ少数です。

40歳以上で、毎年がん検診に行っていない人は、早期発見が遅れる可能性があります。

この早期発見を遅らせないために行うのが、「アミノ酸ALAを活用した最先端技術のがんリスク評価」です。自宅でできて、多額の検診費を必要としないというのが、「まも〜る」をお薦めする理由です。

これは、「まもーる」を実際に活用した事によって、早期発見できたという事例です。

 

がんリスクを評価しておく事によって、

がんの可能性が限りなくゼロに近ければ、現在の検診ペースで検診を行い、

もしリスクが高ければ、厚生労働省が推奨する検診ペースをしっかりと守って定期的に検診を行う。

という判断ができるようになります。

この「がんリスクを評価する」という事に重点を置いているのが、「がん予防メディカルクラブまも〜る」です。ここからは、実際のサービスについて、もう少し詳しく解説していきます。

 

がん予防クラブ「まもーる」サービス内容

  1. がんリスク評価
  2. 健康サポートダイヤル
  3. セカンドオピニオンサービス

がんリクス評価

アミノ酸ALAを活用した最先端技術のがんリスク評価です。
医学界で注目のアミノ酸ALAを活用したがんリスク評価Noahは、医療機関に行く必要はなく、また腫瘍マーカーなどの血液検査とは異なり、体に苦痛を与えない非侵襲的な尿検査です。
自宅でカンタンに受けられる検査です。がんリスク評価は当社の指定医療機関が実施します。

健康サポートダイヤル

経験豊富な医療の専門家に24時間365日いつでも健康相談が可能です。
医師・保健師・看護師など、経験豊富な医療の専門家に、24時間365日いつでも健康相談できます。がんに限らず、健康のトータルサポートをするための付帯サービスです。

セカンドオピニオン

医学界を代表する医師が総合相談医となりセカンドオピニオンとして対応してくれます。
ドクターオブドクターズネットワーク評議員を中心に、医学界の専門分野を代表する医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり第3者の意見を聞くことができます。また、必要に応じて優秀専門臨床医の紹介も可能です。

 

がん検診による早期発見の重要性まとめ

1.公益財団法人がん研究振興財団の調査では、日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が、がんで亡くなっています。

2.がんの死亡率が高い原因としては、早期発見ができなかった事が主な原因といわれています。

3.PET検査などの人間ドックは高額であるため、定期的な診断をするには金銭的に負担が大きく、受診されない方が大半です。

4.メディカルクラブ「まも〜る」は、低コストの月額会員サービスであるため、金銭的にも無理なく、ご自身ががん患者に近い状態なのか、健常者に近い状態なのかという”がんリスク”を定期的に評価できるサービスです。

Dr.カール先生
公式ページでは、サービス詳細についての「無料の資料配布」があるようなので、がん保険加入者であれば、ぜひ無料資料請求だけでもやっておく事をお薦めします。

がん保険未加入者であれば、①早いうちのがん保険加入と、②早期発見の取り組みをお薦めします。

 

公式サイトはこちらから

 

めでぃまーるオススメ記事

1

筋膜リリースのやり方は、基本を知っていれば難しくない。 肩こりで苦しんでいる人の多くが、その凝り固まってしまっている筋肉を揉んで和らげる行為に必死になっています。しかし実はそれだけでは根本的な解決には ...

2

Dr.カール先生痛み治療法の1つであるトリガーポイント療法に関する解説記事です。トリガーポイント療法は身体のあらゆる症状に適応可能ですが、ここでは、日本人の代表的な症状である腰部痛と頭痛・頸肩部痛に関 ...

3

Dr.カール先生馬尾神経(ばびしんけい)は、腰にある神経で、損傷を受けると、強い腰痛や下肢痛を起こしたり、排便や排尿に障害を起こす場合があります。 ここでは、馬尾神経の説明と、馬尾症候群、馬尾神経障害 ...

4

Dr.カール先生このページでは、「腰部椎間板ヘルニア」という病気が、どういった病気で、どのような症状を出すのか、どのような原因で起こるのかについて詳しく解説しています。   椎間板ヘルニアの ...

更新日:

Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.