医学用語解説

がん検診(対策型検診)

更新日:

市区町村が主体となって行われる対策型の「がん検診」には現在、5種類があります。

  1. 胃がん検診
  2. 大腸ガン検診
  3. 肺がん検診
  4. 乳がん検診
  5. 子宮頸がん検診

となっています。

胃がん検診は50歳以上、大腸ガン・肺がん・乳がん検診は40歳以上、子宮頸がん検診は20歳以上が対象年齢です。

検診の頻度は、肺がん・大腸がん検診は年に1回行われ、胃がん・子宮頸がん・乳がん検診は2年に1回となっています。

 

対策型とは?

対策型のがん検診は、早期発見・早期治療に取り組み、がん死亡率の減少を図る事を目的として実施される公共的な医療サービスです。

公的な予防対策として行われる検診であるため、検診費用は無料もしくは、少額の自己負担で受ける事ができるようになっています。

市区町村のほか、職域・医療保険者等の保健事業として行っているケースもあります。

 

がん検診を行うべき理由

検診は自覚症状が無い時点から行われます。

もしがんを患っている場合でも、がんが進行していない状態で発見することが出来ます。

がんの中には、早期発見、早期治療で治るものがあります。

もし、早期発見していれば治っていたはずのがんも、症状を出てから発見された場合では、すでに進行し治療のタイミングを失ってしまっている可能性が高くなります。

がん検診では、がんになる前の病変を早期に発見できることがあります。

  • 子宮頸部異型上皮
  • 大腸腺腫(ポリープ)

これらの前がん病変は、それを治療することでがんになることを防ぐことができます。

 

人気のタグ一覧 ▽

自主トレ・自宅リハビリの解説は、
『めでぃまーるTV』

 

関連記事

神経根、前根・後根
no image

『神経根』『前根・後根』とは? 中枢神経である脊髄の腹側・背側から左右1対ずつ根糸と呼ばれる脊髄神経繊維の束が出て、それぞれ前根・後根をなしている。 前根と後根は分節ごとに合流する。脊髄から出たあとから、合流した部分を神経根と呼ぶ。 合流するまでの前方部分を前根、後方部 ...

筋膜
no image

『筋膜』とは? 筋膜は筋肉を包む膜であり、1つ1つの筋繊維を包むと同時に、内臓などの体内の組織を包み、さらには体全体を包み見込む膜でもあります。 つまり、「筋」の膜という名称ですが、筋膜が包んでいるのは、筋肉だけでなく、骨・内臓・血管・神経など、体内のすべての組織を包み ...

膀胱直腸障害
no image

『膀胱直腸障害』とは? 脊髄損傷や馬尾神経損傷により、膀胱や直腸を支配する神経が障害されると、膀胱や直腸の機能が著しく低下する。 排尿困難や排便困難、便秘、失禁といった症状が主なもので、意図的に排尿や排便をコントロールする事が難しくなる事を指す。 原因は、脊髄神経や馬尾 ...

ブロック注射
no image

ブロック注射とは? 痛みがある場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮状態を抑えて効果的に治療する方法です。 薬物療法に比べて、痛みの部位に的を絞り、痛みの原因部位に直接注射をうつので、即時効果を示すと同時に、そこが原因部位であれば劇的な改善を示 ...

脊髄神経
no image

『脊髄神経』とは? 末梢神経のうち、脊髄から分かれて出るものを指す。前後の2根をもってそれぞれ脊髄に接続している。なお、末梢神経は脊髄神経と脳神経に分かれる。 後根は皮膚や筋肉からの刺激を脊髄に伝える感覚神経線維から成り,椎間孔内に脊髄神経節(DRG)を有する。 前根は ...


Copyright© めでぃまーる.net , 2018 All Rights Reserved.